Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年10月20日のツイート

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

バカ(破家)もあります pic.twitter.com/EJJT8HDwX6

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

普通に「手伝(てつだふ)」とか「口説(くどく)」とか現在常用している熟語も世話字として載っているのだが当時は真新しかったんだろうか。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

手もとの辞書になかった。
「野平等(のへいとう)」「奪取勝(ばいとりかぢ)」・・・当時の流行語(?)

ちなみに1682年の資料。 pic.twitter.com/OYDP9uE8WB

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

俗語にも当て字・・・
1.震動雷電(したらでん)
大雨や大風の様子を形容する語。「鉄砲雨の〜」
2.情強(じょうごわ)
強情を逆に読んだ俗語(ズージャ読み?)。ギロッポン(六本木)と似ている。
3.咄破喝破(とっぱかっぱ)
あわてるさま。「〜家を出る」
4.時石(ずんばい)
石を投げて遊ぶこと。 pic.twitter.com/0zmdYEqUVE

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

世話字と呼ばれた江戸時代の当て字。
口語にも漢字を当てようと室町時代以降独特な字面の熟語が急増した。 pic.twitter.com/72RjVlvo5g

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kaorilavender ボキャブラリが豊かでないとなかなか出ないですね…相手に色を伝えるとき、どれくらい信用できるのか、、、

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@garasuhopper なるほど、ありがとうございます。

アペンドは微妙だけど多分ミクさんは青
GUMIは明らかな緑
ウナは絶対青
(すぐこういうのに反応してしまうひさぎの性) twitter.com/jumanjikyo/sta…

@JUMANJIKYO 空と草原に関しては同じです
山の色は気分によって変わるかなという微妙なラインです
草の緑は青々としてるって意味のとき以外は青って言わない印象があります

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@garasuhopper これがなかなか際どいです。空の上の方は深い青で遠い山の色も(明るい)青、ただ草原の色は緑と自分なら呼びます。 pic.twitter.com/bCisLZXFMa

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@garasuhopper この画像の色の場合は「あお」って呼びます? pic.twitter.com/JSvcLpGDol

@JUMANJIKYO 僕の場合は逆で、小さい頃はなんで緑のものを青って言うんだろうって思っていたのが、小学校高学年くらいから青緑みたいな色を緑と呼ぶことに抵抗が無くなってきました

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

チュノムは京語圏に一応入ってます
京(キン)語がベトナム語なので
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この色だったら抵抗なく青と呼んでしまう pic.twitter.com/IJNc5wbNbk

色彩語について。

宮地 裕 の 「日本語学」特集テーマ別ファイル 普及版 意味〈4〉擬音語・擬態語/色彩語 を Amazon でチェック! amzn.to/35Zu1HA @さんから

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

明るい緑を青と呼ぶことは今でもある(自然に出ちゃう)。
バイト中に青いコーンをいくつ現場に持っていけばよいか無線機で聞いたら"青いコーン?"って問い返されて慌てて緑のコーンですって言い直したことある。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

6才くらいまで緑は深い緑で明るい緑は青という意識だった。
周りの人が山が青いとか青信号とか(緑の車を指して)青い車とかよく言うから。

緑なのに「青信号」日本だけ 訪日客戸惑う交通ルール
headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

漢字の「音読み」で頭から一度読み、それから解釈する、とのことでした。つまり、「有朋自遠方来」なら、「ユウホウジエンホウライ」みたいに読んで、それから「友達がいて・・」と訳文を考える二段階方式だそうです。中国語の文ではない自国で作った古文書でも同じことになる由。

韓国の先生方に一度聞いてみたいと思ったことは、「漢文の読み方」です。日本では返り点を付けて「読み下し」にしますが、これは「訓読み」という、漢字に固有語を当てて読む読み方があるからできる訳です。「音読み」しかない韓国では、いったいどうやって漢文を読むのですか?と伺ったところ、(続

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@_bumpo セイ・シャウの音を持つ「丼」は「井」の異体字で別字ですね。同じ形の漢字ができたと考えるべきものです。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

白い大漢和だ
<RT

ところで最近大漢和辞典の書籍版を新品で買った人をツイッターで見かけた気が…

【ばち】
・弦楽器→撥

・打楽器→枹、桴

撥だけ音読み
#た一メモ

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これはおもしろい。篗・枠もそうだ twitter.com/taa119sn/statu…

今年の「#今年の漢字」の応募箱ができました!
企業や施設に設置していただくと、みんなで「今年の漢字」に応募できます。設置費用は無料。ご希望の方は、下記サイトからご請求ください!(設置募集は11/18まで。なくなり次第終了)
ssl.kanken.or.jp/webapp/form/16…

#公募で決まる pic.twitter.com/z2q2LOmgXD