Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) /「シライシ」の検索結果

Kjabwkvd reasonably small

娼館の入り口でシライシと対面した時の「よぉ、シラシイヨシタケ…」って言ってる先生のどアップの原画がとてもとてもとてもやばい…ほのぼのニコニコのかけらも無い…野生の雄な囚人うしやまたつうまだ…。

Kjabwkvd reasonably small

イエナガさんですら退場してしまうあたり、いま生き残ってる刺青持ちの人らもあっさり退場してしまうんでないかと気が気じゃない…。最後生き残った囚人はシライシだけでしたとか……ないよね?だいじょうぶだよね?

Kjabwkvd reasonably small

尾が先生についてノロケめいた事をするのはだいたいシライシかリパさんで、たま〜にポロっと話してくれる。でも質問責めされるとンギィって顔して口を閉ざす。先生は無自覚にノロケを振りまくけど意図的にがっつり話すのは意外とキロさん辺りだったら面白い。キロさんもうんうんって聞いてくれそう。

Kjabwkvd reasonably small

スギモトとオガタがやいやいと喧嘩してて、リパさんが杉を、先生が尾を止めに入り、首輪を引っ張られる犬と首根っこ掴まれた猫みたいだなぁと何もせず見守ってるシライシ。みたいなそんなワチャワチャした牛尾+ゴ…トリ好き。

牛尾/高校を卒業して数日、隣のクラスだったおがたくんを見た。独特の雰囲気の彼は、物静かな割にスギモトくんやシライシくんみたいな賑やかな子と仲が良かったと思う。話した事はない。そんな彼が夜の街を歩いてた。隣には一人の大柄な男性。あれ?うしやま先生?二人は人混みの中に消えて行った。

Kjabwkvd reasonably small

牛尾+巻き込まれたシライシの何が好きって、一番ワガママしてるおがたが最年少っていう。じゃあ最年長うしやまがしっかりしてるかと言うとそういうわけでもない。とりあえずシライシ苦労してて。

Kjabwkvd reasonably small

RT 牛尾に巻き込まれるシライシが好きだからこの手の小ネタは全部同じ世界線って事で。がんばれシライシ

牛尾/みんなでワイワイお酒飲んでて端の方で一人で気ままに飲んでるおがたを見つけたシライシが絡みに行くんだけど、声を掛けてもスンと素っ気なくて、何か食いつきそうな話題…と選んだ結果。「最近うしやまとはどう?仲良くしてる?」なんて聞いてしまう。踏み込んだ質問だったかもと、

Kjabwkvd reasonably small

ドヤァ…と自慢げな顔をされた。アイコンタクトで分かる。コレ俺の、とでも言いたげだ。あ、大丈夫だわこの二人。心配してやったのに損した。「うしやまサン、甘酒奢って」「あ?なんでだよ」不貞腐れつつシライシは先生に絡み、優しい先生はほんとに甘酒を奢ってくれた。おがたのを買うついでだけど。

Kjabwkvd reasonably small

しかし彼の不安を他所におがたはほっこり顔。強張ってた表情も幾分か緩んでいる。先生の予想的中。よしよしと満足げな先生。ふとシライシが気付く。あらわになった先生の首元。服の襟の影に真新しい赤い吸い跡が。えっ、と思っておそらく犯人であろうおがたの方をつい見てしまう。すると彼と目が合い、

Kjabwkvd reasonably small

拝殿へ並ぶ列に並びつつ、人混みが苦手なおがたを先生が気遣うが、やっぱりおがたは無言。「お前、寒いんだろ」「…」「だからマフラー巻いてけっつったのに。仕方ねえなぁ」先生はおもむろに自分のマフラーを外しておがたの首に巻いてやった。そんな事して大丈夫なの?とシライシはあわあわしてる。

Kjabwkvd reasonably small

牛尾/みんなで初詣に行って、でもおがたは全く楽しそうじゃなくて、わいわいしながら進むみんなの最後尾を黙ってついてくるだけ。先生が「甘酒飲むか?」なんて声を掛けても「要らん」と冷たく返す。うしやまと喧嘩でもした?なんてシライシが心配する始末。ごった返す人混みの中、

Kjabwkvd reasonably small

あと、「俺ってば中尉に期待されてる〜フフン♪」なキクタさん可愛い。それと193話表紙のシライシすんごい憎たらしい顔してやがる!妖怪か!

