Twitter だいの Dai_lvl | だいの(Dai_lvl) /「軍曹」の検索結果

Pvev a57 reasonably small

サラッと軍曹出てきたけどコイトくんは無事ですか?

Pvev a57 reasonably small

軍曹がシロクマ見ちゃったら助けられなかった彼を思い出してちょっとシュンとしちゃわないかな…。

Pvev a57 reasonably small

頭巾ちゃんのこと軍曹はちゃんと中尉に報告してたんだね。中尉の情報網でそこから露に探り入れてもろもろ分かっちゃうかしら。本名みんなに知ってもらえるといいね。

Pvev a57 reasonably small

あとコイトくんと軍曹が今週完全ノータッチなのが不穏…なようで逆に安心。さすがに映らない所でしんじゃうとかないでしょ。えっ、無いよね?

Pvev a57 reasonably small

最後の月と鶴の視線はアレか。瀕死の少尉に一瞥くれただけで声もかけない中尉と、そんな中尉に対して「貴方と言う人は…まぁ知ってましたが」っていう軍曹の無言の眼差し?

Pvev a57 reasonably small

あのな、コイトくんの事をすっぱり見捨ててくれるんならそれはそれで分かりやすくていいんだけどもな、軍曹が彼を守りたいのか切り捨てたいのかいまいちハッキリしないのが怖いんだ。どっちに転がるか分からない。モヤモヤして不気味。210話以降軍曹が未知の生物になってる。

Pvev a57 reasonably small

最後の中尉と軍曹の目配せなんなん?怖い……。

Pvev a57 reasonably small

あと軍曹の「昨日は素直に聞いてくれたのに…」が重い……。なんか、うまく言えないんだけど、重い……。

Pvev a57 reasonably small

一緒にチタタプしてたら軍曹と少尉とも仲良くなれてたんかな…。

Pvev a57 reasonably small

そもそも今回の軍曹闇深案件の引き金になった「満鉄」についてハナザワ氏の親友だったコイト父は疑問を持ってないんだろうか?おがたのたった一つの入れ知恵でコイトくんが勘づくぐらいなんだから。少将の立場にまで上り詰めたお人だし、実は思うところがありつつ中尉と行動を共にしてたり?

Pvev a57 reasonably small

直後のコイトくんの「中尉すごい~」は演技だったらいいなあ。誰かさんが「興奮すると早口の薩摩弁になりモスから」って言ってたし、標準語使ってるあたり普通に正気であってほしい。軍曹の暴露がショック過ぎて覚醒して興奮しても標準語が使えるようになったっていうのでも面白いけど。

Pvev a57 reasonably small

「消せはするけど痛手になるからやめとけ?しにたくないだろ?」って事よね。軍曹の「その汚れ仕事をするのは私です」が「私は貴方を躊躇なくころせますが、貴方は大人しくころされる覚悟も、抵抗して私をころす覚悟もないでしょう?」って言ってるみたいだ…。

Pvev a57 reasonably small

替えの無さそうなコイトくんがかなり重要よね。しかも海軍少将の父親付き。二人とも生かしておいて最大限に働いて貰うも良し。父親をハナザワ氏と同じように葬ってU作さんやおがたで実現しようとした「師団を導く存在」にするも良し。軍曹は消せると脅してたけどここで彼が抜けるのはかなり痛いはず。

Pvev a57 reasonably small

まあ裏方部分は軍曹やウサミやニカイドウもいるからどうにかなりそう。そういった汚れ仕事もつつ師団の象徴ともなり得たおがたって実はかなり重要ポジだったのでは?造反発覚で連れ戻すのではなく即処分となった辺り、余所に行かれたら脅威っていうのと、もう懐く事はないって中尉の判断かな。

Pvev a57 reasonably small

中尉があの二人を手懐けようと思ったのが凄い。都合がいいようでとても面倒じゃない。実際、軍曹は9年手間暇かかってるし、おがたには脱走されてるし。中尉に育てられた末路の両極端みたいな二人。こういう能力と気質の二人を両手に従えられたら具合がよかったんだろうけどそうはならなかったね。

Pvev a57 reasonably small

210話事件直後の自分の感想読み返してたら軍曹のこと考え始めちゃって芋づる式におがたとかこいとくんとか中尉のこと考えちゃって止まらない。えっ、なにこれ怖い……。沼……?

Pvev a57 reasonably small

今後軍曹が卑屈拗らせ過ぎた時にうっかりコイトくんが「貴様はそんな人間では無い。そんな人間がこの世にいていいわけがない!」しないかちょっと心配。

Pvev a57 reasonably small

でも二人共「自分が一番分かち合いたい部分を分かち合える相手がいない」って部分は共通してて、おがたは足掻いてて、軍曹は諦めてる。そこが真逆なのね。真逆なのに似てる。和解してタッグ組んだら最強そうなのにそうなる道筋が絶望的。

Pvev a57 reasonably small

自分と他人は違うと認めればいいのに「皆、俺と同じはずだ」と暴走するおがたと、自分も誰かと同じなんだと受け入れればいいのに「俺は人とは違う」と頑なな軍曹。似た者同士と思ってたらむしろ全く真逆なのかもしれないこの二人。どっちも極端。誰しも人と同じとこもあれば違うとこもあるでしょうに。

Pvev a57 reasonably small

軍曹としては「立派な父君を持ち、彼に対して思うところはあっただろうが報復も果たせた。なのに何の文句がある」って思ってて、おがたは「俺もあんたも欠けた人間で、俺はそれを埋めようとしてんのに、"お前は恵まれてる"とのたまって何様だ。諦めてる人間がとやかく言うな」って。そりゃ仲悪いわ。

Pvev a57 reasonably small

軍曹とおがたって父ごろしの共通点や似た境遇だからこそ同族嫌悪しまくってると今まで思ってた。けど軍曹からしたらご立派な父君をお持ちのおがたも“恵まれた人間”なんだろうな。おがたも軍曹が線引きしてるのが言動から滲み出てるから「なんだこいつ」と思ってそう。勝手に恵まれた人間にすんなと。

Pvev a57 reasonably small

「貴方達は救われたじゃないですか」とまるで自分は救われていないような言い方をしたくせに、次の瞬間には「彼について行ってる者達は救われてるんだから。何の文句も無いはずだ」と決めつけてる。彼に一番ついて行っている自分は救われていないくせに。とても矛盾。ぐらぐらじゃないか軍曹……。

Pvev a57 reasonably small

今週のやんじゃん読んでより一層、リュウを撫でてたあの手が軍曹だったらいいなと思った。

Pvev a57 reasonably small

軍曹の「救われたじゃないですか」フェイスを待ち受けにしたら朝も二度寝せず起きれそうだし、仕事も頑張れそう。