Twitter 氏@創作メインのモブおじさん Ahhhh_mia_amore | 氏@創作メインのモブおじさん(Ahhhh_mia_amore) /「ヴァイパー」の検索結果

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

橋の下にぶら下げてる死体が怖いアラン、その近くを通る度に
「ママ…ママッ…!らっこッらっこ(´இωஇ`)!!」
ってヴァイパーママに抱っこをせがみ
アセルはポケーって眺めるけどなんだか分からなくて
「あ、ちょうちょ〜♡」ってすぐ気が逸れる

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 上手くできたヴァイパーママと喜んで
「やったね…!♡よく頑張ったねママ…///
やっぱり二人一緒ならなんでも乗り越えられる…これからも頑張ろうね…///」
ってキスを受け止めてさらに深くキスするパパじゃあ…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

上手くオムツ替えできなくて泣いちゃうヴァイパーママを抱きしめて
「あぁ〜っママ…!大丈夫…大丈夫だよ…
最初から上手くできる人なんていないさ…
少しずつ上手くなればいいんだよ、一緒に練習すればきっと上手くなる…」
ってトントンしてあげながら慰めて、一緒に練習する…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

鎖蛇ヴァイパーさんとネズミアスピダさんを観察しながら
「はい、新鮮な牛肉だよ。
蛇さんはネズミさんを食べたりしないんだね…^^*
今日は四つ葉のクローバーを見つけたんだよ、見てみて…🍀
そこ狭そうだね…もっと広い部屋用意しようか?」
ってめちゃ話しかけてそう…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「うぐぅ…がっごいい゛…😭ガッコいいっす…😭どんな髪型でもヴァイパーさん好き…///(倒れたまま悶える)」

シャーロット「兄さん重い…でもどんな髪型でも似合う人ってかっこいいっすね…
俺も切って見たい、刺青見えるとかっこいいし。でもあった方が便利なんだよなコレ(髪しっぽフリフリ)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

髪の毛切ったヴァイパーさんにショックすぎて突っ立って後ろに倒れるイルス…
「Σ(  Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙
あ…あぁ…御髪が…ヴァイパーさんの御髪が…😵」(後ろに倒れて脱力)

シャーロット「めっちゃすっきリしましたねヴァイパーさん^^*」
(倒れるイルスをキャッチ)

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「でも、僕はヴァイパーさんの髪の毛が…好きだから…///
エッもうですか…!ま、待ってください///!マスターごちそうさまでした!
ヴァイパーさん…!(追いかける)
お、奢ってもらっちゃって…( ´•ᴗ•ก )ありがとうございます
途中まで一緒にいさせてください…///」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「ふふ♪(ルルディさんとアピスさんのやり取りをみてニコニコする)
ヴァイパーさんと同じ任務が嬉しくて…///(*´ `*)(指でクルクルハネっ毛をいじってる)
ヴァイパーさん…Мне это нравится…(好きです)(ほろ酔い状態で微笑む)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

アピスさんヴァイパーさんご兄妹に金髪Italyな2人が惚れてるこの奇跡むっちゃすこだなって思ってた仕事中😇

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「人間解体は…初めてです…いつも殺すばかりだったので(興味深そうな顔をしながら酒を飲む)
マスクと手袋ですねわかりました^^
…///(ヴァイパーさんと一緒の任務だ…///)(少し黙って顔が緩みかけてる)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「ヴァイパーさん!///お待たせしてすいません…!///
あ、アピスさんもいらっしゃってたんですね!こんばんは✨(ハネぴよぴよ)
マスター!リモンナヤロックで!(席に座って注文する)
さて…お仕事の話でしたね^^*」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 レイラ「呼びたい人…いないけどお料理なら任せてください´`*」
シャーロット「俺もレイラとみんないればいいかも!♡(髪しっぽがシュルンとハートの形になる)」
イルス「いいねパーティー!僕ヴァイパーさん呼びたい!✨
洗いっこする!♡ご馳走様!お風呂〜!(食べ終わってアスピダさんをひっぱる)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

ヴァイパーさんはかわいい…(。-人-。)(拝む)
イルスも人間らしいヴァイパーさんが見れるとあぁ…かわいい…めっちゃかわいい…ってニヤそうになる
ぐっと気持ちを押し殺してハネだけバタバタさせてるんだなきっと…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

