Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) / 2019年9月20日のツイート

Pvev a57 reasonably small

モンスター観たらアニメの先生とおがたが恋しくなってアニメ十五話の伝説のヤマシギ回を観直した。凄かった。牛尾やん。当時リアタイしてよく正気を保ててたな自分。いや保ててなかった気もする。

【本日発売!!】
『ゴールデンカムイ』最新第19巻、
電子版と同時に本日9/19(木)より発売です!!

不屈の猛虎の微笑がカヴァーに炸裂ッ!
豪胆無比な伊達男・キロランケに惹かれましたら
ぜひお手元へどうぞ!!

恒例の最新刊発売記念壁紙も配布中です!
youngjump.jp/goldenkamuy/co…
こちらもぜひご一緒に! pic.twitter.com/590yi6KR5p

Pvev a57 reasonably small

PCをオベンチョ壁紙にしたの忘れてデスクトップどーん!っと先生が出てきて自分でびっくりするセルフトラップ。

Pvev a57 reasonably small

先生怖い…ってなってるおがた好き。誰にどう思われようが何されようが知ったこっちゃねえぜってぶいぶいいわせてたくせに先生相手だと何故だかそうもいかなくなってしかも敵わないと本能的に察しちゃって縮こまるおがた可愛い。

Pvev a57 reasonably small

それを先生にハイハイドードーって引っ張り出されてシャーシャー威嚇するのでもいいし、優しく手を差し出されておいでってされてびくびくおどおど出てくるんでもいい。迷子のキツネリスかよ。

Pvev a57 reasonably small

事後、名前を呼ばれたりほんの少し触れられるだけで身体がビクビクするくらい余韻が残っちゃってしばらく側に寄ってくれなくなるおがた。それを見て「しまったやりすぎた」と反省する先生。でも余韻が引いた頃にまたあの感覚が恋しくなっておがたの方からツツツ…と寄ってってゴロニャンするよ。

Pvev a57 reasonably small

牛尾/「ひどくしてくれ」と強請るおがたにしこたま優しくしてでろんでろんのトロトロにして「そうじゃない」とギャンギャン泣いてぐずぐずな顔でヒンヒン言ってるおがたをニンマリと見下ろしながら「どうだ、ひでえだろ?」とおがたが思ってたのと違う方向性の意地悪を仕掛けてくる先生。

Pvev a57 reasonably small

牛尾/おしりかじりウシ🐮
※ちょっと肌色注意 pic.twitter.com/pVyGHJxz0r

Pvev a57 reasonably small

推しに美味しいもの食べさせたい定期

Pvev a57 reasonably small

先生がつやつやのおにぎりを握る横で、美味しいお味噌汁を作るおがた。あと黄色いたくあんも用意。贅沢を言うならなにか煮物も添えたいところ。ひじきとか、切り干し大根とか、イカと里芋炊いたやつとか。そういうのを囲んで二人揃って「いただきます」してほしい。

Pvev a57 reasonably small

うちの牛尾はおがたがわりと料理上手で先生は並なくらいなんですが、おにぎりに関しては先生の方が美味しく握れるイメージある。先生の握るおにぎり絶対美味しい🐮🍙✨

Pvev a57 reasonably small

『頑張らなくていいんじゃねえか?』「え?」『お前、いま外か』「…ああ」『ちょうどいい。いま飲みたい気分でよ。付き合っちゃくれねえか』「いや…」『頼むよ、おがた』「……」なんだよ。俺の予定が狂うじゃねえか。まあ単なる思いつきだったんだが。「…仕方ねえな」心地いいと思ったその声を、

Pvev a57 reasonably small

もう一度くらい直接聞いてやってもいいと思った。『前に飲みに行った店あるだろ。そこでどうだ?』「わかった」『それじゃあ、またあとでな』通話が切れ、辺りには静寂。やれやれと溜め息をついて、俺は手すりを越えて屋上へと戻った。去り際に、強い向かい風が吹いた。まるで俺に文句を言うみたいに。

Pvev a57 reasonably small

「頑張らなくていいんだとよ」誰が聞いてるわけでもないのに、そう口にする。何故か笑えた。ボロくて今にも取れそうなドアノブを捻って、俺は屋上を後にした。

Pvev a57 reasonably small

別段見ないでもよかったそれを、ほんの気まぐれで手に取って、画面に目をやれば、『うしやま』と時たま連絡をよこしてくる男の名前。見ないふりしてこの掌の機械を放り投げようかとも思ったが、取ってやらねば奴が拗ねるのではないかと僅かによぎって気づけば通話ボタンを押していた。『よお、おがた』

Pvev a57 reasonably small

力強いのに気が抜ける、そんな声。心地いいと思った。「何だ」『最近連絡とってなったと思ってよ。忙しかったか?』「別に」『そうか。元気にしてたか?』「別に」片足立ちして浮かせた足をぷらぷらと遊ばせる。ふざける俺の背を後押しするみたいに少し強い風が吹いた。そんなに急かすなよ。

Pvev a57 reasonably small

「なあ、うしやま」『ん?』「頑張れって言ってくれないか」『あ?なんだ急に』「あと一歩なんだ」『……』電話の向こうでうしやまが黙る。早くしてくれ。何でもない風に背中を押されるより、あんたのその声がいいんだ。『…お前がそんな事言うなんて、らしくねえなあ』「……」早くしろ。

Pvev a57 reasonably small

牛尾/日も沈みきった夜。遠くに繁華街の灯りが見える雑居ビルの屋上。自分の他に誰もいない。手すりの外側に立ち、爪先を淵からはみ出させて、遥か下に見える地上をぼんやりと眺めた。あと一歩踏み出せばどうなるか。俺を終わらせる事が出来るのか。その時ふとズボンのポケットの中のスマホが震える。