Twitter 氏@創作メインのモブおじさん Ahhhh_mia_amore | 氏@創作メインのモブおじさん(Ahhhh_mia_amore) / 2019年2月26日のツイート

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 アラン「う゛…ぐすッ、はい゛…泣(お風呂に行く)」

シャーロット「通りかかってよかった…じゃあお言葉に甘えて泊まらせてもらいます
アランは〇〇ちゃんって子を探してたみたいで仲が良かったのかな?」

イルス「ただいま〜、あぁー土砂降りまいった…あ、シャーロットどうしたんだ?」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

雨に濡れる男ってエッチだと思うんだモブおじさん
水も滴るいい男とはこのことじゃあ…(物理)
シャーロットの赤髪が濡れてより一層色濃くなるとか
エッチじゃない?????
肌に張り付く髪の毛、シャツは肌色に透けて、滴る雨雫…
エロ…

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

イルヴァ家の扉を叩くシャーロット
イルスパパは仕事でいなくて、ヴァイパーママに娼館街で痴漢されてたアランを助けたことを話す…
酷く泣いたまま話せないアラン…

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

シャーロット「待てやゴルァ!!!!Fuck!!!(取り逃がす)
アランだな!?なんでこんなとこいるんだ馬鹿か!!!何かされたか!?とりあえずここからでねぇと!!!(コートを脱いでぐしょ濡れなアランを包んで走る)」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

アラン「降ろしておじさん!!泣〇〇ちゃんが!!!泣
〇〇ちゃんが僕を待ってるんだ!!!泣離してよォ!!!泣うぁああん泣(泣き叫ぶ)」

シャーロット「はァっ…はっ…今はダメだ!(自分がびちょ濡れになりながらイルヴァ家まで走り)
兄さん!兄さん!!!」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

アラン「や、やだ…やめてください…っ泣いやだ…っ!ママっ…ママァッ!」(問答無用で服の中をまさぐられる)

「こら静かにしねぇと教えてやらねぇぞ!」

アラン「ひっ…〇〇ちゃんッ…助けて…!ううっう泣 やだあっ泣!(必死に抵抗する)パパァ!!!パパァ!!!」

「糞ガキが黙れつってんだろ!!!」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

仕事帰りのシャーロット
「〜🚬ん…?(騒がしい路地裏をちらと見る)
あれ…どっかで…🤔 !!!(髪の毛が逆立つ)てめぇ何してやがんだ!!!(走って助けに行く)」

モブ「クソッ!(アランを水溜まりに突き飛ばして逃げる)」

アラン「うぁあぁん!!泣」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

ーーー
ーー

アラン「お、おじさん…こ、こんなところに〇〇ちゃんいるの…?」
(あたりでヤク中や青姦してる人間がいる)

モブ「さぁね…教えて欲しいならおじさんの言うこと聞いてもらおうかな…(路地裏で止まりアランの体を触る)」

アラン「な、何するのおじさんっ…」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

アラン「黒髪の僕と同じくらいの〇〇って子を探してるの!おじさんどこにいるか知らないですか…!」

モブ「その子ならきっとあっちにいるかもなあ?一緒に探してあげよう…(悪い顔)」

アラン「.*・゚(*º∀º*).゚・*.教えて!」

モブ「こっちだよ…^^(手を引っ張るようにアランを連れていく)」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

アランに好意を寄せてた女の子が来なくなり、雨の中近づいちゃダメだと言われていた娼館街を捜しまわるアラン

アラン「〇〇ちゃん!(女の子の名前を叫ぶ)どこにいるの!?〇〇ちゃん…まだッ…まだ沢山話したいことあるのに…ッ…(半泣き)」

モブ「どうしたんだい可愛いボクちゃん…」

 6ne6asu reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 シャーロット「あまり無理はしてない…誰かに甘えたりするのは…嫌いじゃないし…
レイラもまだ俺を受け入れてくれないから…
…恋人として続けるのは難しいけど、こうしてお互いに甘えたりセックスするくらいは、続けてもいいでしょ…(暖炉の前で一緒に寝っ転がってくっつく)」