Twitter 革命的小銃弾 3006springfield | 革命的小銃弾(3006springfield) /「薬室」の検索結果

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(こんなんTaofledermausがブリーチブロック状治具でやってた薬室外撃発実験( youtube.com/watch?v=vJ9jOG… )と同じ様なもんじゃないかと…。 ケースのショルダーから先が丸出し時点でオチが読めていた…。 >RT 動画)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

ボルトアクションといっても装填はそれぞれの銃身に付属したブリーチを外側に振り出して行うもので、ボルトの回転もロッキングラグを噛み合わせる為でなくネジ式で前後するボルトヘッドを回転させ薬室を緊密かさせる為に行われるもの。
ボルトアクションと言うよりはアームストロング砲に近い。

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(同じティルティングブリーチアクションとしては、先日動画をツイートしたKrag Peterssonの様にマガジンを備えた例もあったが、薬室への装填は人力で、ボルトアクションのそれに比べれば過度期的なもので、恐らくこれが限界だろう。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(まあ薬室だけでも鋳潰さず残している時点でアウトだろうけど。弾薬だけで発火させるのと違って、一応前に飛ぶだけはするのだから。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(実物の方のSKSとAg m.42は発射機能潰しただけでの可働品ほしいよねと…。 バレルドアクションだけどころか、バレルも薬室残して切り落として、いっそFCGも外したようなので良いから、クリップによるマガジンへの補弾だけ手慰みでやれるようなのが欲しい…。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(薬莢のネック辺りにグリースが塗りたくられている…? 給弾機構か或いは薬室からの抽出時の抵抗低減用…? >RT 25x137)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(そもそも、これほどガスポートが薬室に近いのはベネリのARGO系ガスオペやデザートイーグル位しか思い当たらない…。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(LK Vz.52は中間弾薬なので、そこまで長いガスシステムが必要ないということかもしれないが。 単にUK Vz.59はそこからの発展かもしれない。 とはいえ、フルサイズ弾薬でもあれだけ薬室に近い位置の抽気で問題が無いのだから驚きだ。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(チューブラーマガジンガンのマガジンから薬室への揚弾機構「キャリアー」「エレベーター」「リフター」のどれが一番通用性が高いのだろうと時折思うなど。(シェル)キャリアーを個人的によく使うけれど、これがシェルホルダーとしての用法とも被るので、別の方が良いのだろうかと。)

TLで見かけたので。ジャムクリアの描写ってかっこいいですよね。
より正確にすると、チャージングハンドルを引きつつ、ストックから地面に叩きつけて、薬室から出ない薬莢をエキストラクターで無理やり引っ張り出すって感じですね。
これ昔のSAT誌とクリスコスタでしか見たことない…名前も知らない pic.twitter.com/py5szqMMVN

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(津野瀬さん、自動小銃の方でもM16の薬室はクロームメッキされているだかフルート切られているだかと記述していて、当時こりゃ眉に唾つけて読まんと駄目かもなと思った。)

銅金中佐の『無給油薬室』についての解説なのだが、津野瀬氏の解説をこれまでの事からもってどこまで信用していいのかわからん

特に薬室の隙間に発射ガスの一部を導いて薬莢の貼り付きを防止するという解説が本当に正しいのか不安で仕方がない

(九六式系の排薬莢にそんなに汚れがないので、特に不安)

34pから津野瀬氏の経歴混じりになるので正直根性がいる(疲れる)

八九式旋回機関銃の話が出てくる。十一年式に公差のないこと、薬室形状の誤れることが出てきた

(ちなみに部隊の故障の問題は津野瀬氏の言うように概ね油脂の凍結である。その辺は過去にツイッタで流した。あとで探す)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

@STDelta13 ( 〃 l)三(l )<今の所サンドカット入のFALの泥漬けが無いので未知数ですね。 とはいえ、Inrangeのテストでは基本薬室周りへの侵入が致命的になることが多いので、そこを防げなければ同じかなとは考えられます。

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

面白いのは射撃サイクルが弾薬が薬室に装填された銃で言うクローズドボルト状態から開始されることだろうか、構造面でダウンサイジングされたようなM73や後に高射砲型M1を更新するボフォース40mmは何れも薬室は開放されたオープンボルト状態からのものということを考えると異質だ。

モデルガンの面白さの内で、「カートリッジをマガジンや薬室に装填する操作」はどのくらいの割合を占めるんだろうか pic.twitter.com/JMZug9fj9c

一つ目はもうさんざん言われたから言うまでも無いけど、二つ目はルベル弾特有のリムとテーパーのキツさのせいで、ボルトが前進した際に弾薬先端が上を向いて薬室の中で引っかかってる感じ
あとはフィーディングランプ付近の段差にリムが引っかかってるのもあるかも

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(ということは銃身はライフリング削った上で薬室を.410にリチェンバリングを…? >RT ショットガン登録のM1ライフル)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

2挺ともかなりの不調だ。
特に1919は薬莢切れを起こして薬室に残った空薬莢の一部に次弾が突っ込むというトリッキーな作動不良を二度も起こしている。
Testing at the Range 1919a4 and M1 Thompson Machine guns Vickers Tripod & 1917a1https://youtu.be/hGyJIVCf8LE

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(これが後装砲ならば大抵は砲弾・薬嚢の2ステージでの装填になるし、装填ストロークも前装式に比べれば余程短く、少なくとも施条された砲腔という突起物だらけのそれに比べれば余程スムースであろう薬室を滑るわけだし。)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(映像見たけれど、セミオートにした上で建造物上から撃ち下ろす様に狙撃しているんだな。 わざわざ薬室に手詰めしているのはマガジンで視界を塞がれることを嫌ってか?)

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

( 〃 l)三(l ).。oO(オープンボルトで薬室手詰めというのは却って不安定に思える上、そもそもセレクターにセミオートのあるブレン/ZBでは無意味に思えるけれど、映画的演出なんだろうか? >RT)

映画「ジャドヴィル包囲戦」にて
ブレンガンによる狙撃シーン。
元々射撃精度が良かった(重量があり剛性も良かったんでしょう)から行った行為?
この辺はナム戦のM2による狙撃と同じ理屈でしょうかね。
薬室に弾を手込めするシーン良い❗️
「 Year, Brengun single shoot. 」
youtu.be/TGjdBfpLIiA pic.twitter.com/SDS6DuhWPO

Zwyuqyqi reasonably small
革命的小銃弾@3006springfield

かなり古い動画だけど、このボアスコープ突っ込んだ状態でボルトをコックして薬室からの様子を撮影する手法もっとやってほしい。
shock wave - without music youtu.be/kS-nT4tyxQo?t=…

それに加えて薬室付近はさらに砲尾環が嵌って6層構造かしら。2枚目は砲尾環を嵌める前の状態 pic.twitter.com/Hjt0OfG1S1