Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2018年6月19日のツイート

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

57.和製漢字。漢字に倣って奈良期からつくられはじめ表意性が高い特徴がある。特に平安期以降日本で数々の漢字がつくられるが日本に於ける漢字の使い手や識字層が増えたことがうかがえる。室町期には「躾」や「峠」など独創性が豊かな国字が生まれ、その総数は数千に及ぶが現在まで残る国字は数百字。 pic.twitter.com/8TfcfI4zW7

57.和製漢字。漢字に倣って奈良期からつくられはじめ表意性が高い特徴がある。特に平安期以降日本で数々の漢字がつくられるが日本に於ける漢字の使い手や識字層が増えたことがうかがえる。室町期には「躾」や「峠」など独創性が豊かな国字が生まれ、その総数は数千に及ぶが現在まで残る国字は数百字。 pic.twitter.com/8TfcfI4zW7

地震のニュースを見ながら友人と電話

友「まいかた・・・」
私「ひらかた(枚方)」
友「こうの・・・」
私「かたの(交野)」
友「ふくた・・・」
私「すいた(吹田)」
友「四条・・・?」
私「しじょうなわて(四条畷)」

友「関西の地名わけわからん!」
私「北海道出身のお前が言うなや」

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

栃木県出身なので栃木の地名しか分からないが、接骨木(ニワトコ)、上三川(カミノカワ)、喜連川(キツレガワ)、褥(しとね)、百目鬼(どうめき)、三毳山(みかもやま)、雅楽(うた)、荊沢(おとろざわ)、汗(ふざかし)、朝風(あさっぽ)、真岡(もおか)は難読。読みには方言も遠慮なく用いられるから無限大。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

地名や人名は間違えると失礼とされることがあるので予め確認をとっておくしかない(逆に初見で読まされて読めないからと文句を言われるのはおかしい)。知らなければ初見じゃ読めないものが多い。

国際シンポジウム 「古辞書研究の射程」 | 国立国語研究所
開催期日 平成30年8月25日 (土) ~ 平成30年8月26日 (日) ninjal.ac.jp/event/speciali…

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

古辞書といったら池田先生だね

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@7__0_8 お察しの通り

「勅という漢字に訓読みはないと思うんですけど」でびっくりした

今まで見落としていた朋の品字。天治本新撰字鏡にみえる。漢和の古辞書をあわせてもここにしか出てこないかな。反切もついている。 pic.twitter.com/qER3zJbQXQ

程度の甚だしい様子を表す漢字として宋の時期に現れたと紹介されるが,見た目が複雑なのもあってなのか順序が逆で綴られたり,意味や音が追加されたりして渾沌としてしまった。日本には16世紀に「華奢(花車)」の代用字として伝わっている。 pic.twitter.com/WJlNnNL4f0

@say_neng_A 人に2点つく理由は事あるごとに調査しておりますがよく分かりません。但し日本では少なくとも天正17年(西暦1589年)にこのような書き方があったことは確認しています。又、朝鮮にもこの書き方があることがわかっています。 pic.twitter.com/c0HW2XPZ3O

これを見ると日本の「図」の字形は「圖」が崩れた形から来たのかなあと思う。畄のような崩し方だがヅ(図)のように書くから,という理由もあるのかな。どうなんだろ。大陸の草書や略字では今の簡化字「图」あるいは「囗#(夂*ツ)」のように書かれることがあった(本朝室町期の文献にも見える)。 pic.twitter.com/GV53fWSKOB

糶糴を想起させる文字に「サツ-ラツ(本により読みは一定でない)」がある。草の中を虫がうねうねとゆく様子を表した後世の俗字。字書による初出は13世紀で『篇海』。
#聯緜 #漢字 pic.twitter.com/SjGo9FXsyr

江戸時代『磨光韻鏡餘論』の中巻に世界の文字を紹介する箇所があって,そこで『釋摩訶衍論』第9巻の呪語中に出てくる奇字も取り上げられている。どこの国の文字か「未詳」とされており,「道家符書字(梵字でも漢字でもない)の如し」としている。 pic.twitter.com/587ekHBorC

ひめさんから教えてもらった影響で『新潮日本語漢字辞典』を購入。
約1万円。食事抜こう笑。 pic.twitter.com/5f5B07FcXs

@jit_pun_lang
恐らくそうでしょうね!おもしろいですよね。

明治44年刊の線音双引漢和大辞典には、明治期に造字された漢字が豊富に載っています。

汽車、電気、電車、株式、… pic.twitter.com/2puIKaPA97

購入。『音訓篇立』を揃いで買うと高かったのでそれぞれ別の書店で上下巻を揃えた。あとは索引のみ。 pic.twitter.com/mFnSQ5mgVK

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Patriot_Ryoma 結構有名ですね

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

weiboの意味分からないアカウントや香港の報道機関のページでこのアカウントの内容が(無断)転載され続けている。このアカウントが日本製の漢字だけを呟いている訳ではないが何故か日本の漢字じゃなくても「日本」の文字が入っている。翻訳もテキトーで困る。
hk01.com/%E7%86%B1%E7%8… pic.twitter.com/eJLuyAwhjq

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

しっかり取材してくれればいいのに…と思うがアッチの国では報道機関であってもこの程度だということが分かった。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Hirozo129 拾萬字鏡はすでにweiboのアカウントを持っています。分け合って2つアカウント登録されてしまいましたが…

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

和製漢字の内容はどちらかというと日本で報道して欲しいくらいなんだけどね…。日本の歴史文化の一つで躾や辻、峠といった身近な存在もあるのに、知らない人も多い。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@FloralRaft これからそうします。weiboで画像投稿すると自動でユーザー名が画像に印刷されるのですがTwitterにはその機能がないので、転載も結構問題になってますね。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

正しく取り扱ってくれるなら無断でも別に構わないのですが取り違えているところがあるので…