Twitter えーじー🔥ギンサラシ Ag_sarashi | えーじー🔥ギンサラシ(Ag_sarashi) / 2019年3月21日のツイート

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

見立てトリックをしかけるのも山に死体を埋めるのも結局大事なのはフィジカル…!

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

エックスキャーリバーーーー
エックスキャーリバーーーー

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

最初から最後までうるさかったな…マドゥ…エクスカリバー回…

アニメ「ソウルイーター」で、キャラクターがCM前のシーンから歌い出し、CM中もCMバックに歌が流れ続け、CM明けのシーンで歌い終わった回

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

わ〜〜〜い那智さんのキネミスログだ!

きねみすログまとめました おもちだったり奈嗄だったりコンビだったりがばがばpixiv.net/member_illust.…

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

脱いだらムッキムキの祝部くんはわりと想像出来るけど織賀先輩はひょろっとしてて欲しい

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

クロロホルムも全然あんな風に気絶しないけどガチで気絶するような薬品の名前出して参考にされてもやっかいだからクロロホルムにしとく、みたいなアレですよ

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

フィクションで死体埋めのイメージを植え付ける事で完全犯罪が防げる!

死体は山に埋めるみたいなフィクションが先行し、実際のところ山に行って死体を埋めようとしたところ、全然穴が掘れずに死体を山に放置し死体遺棄となり捕まるみたいなパターンって数多く存在するかと思います。

山に大きな穴を掘る難しさを解説することで、山に死体は埋められないよと警鐘を鳴らす系Vtuber懲役太郎の新作です。
youtu.be/s3W4IePr2Kw pic.twitter.com/18Um6kgogS

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

フルーツサンドを食べて幸せになりたい!

くりーむパンで有名な八天堂監修のスイーツ系サンド「かすたーどミックスフルーツ」「かすたーど苺」が新発売♪カスタードクリームがたっぷりでうれしいです #ローソン #八天堂 #春分の日 lawson.eng.mg/82233 pic.twitter.com/cALQ0c1NNN

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

人の人生を狂わせる巻き毛の女…!

ひょういモ君はもぶ君がしなそうなポーズさせたい pic.twitter.com/hK0cRCXl6R

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

『猫のニャッホ』を一緒に遊ぼう♪
リンクからアプリをダウンロードしたら友だちになれるよ!app.adjust.com/oodwj3u?label=…

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

三鷹か…行ってみたいな…

いきなりステーキを殺すステーキ屋と噂のステーキ屋松行ってきました。
何から褒めて良いかわからないくらい庶民のステーキ屋としての完成度が高かったです。200gの肉、サラダバー、スープバー付いて1000円、牛丼かってくらいの速度で出てくる。そして肉が柔らかい…これはもう戻れない…ヤバイっす pic.twitter.com/AV6Jx5wtQY

往年の児童文学では「行く」だったのが、その後のライトノベル・アニメ・マンガの文脈では「来る」の文化があったと思うんですよ。「電影少女」「まもって守護月天!」「かんなぎ」とかその辺。「蔵を探してたら突然異界から◯◯が……!」的な文脈だと「うしおととら」なんかも。

これ「行く」から一度「来る」になった後に「死んでから行く」になった気がしてるんですよね>RT

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

ナルニア王国に想いを馳せてしまうなと思ったらやっぱり言及してる人が居た

Pnzcsapg reasonably small
えーじー🔥ギンサラシ@Ag_sarashi

なるほど…

つまり以前は『ファンタジーの世界はあくまで夢の世界なんだからいつかは目覚めないといけない』という、文字通りに『現実』と『虚構』には明確な価値観の断絶があったんじゃないかと思う。
どれだけ『そちら』の国で価値があっても、『こちら』の国でははした金にもならないぜ、的な。

恐らくこれは、なぜ今そうなったかと考えるより、むしろ何故昔は戻る必要があったか、の視点で考えた方がいい気がする。
浦島太郎もワタルもラムネも最後には現実に戻ってきた訳ですが、今的な視点で考えると戻る理由が余りに薄いとすら感じる。
その世界にそのままいれば、間違いなく幸せなのに。

多分これ『今は現実がクソだから未練なんかないぜ』なんて単純な話じゃなくて、むしろ『ファンタジーが価値を持ち、現実を捨てでも惜しくはないほどのリアリティを持ち始めた』って事なんだと思う。
もっと言えば『虚構』と『現実』に価値的な差異がなくなってきたというか。

この指摘は中々に鋭いと思う。
過去の異世界は『可逆的』つまり旅行先でいつか現実に戻るファンタジーだったのに対し、今の異世界は転生であり『不可逆』つまりは現実には戻らない入植先としてのファンタジーなのでしょうね。
これ、多分論文書けそうなテーマだなあ。 twitter.com/00murice/statu…

「ゴホゴホ…ワシがランク50の頃は、毎日必死にユグマグを確定流ししてのう…金箱くるりんからユグ剣が出た時は、それはもう喜んだ物じゃった…」
「まーた始まったぜ!ジジイのホラ話だ!」「ユグ剣なんて3凸完了で運営がプレポに投げ入れてくれるのに!」
「ホッホッホ。良い時代になったのう…」

有栖川有栖先生の文庫最新刊『有栖川有栖の密室大図鑑』が好評発売中ニャ! tsogen.co.jp/np/isbn/978448…
おもしろいミステリがたくさん紹介されてるニャ。入門書にも最適ニャ!
ご来社いただいた著者とメガくらりで一緒に記念撮影。創元推理文庫版には、新解説と書き下ろしあと書きを収録しています。 pic.twitter.com/pBdxh4uie5