Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2018年10月4日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「的」の字を早く書こうとすると「の」の字になるという

台湾が「の」を使うのは何の影響なのか

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

上下の線の長さ、です

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

[1G0537]と[1G0538]って別字なんですか?よく見たら上下の先の長さが違っていて「二」と「〓」みたいな・・・声符の判定で決まりそうだけどどうなんだろう。 pic.twitter.com/ewYB2DCqxh

戸籍係だったころ全読できていたかはともかく、大漢和と康熙字典の親字は全部見ました。で「俺これ全部覚えないといけない」と、ある種の強迫観念に囚われていましたねぇ、私。いまは「調べれば分かること」は覚えなくてもいい、と気を楽に考えております。>一個前RT

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

1級は高校の国語教師の勧めで勉強することになった。高校の図書館で大漢和を読みふけり授業中に漢字ばかり書いていたらそれだけ漢字に詳しいなら余裕よって言われ受けることに。実際にテキストを買ってみると悪戦苦鬭。聞いたことがない言葉、見たこともない漢字の羅列・・・。好きだけど嫌いになった

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

(ちなみに私は漢検は持ってます。1級も勉強しました、落ちましたが。難しいです)

いま、中国古典をやっている人間で、漢検を持っている人ってどのくらいいるのだろうか……

学生時代「なんだこの漢字、画数ばっかり多くて、今までの生活でみたこともないや、なんだこれ」と思ったが、かなり頻繁に出てきたので、ああ、これはレアキャラじゃないんだ、覚えなきゃならんのだな、と思った。 pic.twitter.com/lKQ5YGiRao

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

たしかに…古典には強い。知っているだけで随分ちがう<RT

たしかに漢検1級は趣味・教養の世界なので、数検や英検と比べると実用性に乏しいかもしれないが、明治の文献や中国古典を読むための強力なツールになり得ると認識している。漢検1級の価値が下がることはない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

とにかくいろんな漢󠄁字を知りたいのが漢検学習者である漢字について何故そう読むのか、なぜそう書くのか、いつ頃からその意味で使われるのか知りたいのが漢字研究者というイメージ。私の中で。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢検の勉強をする人と漢字研究をする人は目標が違っているので一緒くたに語っちゃいけない。多分。

一般の日常では使わないような難しい語義になるほど、どういう文脈で使われてきた言葉か、が重要になってくるのだけど、ネット上でみかける漢検1級勉強してます的な人は、そういうところに注意を払ってるようにはあまり見えないんだよね。

『漢語大詞典』でも動詞として「おさめる」の意味を持つ用例は『鶡冠子』の用例を一例載せるのみの特殊な用法になる。それこそ先秦諸子や出土資料に興味がない限り普通は使わない読みになるんだけど、漢検勉強者はこういう読みだけ覚えてどうするんだろうか?日常生活で使ってみるんでしょうか?

ちらっと眺めてた漢検受験勉強サイト
kanken.jitenon.jp/mondai1z/okuri…
問14李める の読み、私はわからなかったけど、解答の「おさめる」というのを見れば、あぁ、李と理は古代では通じるのだな、ぐらいのことを思い至ることはできるけど、『大漢和』には「おさめる」の訓は採用していないし、

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ケンブリッジは音訳+意訳の混成だった

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

セツ、ソクの読みは文献に早く現れる1916年《彙集雅俗通十五音全本》が出典なのかな。 pic.twitter.com/yS0hr4me5t

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@0120_hagiri 納得とは白川先生の説明に納得したということですか。それとも証拠となる資料があったので納得したということですか

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@0120_hagiri 藤堂博士の著書もいいと思います(学説は少々古いですが)。特に博士が支持している語家族の説は中国語と漢字の法則に当てはまるものが多く学界でも受け入れられています(藤堂先生の場合は無理矢理感も若干ありますがこれからの研究の課題でしょう)。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@0120_hagiri オススメは中国の漢󠄁字学者、李学勤先生の著書か日本の漢字分野なら笹原宏之先生の著書がよいです。資料として主張に根拠がありいずれの先生方も漢字学界で支持、信頼が高いです。なにせ資料として証拠が残っているので。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@0120_hagiri あ~、私が真剣にアドバイスするなら白川静だけはオススメできません(あなたが読みたいのであれば別です)。あの方の漢字学は妄想の世界です。文字学の先生とされていますが漢字の古文字学には全くと言っていいほど貢献しておらず発言の根拠もありません。お遊びで学ぶなら構いませんが。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@0120_hagiri 科学や医学は万人の役に立っても漢字研究なんてほとんどの人の役に立ちませんからね笑
世の中役に立たなくても知っておいて損がないことって多いです。趣味と言われてもその道を極める精神が大切な気がしています。見識の狭い人ではありたくないので!

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中国語学や漢󠄁字学者は漢字学習者や一般人に対して厳しいのでしばしば怖い。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

まあ漢検1級をあーだこーだ文句いう人は漢検1級を合格どころか勉強すらしたことが無い人も居そうだし、やり遂げた人にしか分からないよさや面白さがあるんだろうなぁと思ったので私はここらへんで口を噤む。