Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年4月18日のツイート

小5のこどもが国語の教科書に漢文があったと言うので見せてもらった。
返り点は教えず(和刻本の写真で存在を示唆)、原文と書き下し文を掲載。 pic.twitter.com/eco7mo2egL

広東語に“口”の付く漢字が多いのは19世紀から20世紀にかけて口語(固有語)の音も漢字で書き表そうという運動が起り既存の漢字だけでは表記できず既存の漢字に“口”を付けることで対応したため。外来の音を訳すときに“口”を付けて表す手法は梵語の経典を漢訳したときから起っており歴史は古い。 twitter.com/jyutjyubot/sta…

中国教育部から《公共服务领域日文译写规范》が公開。中国語を日本語に訳すための規範だけど、日本語を中国語に訳すための資料としても便利。【请勿~】【闲人免进】【小心地滑】のような、会話中心のテキストでは学びにくい、中国の街中の看板で見るような表現の勉強にも◎ moe.gov.cn/s78/A19/yxs_le… pic.twitter.com/VcON2fotaj

@madeinwariofan @nasu_yuzunoka @QPmayonese @zwmn0 「母」「毋」も対立はありません。決して珍しい場合を抜いているだけでなくよく起ることです。まあ字源の面,現在の教育の面から見れば母と毋の使い分けはあるのですが行楷草主流の手書きに於いて字源的に正しいかどうかは考慮されないもので生きた文字が正しい基準になります。 pic.twitter.com/KKOPsr1f1L