Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) / 2019年11月11日のツイート

Kiwrb ob reasonably small

事後にだるくて動けない受けに攻めが服着せてあげるのわりと好きシチュなんだけど原作軸牛尾の場合、先生がおがたに褌つけてあげるの?えっ…なにそれ新境地。ありだな。

Kiwrb ob reasonably small

かっこいい先生を見た時
「はあぁ〜〜〜〜😭💕」

かっこいいおがたを見た時
「ひぇ……😨💘」

くらいの差がある。

Kiwrb ob reasonably small

髭剃ったりタバコ吸ったりなんか大人の男な仕草するおがたをお見かけするとカッコいいと思うと同時に自分の脳内おがたガチャSSRスチルだから心がとても動揺する。

Kiwrb ob reasonably small

おがたを幼児扱いしたくなるけどおがただってもうしっかりした大人だから、シャツのボタンも一人で留めれるし、髭や髪やら身なりも整えられるし、靴下だって一人で履けるし、フンドシだって自分で締めれるんだよ!!

Kiwrb ob reasonably small

先生を見た感想「んああぁかっこよい〜〜(語彙力)」
おがたを見た感想「きみなんだその舌ぺろは?お婆ちゃんに鮭もらってご機嫌か?可愛いな。てか外套脱げ。なんだその靴下ちゃんは?きみ靴下履くのか。そりゃ履くよな。大人だもんな。自分で履くのか。一人で履けるのか?可愛すぎかよ」

Kiwrb ob reasonably small

RT 四枚目画質のせいかおがたが舌ぺろしてるように見えて思わず拡大してしまった。はぁ〜〜それにしても先生かっこよか〜〜☺️

本日11月11日は鮭の日ですッ!!
鮭は北海道の名産品!TVアニメ『ゴールデンカムイ』にも度々登場します!
第二十二話では杉元一行が網走監獄侵入のため、アイヌの漁師を装い、捕れた鮭を全員で食す、団らんシーンがありました!
kamuy-anime.com
#ゴールデンカムイ #鮭の日 pic.twitter.com/pjI5ZjOf3l

Kiwrb ob reasonably small

牛尾/両手にホ゜ッキーを一本ずつ持ったおがたがジリジリと先生ににじり寄る。
🐱「目か、鼻か、どっちがいい?」
🐮「口で!」
🐱「耳でもいいぞ」
🐮「口で!!!」
ちゃんと口にあーんしてあげた。

Kiwrb ob reasonably small

何本かあーんして慣れてきた頃、先生がポカッと口開けて寄ってきた瞬間、サッとホ゜ッキーを引っ込めてフェイントかけるおがた。
🐮「あーん♪」
🐱「…(サッ)」
🐮「んがっ?…あーん」
🐱「……(ササッ)」
🐮「ふがっ。…おがた〜?」
🐱「フフッ」

Kiwrb ob reasonably small

逆におがたにあーんすると、パクッと食いつくんじゃなくてカカカカッと、げっ歯類的な食べ方するので面白いなぁ〜と何本も差し出しちゃう先生。でも三本くらい食べたら「もういい」って拒否されて先生は(´・ω・`)って顔してちょっと残念そう。

Kiwrb ob reasonably small

心の準備もできないまま人の波に押されて足を滑らせるみたいに穴に落ちて、宇宙に出る。自分を置いて遠くなってく宇宙船を見送った。またどこかの星に辿り着いて、そこに紛れ込んで、沢山のデータをとって舟に回収されるんだなぁって自分の仕事を思い出しつつ、宇宙空間を一人でぷかぷかして終わった。

Kiwrb ob reasonably small

自分を拾って家族にしてくれたあの人にだけは、自分が居なくなるとは言わないまでも、「じゃあね、ありがとう、バイバイ」って思わず両手握ってちょっとだけ泣いちゃって、そのまま何か聞かれる前に逃げるみたいにいなくなったの。もう二度と会えないし、みんなとは暮らせないんだなって思いながら。

Kiwrb ob reasonably small

舟に回収されて、舟は星を離れて真っ暗な宇宙に出て行って、いつの間にか私はその景色が見える大きな窓つきの無機質な部屋にいた。その広い部屋には自分と同じように回収された人達がたくさんいて、みんな暗い顔してて、この部屋に連れてこられるまでに色々と聴取や検査が済んでて、やる事はもうない。

Kiwrb ob reasonably small

部屋の奥の床は宇宙船なのにぽっかりと穴が空いてて、自分達はそこに飛び込まなきゃいけないと気づく。暗くて寒くてただただ広い空間に投げ出される穴に、自分の足で踏み出さなきゃいけない。周りの人達はボトボトとそこに飛び込んで、まるで人形みたいに外に投げ出されてるのが大きな窓から見える。

Kiwrb ob reasonably small

変な夢見た。
知らない場所に右も左も分からずいて、親切な人に拾われてその人の家でその人の家族や仲間と楽しく何年も暮らして、ある日鯨よりも大きな機械が空に現れて、あれは宇宙船で、私は宇宙人で、私はあれに乗って宇宙へ帰らなければいけないと、みんなに黙ってコッソリ舟に回収されるお話。