Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年3月26日のツイート

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@shizuka_50s ありがとうございます。確認ですが電に賞でLEDと読むのは青色LEDがノーベル賞を受賞したためですか?

@pochi_0w0b @JUMANJIKYO 有田川町に「キ(屺?)」という小字名が現存する可能性があります pic.twitter.com/y9mNkrnkP0

出題者「これはどういふ字ですか、ほんとにあるんですか」
回答者「適当に書きました」

得点ならず!
(本当はあったとしても)

出題者「これは何ういふ字ですか」
回答者「これは、音義未詳の字で、何々といふ古辞書に見えます」

得点!!

余がルール作るとしたら、全部書いたあと、書いた人が其の字について説明できたら、始めて得点とするやうにする

乱暴に云へば、適当な偏旁の組合せでも、ほぼ探せばある、てかないことの証明はできない

よって回答者「何々といふ辞書にある」で、スタッフが調べてその通りなら正解とする twitter.com/jumanjikyo/sta…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanji2009 このツイにおける“難しい漢字を地名に当てるほど知恵のある人”とは難しい字を使う事により周りからみて知恵のありそうな人だ(そうみえる)、といったレッテルを貼られた人を指しツイ主の私はそのレッテルを貼った本人です。あの人は頭がいい、あの家は金持ちだ、等とツイートしているのと同じです。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanji2009 人によって基準の違う難しい字とは周りの人から評価されるもの。つまり或る人からみて難しいと判断されればそれは難しい字であり、その或る人が下した難しい字は人によっては受け入れられない場合もあります。

「感」書かれている形で殆どがどっちの書き順で書いたか解ります。

形、筆順は子供たちに教える時は(1)です。大人の生徒さんには両方を説明してから(2)で書いてもらいます。(2)をカッコいいと感じる人、違和感を感じる人どちらもいらっしゃいます。
#文字は綺麗になるか pic.twitter.com/CpiSHLHF0A

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@bu2dan 当て字の類は地名はかなり多いですね。今ではキラキラネームとなってそれが現れています。そこが漢字をどうとでも読めるところが日本語における漢字の難しいところですよね😌

アイヌ関連書物で、北海道地名当字で「内」を使えば良いのに明治期官僚さんが古典の「なゐ(地震)」から『震』で「ない」の読みにした地名がある。
学をひけらかして結局は誰も読めなくなるとぼやいていはったことを読んだことがありますが、その地名を失念してしまったのが残念 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

莇之久保(アザミノクボ):群馬県吾妻郡永井村
囀石(シャベリイシ):群馬県吾妻郡入須川村(現、高萩)
㯃原(ウルシハラ):群馬県吾妻郡大戸村
櫼ノ沢(センノサハ):群馬県吾妻郡大柏木村(現、松ノ木)
癭石(コブイシ):群馬県碓氷郡上後閑村(現、三反田)

群馬県碓氷郡坂本宿小字
榝平(グミタヒラ)(現、城山下),樕平(ホウノキタヒラ),岈峲々々嵓(ガリガリイハ)(現、山居),岷通沢(センツウザハ)(現、道全山),巘ノ峯(ケンノミネ)(現、霧積山),石拖場(イシウチバ)(現、大平),圯橋(ツチクレバシ)(現、笹沢)

『角川日本地名大辞典(7福島県)』より
臑劘/スネコスリ/信夫郡笹谷村/1262頁 pic.twitter.com/Sk9WfBQ28i

福島県の地名で特徴的な『岪』という漢字が和歌山県でも使用されているというツイートを拝見したので『吉備町誌下巻』で確認してきましたー◎
確かに『吉備町大字賢字善岪』があったのですがその隣が『吉備町大字井口字善佛』であり疑問の残るものでした。
また、『嶮水(さがしめ)』という難読地名もー pic.twitter.com/PX9veu03Nt

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本の小地名には都鄙に限らず時々難しい字を使っているものがあるけれど難しい漢字を地名に当てるほどの知識がある人は全国津々浦々居たんだなあという気分になる。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@pochi_0w0b 1枚目の画像のうち屺と䈾谷のように見える地名が気になります

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

黙字って表音文字に見られるものだと認識していたけれどウィキペディア見たら訓読における例も書かれてあった。漢文訓読のときの置き字や「桜子」と書いて「さくら」と読む人の“子”の字も黙字と呼んでいいのかな。他に「和泉(いずみ)」の“和”や「百舌鳥(もず)」の“鳥”にも同じ現象が見られる。