Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) /「そうか」の検索結果

Jafvgi4q reasonably small

今度はおがたが目を瞬いて、首を傾げて悩む。「…そうだな。多少は」「そうか…」「けど」おがたはコテンとうしやまの胸板に寄り掛かって、深く呼吸をした。「今までいたどの場所よりも、息がしやすい気がする」「! そうか。よーし、いっぱい吸っとけ」うしやまは嬉しげにおがたを抱き締めた。

Jafvgi4q reasonably small

おがたの言葉にうしやまは眉間に皺を刻んでしばし唸ったが、すぐに諦めた様子でおがたの頭をぐりぐりと撫でた。「お前ぇは妙なとこで悩むよなあ」「そうか?」「俺はそんなの考えた事も無かったからよ」そのまま自分にもたれ掛けさせて、肩をポンポンと優しく叩く。「俺の側も生きづれえか?」

Jafvgi4q reasonably small

先生がもう一度男に「飼ってやれないか?」と尋ねた。けれど男は首を横に振る。「そうか」と先生は残念そうに頷いた。伝手をあたれば貰い先はあっさりと見つかった。とんとん拍子で仔猫は貰われていく。その引き渡しの日にも男は同席して、懐っこい仔猫は特にぐずる事もなく新しい家族と帰って行った。

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/素直じゃない渡し方。
🐱「肉だからな」
🐮「そうかそうか。甘そうな肉だなコリャ」 pic.twitter.com/gBP1d32PZa

Jafvgi4q reasonably small

「…起こしたか」「いーや、たまたまだ」「そうか」会話はそれきり。手触りの良い寝巻きの感触。その向こう側でおがたが静かに大きく息を吸って、やわらかく吐いた。それの繰り返し。その呼吸を邪魔しない程度の力で、トン…トン…とテンポをとる。やがて咳も落ち着いたらしく、気を張っていた背中が

Jafvgi4q reasonably small

温もりを、感触を確かめて、ようやくホッと一息つく。「うしやま?」「っ、なんでもねえ」はぐらかすようにそう答えたが、早鐘を打つ心臓の音は誤魔化せてはいないだろう。寝起きのいちゃつきにしては些か物騒な勢いだったはずだ。それでもおがたは「そうか」と頷き、途中だった朝食の支度を再開する。

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/「そうか。今日は節分だったか」そううしやまが呟く。「よし、今夜は気合入れるか」昼間からなにを言ってるんだこのオッサンは。まあそんなに言うならやぶさかじゃねえが。そしてその日の晩飯は、うしやまお手製の手巻き寿司パーティーだった。「…」「どうした。手巻き寿司嫌いか?」「…別に」

Jafvgi4q reasonably small

うしやまは笑うと、おがたの不服そうに突き出る唇に優しく吸い付いた。すると…「!!」「えっ、おがたお前…顔赤くなんのか?」「っ、知らん」「そうか。半分は人の子だもんなぁ」うしやまは嬉しげにおがたを抱え上げ、片腕で彼を持ち上げたまま、土間から上がる。男一人を抱えてもなんのその。

Jafvgi4q reasonably small

遠くに見える森。途方もなく見えて、それでも少しずつ少しずつ近づいてくる。「あんたは村へ行ったらどうするつもりだ?」「どうするかなぁ。元々好きにふらついてる根無し草だ。しばらく村で休ませて貰ってそれから考えるさ」「そうか…」うしやまも「お前は…」と言葉を紡ぎかけて口をつぐんだ。

Jafvgi4q reasonably small

余所から吹き込まれての事だったらなかなか悲惨だな…。「あの子は親の愛情が無かったからあんなふうになったの」って周りから言われてて、おがた自身は「そうなのか?」ってふわふわしてた事を、死に際の父君に問いかけたら「そうだ」って言われて「そうかー」ってなっちゃったんだとしたら。

Jafvgi4q reasonably small

🐱「あんた、物食うたんびに美味い美味いとよく言うよな」
🐮「そりゃあ美味いもん食ったら自然と言っちまうだろ」
🐱「そうか…なるほど」
🐮「???」

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/テレビの動物番組を見てて「うしやまが映ってる」「えっ、どれ…ってセイウチじゃねえか」「似てるだろ」「えー、そうかぁ〜?」今度水族館に観にいく約束をした。

Jafvgi4q reasonably small

たまたまそのお断りシーンを目撃したおがたは「別に待ってねえぞ」と不服そうな顔をするが、先生は「そうか」と笑って彼の頭をひと撫で。帰る場所がもう決まっちゃった元プレイボーイな先生。別に縛られてるとは思ってない、今までの自分を失ってもいない。ありのままの自分でおがたの隣にいる。

