Twitter 革命的小銃弾@自宅浸水 3006springfield | 革命的小銃弾@自宅浸水(3006springfield) / 2019年9月11日のツイート

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

@yarakado ( l)三(l 〃 )<運貨筒の要領で曳航する人員輸送ポッドとかありそうですね。

「いやー秋雲さん大事な作戦の前には一人になりたいって言うか、やっぱ輸送機の貨物室って集中できるじゃん?」イベントギリギリ、自衛隊の本国行き定期便(トラック-(硫黄島経由)-厚木行き)に相乗りして文学研修に向かう駆逐艦娘「秋雲」(売り子の二人は民間国際線でさっさと現地入りしてます) pic.twitter.com/4k3c5s61W8

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(艦娘デサント…。 >RT)
(l ω l〃)<夜の(ry

幽霊船制圧作戦用のコマンド部隊搬送ユニットを搭載した山城。しかしこのプランは艦娘一堂から、人間を艤装に載せるくらいなら自沈を選ぶと猛反発を受けて即時廃案。結局提督と艦娘一名を載せた状態での最低限の運用試験のみが行われた(当試験で力の限り山城に振り回された提督はその後3日寝込んだ) pic.twitter.com/PG7JHGPjZn

「皆さん 戦争が始まりました」のボブサップが実写デビルマンのワンシーンだと知らない人も多いだろうし、このボブサップが作中でズバ抜けて演技力が高かったのも知らないんだろうな… pic.twitter.com/NCM0wCu2Sz

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(まともな話なのにブラ下がっているリプ欄に動物実験反対主義者が現れて地獄インターネットを形成している…当のお二人がうまくいなしているのが救いか。 >RT)

@chageimgur 最近は、大量出血があっても、輸液はホントに血圧を保てないときの最低限だけにして、できるだけ早く輸血を!という流れになっているので、常温保存して前線にも携行できそうな人工血液は、第一線救護にとっても福音になりそうです

・常温で1年以上保存可能
・血液型を問わない
とか無敵すぎるな……
「血液型とか気にせず、出血ひどいからとりあえず輸血」
ってシンキングタイム極小で選択肢に輸血が入るわけだし、
艦艇などでも資格者がいるなら備蓄として用意してもいいわけだ……
google.com/amp/s/www.asah…

老害吸血鬼「若い吸血鬼達は人工血液を利用している。確かに手軽で便利だが、やはり生きた人間の血をいただくという実感は何物にも変えがたい魅力があると思う」

@KzpwISqc63BdkdN 実は電池にはリムっぽい謎のへこみがありましてね...
それに引っ掛かって排莢されてるみたいなのです! pic.twitter.com/usuPgGToZx

前から単4電池って44MAGNUMとほぼ同じ大きさなのは知ってたけど
排莢するとは思わんやん? pic.twitter.com/f9avy6Ydg4

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(狙撃兵用メット、展視孔が単なる小孔でポーランドボールのライヒタングル感あるな。WWIまでのドイツだし。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(フランスじゃねえや、なんで無関係な情報が混ざったんだ。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(ドイツ軍の額と鼻筋を保護するメット(フェイスガード)は「武器と爆薬」で見たけれど、中世のバケツメットの末裔じみたフランスのそれは初見だ。 >RT)

最近調べ物してたら出てきた黎明期のドイツ軍のヘルメットが実に味わいのあるデザインでかっこいい、実用性は微妙かもだけどすごく印象に残る形してるなぁ pic.twitter.com/Qx2CvqQL3K

この狙撃兵用のヘルメットもこわおどろおどろしくてほんと好き。おめめの穴がいかにもな雰囲気を醸し出してる@@ pic.twitter.com/m9M9j9q0O6

@TNBi01osp @PGERA_RX ソ連のレストラン、基本的にどのテーブルも灰皿に盗聴器が仕込んであるんですけど、それを知ってた商社マンだったか外交官だったかが面白半分で食事中ずーっとガンガンゴンゴン灰皿で異音を鳴らし続けたところ、後日秘密警察からハチャメチャな怒られが発生したとかしなかったとか。

佐藤優さんの本でその手のカラクリ知ってたのでレストランで人と会食する度に食器で皿をガチャガチャやってたら後日頼むからそういうのはやめてくれってKGBの人に苦情言われたエピソードがあったのを思い出した@@

エストニアのKGB博物館で聴いたところによると、盗聴器入りの皿は普通に洗いに出すと盗聴係の耳がやられてしまうので(水の中でガチャガチャやるから?)裏側に突起をつけて区別していたそうです

iPhoneのカメラ、スコープドッグよりはスタンディングトータスよね pic.twitter.com/YOvuEpkXda

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@自宅浸水@3006springfield

@3006springfield 09-10のポスト数:9 (うちRT:7)