Twitter ブラザーラビッツ Brother_Rabbits | ブラザーラビッツ(Brother_Rabbits) / 2020年6月29日のツイート

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

『ベイカー街の亡霊』でコナンが諦めることに、自分はそれほど違和感を持っていなかったのだが、その理由を考える再視聴でもあった。

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

ゲームに対するコナンの戸惑いは、新聞を買うときの「お金の処理」にもみられる。「血まみれ」もゲーム的に解釈する必要があるので、すぐに正解に辿り着くことはできなかった。

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

「江戸川コナンはコンピューターゲームが苦手」ということが、劇中で言及される。ED後のオチでも使われるほど。つまり彼は探偵団のように、これはゲームだと割り切れない、とも考えられる。だから蘭の飛び降りをリカバリできるもの、と割り切れなかったのではないか。

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

重圧が頂点に達したのは、蘭が自ら崖に飛び降りたとき。愛する人の死は打撃だが、あくまで擬似的なもの。ゲームさえクリアすれば生き返れる。探偵団三人はその点に言及し、あまり悲観的にはなっていなかった。では、コナンはどうなのか?

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

道具の使用不可やゲストキャラの暴走といったコントロールしづらい要素、仲間が擬似的ながら死亡していく、その仲間からは過度な期待を寄せられる。コナンにとっては、重圧がかかった状況である。

00fcbe705362f013e6aa58af04752af5 reasonably small
ブラザーラビッツ@Brother_Rabbits

観終わりました。コナンが諦める、というのは、この作品の評価が割れる点である。ただ個人的には、彼は諦めないというより「成功するかはともかくやってみよう」というマインドの持ち主なのだと捉えている。『摩天楼』における極限状態はその一例。