Jafvgi4q reasonably small

自分の想定よりおがたが若い事が判明。そうかそうか……(動揺)。先生と20以上離れてる可能性が出てきたぞ。 twitter.com/Dai_lvl/status…

Jafvgi4q reasonably small

変化球で推しCPの片割れの年齢が絞り込めてしまい震えてる…おがた…そうか、お前…そうかぁ……

Jafvgi4q reasonably small

白鳥の日以降もおがたはふらっと銃の練習に行ってる。
🐮「調子はどうだ」
🐱「前と同じようにとはいかんな」
🐮「そうか
🐱「でも

 …それでもスギモトの銃よか当たる」

🐺「ンだとクソおがたー!💢」
🐿「うわ、なんだ!どうしたスギモト」
🐺「はぁはぁ、夢…?」
なんか電波受信しちゃった。

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/
🐱「あんたを見てると時々無性に胸のとこあたりに飛び込みたくなる」
🐮「えっ😳いいぞ。ほれ」
🐱「そうか
おもむろに立ち上がり、ラグビーのように体勢を低くするおがた。
🐮「ちょっと待て!飛び込むってそういう…!」
🐱「フンッ!!!🏃‍♂️💨」
🐮「ぬおっ!💦」
ちゃんと抱き止めた。

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/
🐱「気配をころして自分の位置を悟られない事は狙撃手として必要な技術だ」
🐮「そうか
🐱「俺は生まれ変わってもその感覚が抜けなかったらしい」
🐮「なるほど。けどな、人に背後から近づいていきなり冷たい手を相手のシャツに突っ込んじゃいけませんっ」
🐱「…」
🐮「目を逸らさない!」

ビーチでいっぱい遊んだゴールデンレトリバー。ビーチへの"思い"は捨てがたく、車に乗せるのも一苦労だったとのこと。飼い主さんは「ずっとこんな顔してるもんだから引き返そうかと思ったよ」。表情の奥に一種の"郷愁"のようなものが潜んでいるのが可愛いを通り越して、ズルいです。 pic.twitter.com/e7AGbON80Q

Jafvgi4q reasonably small

「…いいのか。忘れて」「ああ、いいぞ」優しく笑う先生はいつも通りに見えてどこか違くて、おがたは思わず「嘘つけ」と返した。「…オイ」「ん?」「次の休み、買いに行くぞ」「? 何を」「指輪。欲しいんだろ」「え…いいのか?」「嫌なら言わねえよ」「そうか…。うん、そうかぁ」先生の顔が緩む。

Jafvgi4q reasonably small

「甘めだけど美味いな」「甘過ぎたか?」「いや悪くねえ。好きな味だ」「そうか」「俺がガキの頃食ってたのは甘みより塩っ気が強くてなぁ。あと牛じゃなくて豚コマだった」「へえ」するとおがたはニヤリと笑う。「なら今日からうしやま家の味はこれな」そう得意げなおがたになんかたまらなくなる先生。

Jafvgi4q reasonably small

先生が疲れて帰ってきたのを出迎えたらいきなり高価なケーキを渡されて困惑しつつも食べるおがた。
🐱「…(うまうまもぐもぐ)」
🐮「………(じぃ〜)」
🐱「?…💦(うまうまもぐもぐ)」
🐮「…おがた」
🐱「む?」
🐮「うめえか?」
🐱「…ん(こくり)」
🐮「そうかぁ🌸✨」

Jafvgi4q reasonably small

「けど俺は別にやわこいお前も嫌いじゃなかったんだぞ?」「あんたの好き嫌いじゃない。俺の問題だ」「そうか」「そんなに柔らかいのが好みなら余所で触ってこい」「馬鹿言え。お前がいいんだよ」そう言われて、おがたは先ほど腹筋を自慢した時よりも、ニンマリと嬉しそうな顔をしていた。

Jafvgi4q reasonably small

牛尾/お昼時。いい匂いにつられて、台所に立つ先生の横に音も立てずに忍び寄るおがた。「お、出たな。つまみ食い小僧め」あっさりと見つかる。「俺は悪いおがたじゃないぞ」「そうか。それならこの皿向こうに運んでくれ」「む…」つまみ食い失敗。てい良くお手伝い係に任命された。

Jafvgi4q reasonably small

「お前が俺を嫌いでも、手離してやるつもりはねえぞ」「…〜〜だから、そういう所だぞ、うしやま」「そうか」頷きながら大きな両手でおがたの頬を揉む。そうされてる内におがたもなんだかどうでもよくなってくる。どうでもよくなってしまう。そういう所なんだよ、うしやま。好きで嫌いで仕方ないんだ。