Kjabwkvd reasonably small

3巻でのめんこい坊主発言とか4巻でのシライシとの追いかけっこからのアジトに来たシライシをとっ捕まえる流れも大好きだし、殺人ホテルは先生の魅力溢れまくりだし、タ張での杉達救出&連れ発言とか4人珍道中と偽コ夕ン編とか、もう先生が写ってるコマ全部好き。

Kjabwkvd reasonably small

海賊さんのことシライシは知ってるって事は二人は面識ある?顔合わせたら強制戦闘避けられないのでは…。

Kjabwkvd reasonably small

牛尾宅で飲み会。杉や白、谷やキロと男だらけでむさ苦しく盛り上がる中シライシが「そういえば今日、13日の金曜日じゃーん」なんて言い出しスギモトが「それ殺人鬼が来るパターンじゃねえか」と悪ノリして二人で「ヤダこわーい」なんてケタケタ笑ってたので、ほろ酔いなおがたはコソコソとキッチンへ。

Kjabwkvd reasonably small

牛尾/「うしやまっておがたチャンに甘いよね」いつだったかシライシにそう言われた。当たってるような気もするが、違う気もする。俺のやる事は別におがたの為って訳じゃない。何かのついでだったり、さして労力のかからん事だったり。まあやってやってもいいかと思う事だけをしてるわけで。

Kjabwkvd reasonably small

「俺とあんたで揃いのモン付けてりゃアイツらも気づくだろ。特に目敏いシライシあたりが。そしたら連中にしこたま酒を奢らせてやる」「え〜、普通こっちが奢るんじゃねえのか?」「知るか」おがたは先生に体当たりして横に押しのけると、自分も歯を磨き始める。鏡の前に並んで、二人で仲良く。

Kjabwkvd reasonably small

っあ…(四巻確かめてきた)(本当に背景が土陣営アジトだった)(しかも先生が写ってた)(シライシにデコに釘刺されつつけろっとしてるシーンだった)(過去に先生がいた場所に今おがたがいるという事実)(動揺を隠せない)(今週本誌は実質牛尾なのでは?)

Kjabwkvd reasonably small

最後のシライシが「結局金かーい!」って感じで、そういうとこやぞシライシぃ~。それでこそシライシぃ~。

Kjabwkvd reasonably small

見事に上を脱がせる事に成功したものの、たぷんとズボンに乗ってる緩んだ腹肉に「あれ?」と首を傾げる頭巾ちゃん。無言で見つめられて居た堪れないシライシ。頭巾ちゃんはおもむろに手を伸ばして腹肉を二、三度たぷたぷすると「まあこれはこれでヨシ」と妙に納得した顔をしててシライシも複雑な表情。

Kjabwkvd reasonably small

頭巾ちゃんがへーた師匠の入墨に芸術欲を刺激されるも師匠は残念ながらこのあと退治されてしまい、もっと描きたかったなーと名残惜しんでたらシライシも入墨持ちと知って、「フンフン💨(描かせろ!脱げ!)」「キャーッ!やめてー!💦」となる頭巾×白。

Kjabwkvd reasonably small

①ゴトウのおっさん②尾に撃たれた人③シライシ④ヒジカタ⑤ウシヤマ⑥つやま⑦ニヘイ⑧ヘンミ⑨イエナガ⑩茨戸の入れ墨⑪親分⑫夕張でエドカイくんが掘り起こした入れ墨⑬スズカワ⑭稲妻⑮シトン⑯トニ⑰ガンソク⑱人斬りヨウイチロウ⑲セキヤ⑳へーた師匠←new!

Kjabwkvd reasonably small

シライシが把握してない入墨囚人って何人くらいいるんだろ。というか逆に把握してる人数が何人なんだ。そこ杉とリパさんと情報共有してるんだろうか?

Kjabwkvd reasonably small

シライシがノリ子さんみたいな美人見てもノーリアクションだったってやっぱりそう言う事だったのね…