イルスの部屋いつも勉強した紙とか散らばった本で汚いから、ヴァイパーさんが部屋に来る度
く、来るなら言ってくださいよ…!///
ってめちゃんこ慌てて片すイルスかわいい

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 イルス「へ、変態ではないです!///
ヴァイパーさんの役に立ちたくて…そのォ…///
あっ(いつの間にかいなかった)…///」
レイラ「イルスさん本当にヴァイパーさんの事好きなんですね…」
イルス「そ、そりゃあ…///へへ、なんか恥ずかしいな…///じ、準備しないと…///(風呂に入って行く準備をする)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 レイラ「は、はい…わかりました…」

イルス「ここでベラドンナエキスを…(調合中)っわーー!!!♡ヴァイパーさん!✨(ハネバッタバタ)
は、はい///!今夜ですねわかりました…♡丁度試して頂きたい薬もできたのでその話もします^^*(薬瓶を見せる)
ンフフ…( ◌´ `◌ )…///(めっちゃにやけてる)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

レイラが使ってる元々アスピダさんのお部屋を2度見するヴァイパーさん…驚いて2度見するのは普通のことなのにかわいいと思ってしまった…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 レイラ「( ' ' )…(金を借りてた時のヴァイパーさんとは全然ちがくてビックリしてるが、ホッとしてる)
アスピダさんは屋根裏部屋でお仕事してるかと…
イルスさんは自白剤作るとかなんとか…って張り切ってお部屋で薬作ってます…
今お茶入れます…ヾ(・ ・;)ノ(キッチンへ行く)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

娼婦辞める日にヴァイパーさんに話かけられるレイラ…
レイラ「人気…贔屓にしてくれる人がいただけで…金に困ったら…はい…(少し怯えながら答える」
シャーロットに捨てられたら…なんてことを考えてる
そのあとアスピダさんの事を言われて
「えっ、それはどういうことですか…」
って聞くレイラ…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 めちゃ驚くイルス
でもヴァイパーさんもなかなか振り向いてくれないからイルスも溜まる…
イルス「えっ…そのッ…///俺…セシリオそっくりだけど…大丈夫なら…ジャクソンが嫌じゃなければ…いいよ…///」
恥ずかしがりながらも許すイルス…

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

イルス「はは笑帰ってきたね、迎えに行っておいで」

レイラ「…///はい…///(玄関に迎えに行った)
おかえり、シャーロット…///」

シャーロット「(⊙⊙)(初めてのおかえりボイスにびっくり)
ただいま…///」

イルス「いいなあ…俺もヴァイパーさんにおかえり言いたい…///( ;꒳​; )♡」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

それに酷く見えるのは分かるけどあれがヴァイパーさんが今まで勝ち取ってきた強さだ、俺はそういう所も含めて全部好き…なんかごめんね…」

レイラ「いえ…シャーロットもそう思ってたなら…」

シャーロット「レイフィ〜!(シャーロットが付けたレイラの愛称)
ただいま〜!♡(叫)」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

イルス「俺も未だにヴァイパーさんにちかづけなくて…ちょっと悲しくなるけどそれ以上に好きなんだ」

レイラ「で、でも…あの人は…!」

イルス「酷いことをしてる…?
…でもそれがヴァイパーさんの生き方だから俺は口を出せない

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

ヴァイパーさんはいつもカッコイイ話】

イルス「今日も…振られた( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )」

レイラ「あの人の…どこが…好きなんですか…」

イルス「ヴァイパーさんのこと…?
んん…強くてカッコイイから。子供の時から俺の憧れなんだ…いつもすごく冷たいけど…俺はどうしてもあの人にしか惹かれない」

Yiwxztsq reasonably small
氏@創作メインのモブおじさん@Ahhhh_mia_amore

@Marinereddog2 レイラ「は、はい…すみません…」

イルス「じゃあまた誘いますね( ´罒`*)♡お仕事気をつけて…(手を振って見送り戻ってくる)
今日も振られた(›´ω`‹ )でも、ヴァイパーさんはいつでもカッコイイ…*°♡」

シャーロット「( ◉ ◉)(レイラが怯えたことに緊張して髪しっぽがボサボサになってる)」