Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) /「イエナガ」の検索結果

Kiwrb ob reasonably small

今まで無差別に人をころしてたキャラはたくさんいたけど、へーた師匠の場合、自分でコントロールできてないのが恐ろしい。ヘンミちゃんやイエナガさんみたいな何かポリシーがあってとも違う。誰もその時まで自分が彼にころされるなんて思ってない。ころす本人すらも。

Kiwrb ob reasonably small

①ゴトウのおっさん②尾に撃たれた人③シライシ④ヒジカタ⑤ウシヤマ⑥つやま⑦ニヘイ⑧ヘンミ⑨イエナガ⑩茨戸の入れ墨⑪親分⑫夕張でエドカイくんが掘り起こした入れ墨⑬スズカワ⑭稲妻⑮シトン⑯トニ⑰ガンソク⑱人斬りヨウイチロウ⑲セキヤ⑳へーた師匠←new!

Kiwrb ob reasonably small

イエナガさんがウォーミングアップを始めました。

Kiwrb ob reasonably small

そんで壊れたへーたさんが熊の幻覚見るようになったとか?熊の偉大さに当てられてイエナガ的な食人に目覚めたとか、それか人ころして熊にあげてるとか。タバコ入れの持ち主ももう亡くなってそう。

Kiwrb ob reasonably small

なんだか感覚的にヘンミちゃんとかイエナガさん寄りの思考になってない?あとセキヤさんとか。大丈夫かしら?

Kiwrb ob reasonably small

「お前にしちゃあ頑張ったろ」「見てたのか?」「まあな」って、亀くんがバシッと背中を叩くと、夏タロくんはあの頃の姿に戻ってて「んじゃ行こうぜ。ヒジカタさん達も待ってる」「会ったのか?」「ああ、ヒジカタさんもナガクラさんもイエナガさんもウシヤマさんも…、

Kiwrb ob reasonably small

自分の害にならない相手なら男女関係なく手を差し伸べる。人の為に行動する事を躊躇しない。札幌でイエナガを瓦礫から助けたり、夕張の炭鉱で杉と白を救ったり、網走で谷とマッを庇ったり。感謝されたいわけじゃなく、自分が頑丈で力があってその場でどうにか出来る立場だったから。

Kiwrb ob reasonably small

ヒジカタ一派で一番包み隠さずに肉体のシルエットを晒したの実はイエナガさんな気がする。尾は肌は晒しつつ大事なトコ隠してたし。

Kiwrb ob reasonably small

そううしやまは聞きそびれてしまった。けれど自分の服をキュッと握りしめてる彼の手に気づき、要らん質問だったと悟る。そうしてうしやまもおがたにつられるように意識を手放した。翌朝、いかがわしい声で気まずくなる事は無かったものの、べったりとくっついて眠る姿を起こしにきたイエナガに見られ、

Kiwrb ob reasonably small

「なかなか悪くなかったな」先ほどの飲み会を捻くれながらも褒めたのはおがただった。「そうだな。爺さんが用意した酒もイエナガの料理も美味かったし、たまにはいいかもな」「あんた、水みたいにたらふく飲んでたな」「お前だって」そう笑って話しているとおがたがうしやまの布団に潜り込む。

Kiwrb ob reasonably small

夜にはみんなでイエナガの料理に舌鼓をうちつつ、しこたま酒を飲んで、昔話に花を咲かせた。と言っても話題は今世での事ばかり。以前の事ははっきりと覚えている者もいればぼんやりだったり、全く記憶にない者もいた。それでもこの妙な組み合わせの面々で過ごす事は皆なかなかに居心地が良かった。

Kiwrb ob reasonably small

牛尾/晩年をのんびりと過ごしたいと田舎に引っ込み古い大きな日本家屋で悠々自適に暮らすヒジカタさんの元へ夏の休暇を利用して遊びにきた牛尾。ナガクラさんやイエナガさんも来てて、懐かしい顔合わせに和気あいあいとしつつ、完全に"里帰りした孫"扱いされてる。おがただけじゃなく先生も。

Kiwrb ob reasonably small

鶴勢がトニさんの入れ墨の内容を把握してたってどこでだ?収監されてた頃に記録してた?イエナガさんが情報流した?

Kiwrb ob reasonably small

おがたが土組に再合流するのをとても夢見てるんだけど、同じくらい鶴ちゅのとこにいるイエナガさんも鶴側の情報たっぷり持ってぬるっと土組に戻って茨戸後の土組+門+キラでみんなで再結成!ってならんかな~。絶対楽しい。

Kiwrb ob reasonably small

@UKtheSo2 撃ち抜いちゃいましたか!イエナガさん呼んでおきますね!😆

Kiwrb ob reasonably small

牛尾/原作軸。重傷を負いつつ敵を一掃するも一人取り逃がしてしまった先生。どうにかアジトへ戻るがすぐに意識をなくし部屋に担ぎ込まれる。治療を施されるも絶対安静。眠り続ける彼をイエナガやカンタロウが心配する中、おがたは顔色一つ変えずいつの間にか姿を消していた。

Kiwrb ob reasonably small

ああ、不敗のうしやまよ。ベタ惚れじゃねえか。「おがたは可愛いなあ」「病院に行ってこい。それともイエナガを呼ぶか?」「あいつには前にもう相談した」「したのかよ…」おがたは正気かという顔。その顔も可愛いぞ。そういやイエナガの奴も呆れた様子で言ってたな。『それはきっと不治の病/牛尾』

Kiwrb ob reasonably small

こいつをこんなに甲斐甲斐しく世話する日が来るなんて…いや、警戒心の塊のこいつが俺にこんなに世話をさせてくれる日が来るなんて。世の中何が起こるかわからんもんだ。「…そういや初めて会った時、あんた、イエナガをこうして面倒みてたよな」「あ?そんなことあったか?」「今じゃなくて前の時だ」

Kiwrb ob reasonably small

イエナガさんw