Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) / 2019年5月1日のツイート

お疲れの人にチョコレートの多い方をくれるリス島🐿🍩 pic.twitter.com/MmTi7MgYxV

7kyiqr9k reasonably small

牛尾/腰に腕を回されたと思ったら抵抗の間も無く持ち上げられた。「なにすん…」「痩せたな」「!」「2キロってとこか」「…」なんで分かるんだよ。と目線から伝わったらしい。「伊達にお前を抱いてねえぞ」と得意げな顔をされた。ムカついたので、膨れた両耳を引っ張ってやった。

7kyiqr9k reasonably small

🐮「お前、夏はバテて痩せちまうんだからよ。今のうちに肉付けとけ」
🐱「簡単に言うな」
🐮「なら今日はお前の好きなモン食いに行くか」
🐱「!…焼き肉」
🐮「よしよし。ちゃんと野菜も食えよ?」
🐱「そんなの食ったら痩せちまう」
🐮「痩せねえから」

7kyiqr9k reasonably small

こんなんおがたなんて余裕で運ばれちゃう…

7kyiqr9k reasonably small

RT センセェええ!かっこいいよセンセェええええ!!!😭

【TVアニメ『ゴールデンカムイ』振り返り企画!】
引き続き、第十四話より原画公開です!

炭鉱での爆発によって瓦礫の下敷きとなり、
江渡貝くんは息絶えてしまいます。
刺青人皮の偽物とともに
鶴見が受け取ったメッセージとは…?

来週もお楽しみに!

kamuy-anime.com/story/14.html
#ゴールデンカムイ pic.twitter.com/yqJBrFEX8Z

【大台目前970万部超突破!!】
絶好調金塊争奪サバイバル『ゴールデンカムイ』、
令和初の最新第18巻が6月19日(水)発売決定ッ!!!

網走監獄で分かれた二つの旅路……
アシ(リ)パ一行の道が通ずるは、樺太・亜港の大監獄ッ!?

思念渦巻き命試される18巻、
ぜひともお楽しみにどうぞ―ッ!!! pic.twitter.com/rklXnMadea

7kyiqr9k reasonably small

じゃあ両方ノリノリでおっぱじまるのはどうなんだと考えてみたらそれはそれでおいしすぎて涎が止まらない。

7kyiqr9k reasonably small

牛尾ってなんかこう片方がノリノリでもう片方が「おい待て」ってなりつつ押されて結局行為に雪崩れ込む流れが三度の飯より好き。

7kyiqr9k reasonably small

RT はあぁぁ挑発的なおがたぁと困り顔のせんせぇ良きぃ~☺️💕

7kyiqr9k reasonably small

全部好きなやつ。見てるだけで幸せ🤤

7kyiqr9k reasonably small

Picrewの「飲んべぇメーカー」でつくったよ! picrew.me/share?cd=W3qug… #Picrew #飲んべぇメーカー

7kyiqr9k reasonably small

牛尾/二人で手を繋いで時代が変わるのを見守った。戯れるように口付けあって、そこで止まれず、どうにか寝床に辿り着いて交わった。いつ眠りについたかなど覚えちゃいない。裸のまま、肌に名残を残したまま、カーテン越しに朝日を感じて、まだ眠る奴の顔を眺める。まあ幸せそうな顔で寝こけやがって。

7kyiqr9k reasonably small

「オイ、起きろ」頬を突つけば唸るその顔も、俺のこの可愛げのない態度も、昇る朝日も、時代が変わろうが生まれ変わろうが大して変わりゃあしない。「んん…?おがたぁ?」寝ぼけた声で呼ばれる。そんな朝が変わらずここにある。それが、嬉しい。なんてな。

7kyiqr9k reasonably small

令和の影に隠れてひっそりと訪れた5月。もう5月か…。

7kyiqr9k reasonably small

へいせいのおしまいと、れいわのはじまりを、お手手つないでた牛尾。

7kyiqr9k reasonably small

令和だー!

7kyiqr9k reasonably small

「この時代もなかなか面白かったな」「そうかよ」「大半は絶対お前絡みだけどよ」「!」おがたがキョトンとした顔で見上げてくる。「っ…ほんの数年じゃねえか」「その数年が俺にとっちゃ大きかったんだよ」そう笑ってやればおがたは目を逸らして、小さく「…俺も」と返してきた。『次の時代も/牛尾』

7kyiqr9k reasonably small

ぎこちなく繋がれた手。少し動かして指を絡めてみる。いつもなら照れて逃げていくんだが、おがたは珍しくされるがままで甘酸っぱさと感慨深さで胸の奥がぐるぐるとした。「どこも盛り上がって、すげえ騒ぎだな」「…そうだな」「前回変わった時は年明けなのにもっと沈んでたからな」「そうなのか」

7kyiqr9k reasonably small

「あ、そうか…お前その頃ぁまだ産まれてねえのか」「…」おがたはムッと唇を尖らせて寄りかかってきた。なんだか悔しそうだ。なんだ、俺と同じ時代に産まれたかったのか?なんて聞いちまったらきっと拗ねる。無言で、慰めるように絡めた手の親指を、自分の親指でスリスリと撫でた。

7kyiqr9k reasonably small

牛尾/もうすぐ日付が変わるなぁなどと考えていたら自分より一回り小さな手がきゅっと繋がってきた。お、と驚いていると繋いだ本人は無言。おがたが見つめるテレビ画面。大半のチャンネルでは最近のこの国の出来事だのカウントダウンで盛り上がるライブ中継だの年末の様に盛り上がっていた。