Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2017年12月6日のツイート

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

"風が止み静かになる状態をあらわした2字。「凪」は日本作だが「不風」は大陸の作。国によるあらわし方の違いが楽しめる類稀なる好例"とツイートしたが、『蓮成院本名義抄』と『同文通考』の義の注が同じ(スゴい!) pic.twitter.com/XfKQ1UXjyW

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Mikanixonable カタカナも漢字に利用されると言えば「機」の略字なども想い付きますが、馴染み深いもので言えば「囲(ゐ)」?圍の韋の下部の「ヰ」かもしれないですが、もしかしたら「井」の訓読みか,「ゐ」のカタカナ「ヰ(井)」を音符にした圍の略字の可能性も?とか pic.twitter.com/bSyr1Fp2n7

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@39dayzero そんな発想です。南方の方言字では一部を無くすことで意味を反転させる造字方もみられます。「不明」と書いて「暗」になる漢字が9世紀頃からあります。 pic.twitter.com/7Smo7KT0XU

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Mikanixonable 电を使えば容易にいろいろなカタカナ語が漢字語化できそうです

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

明治44年の『線音雙引漢和大辞典』の国字一覧には明治の新造字がみられる。
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

実際のところ「電話」とか「電信」などが一字になっているのだから勢いで続けば面白かったのに
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@39dayzero スピーカーなら耳偏に电でも通じそうなのでそれで代用できるかも(^q^)

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

電気が通うものを集めた「电部」がうまれる(^_^;)<RT pic.twitter.com/UYjrUXSaXh

明治の何でも日本語化する精神が今も引き継がれていたらどうなったのか

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

2枚目の画像にあるように「ゐる」を「いる」としてしまいがちなのでWordの検索機能を利用して「いる」を摘出しようと思ったら「ゐる」まで引っ掛かってしまう様子。。。なんでよ… pic.twitter.com/jBiSNDvu6c

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

一方この時代は、欧米の言語とその表記に触れ始め、欧米の言語表記と日本語の表記をくらべたとき漢字の表記に疑問をおぼえる人や字画の難しさなどから漢字廃止論をとなえる人もあらわれはじめる…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

27.文明の開化を感じさせる近代日本の新文字。世界各国の歩みから遅れをとっていた日本。政治や文化において大きな変革をもたらした時代。「俥」の文字は明治5年に人力車として用いられるなど次々と新概念を漢字に倣って表現した。明治20年代には「糎」「瓰」など「気象用新文字」がつくられる。 pic.twitter.com/6DTH7k18ym

明治学院大学図書館の「デジタルアーカイブス」では『和英語林集成』の手稿をはじめ、いろいろな版が引ける画期的なサービスで私立大学図書館協会賞を受賞。
mgda.meijigakuin.ac.jp/mgda/waei/

「てんこ盛り」は『日本国語大辞典』に1834年の用例がある。1886年『和英語林集成』三版の用例もあり、辞書欄がないから古辞書や『和英語林集成』再版と『言海』にはないと分かる。『和英語林集成』は初版・再版・三版対照総索引(港の人)が便利だし、明治学院大学のデジタルアーカイブでも引ける。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@no_tenkey @NIJL_collectors チュノムにも似た造字法のものがありますが関係あるのか気になります。なんかワクワク\(^o^)/ pic.twitter.com/sPG8SE47JG

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@no_tenkey @NIJL_collectors 書名は失念してしまいましたが乒乓は兵隊が右左と足をあげて歩む様子を表した文字と解説されている日本の書籍がありましたね。この意味で用いた中国の用例はまだ確認できていません…(大陸では水の打つ音、読経の声などの意が見当たります)

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

おそらく魚偏が好きそうなフォロワーをフォローした

初めて見た!

 よろめくあし
「乓乒足」

(花笠文京『開明小説/四季の花籠』明治17.6、国文研, ヒ4-489 school.nijl.ac.jp/kindai/NIJL/NI… ) pic.twitter.com/pjLbUKQlOp

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これらのチュノムはベトナムのユニークな表現だと感じる。羽ばたきつつ空中でからだが静止しているように見える現象は容易に想像つくけれど。 pic.twitter.com/WTUj4G3AmW

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

艸部の漢字の総数をunicodeと中華字海で数えたが、なんと5,000字以上ある…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Kei5_k 初耳ですが、この字は一体何でしょう。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Kei5_k あら、字喃で「⿱上亅」と書くこともあるんですね。これは古壮字にもありますがもしかして共通でしょうか。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

艸部の漢字だけで分厚い字書一冊できそう

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Kei5_k さすが数が最多といわれる艸冠ですね…数打ちゃ中たるというレベル(?)