Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年4月2日のツイート

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば「着」と「著」は古くから異体字関係で現在は台湾だけが「着」も「著」も「著」一字に統合されているんですね。簡化字区や日本、韓国、香港では「着」と「著」が意味により使い分けられています。 twitter.com/edking999/stat…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@226trax わたしにもムリです笑
相当好きでもなければ精神的にキツい。
漢字が鬼にしかみえないでしょう😅😅

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@226trax 漢字は外国人に人気ですが覚えるとなると挫折ものですよね。勉強つらいでしょうね。大学の英語教師(オランダ出身)は漢字は数が多く画数が多くよくない文明だと語っておられました笑

漢字文化圏の住民は小さい時から楔形文字を勉強していれば1級のメソポタミア文明の読み手になれたのではないだろうかと?思うですね。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

タイムマシンが欲しい。例えば13世紀の中国や日本に戻り当時のどのような漢字が知られているか人々にきいたり、現在なお意味が解読できていない漢字の調査、2019年現在散佚している漢・・・
続きは質問箱へ

#peing #質問箱 peing.net/ja/qs/166741168

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

❌見の周り→⭕身の周り
こうやって同音異種の漢字同士変換ミスしてしまうのも漢字の短所。
知らない漢字が湧いて飛び込んでくる→ここが漢字の好きなポイントという人も結構いる。湯呑みにあった魚偏の漢字とかすぐにハマったよね。漢字は漢字圏の人との間の会話なら話のネタにもなる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

わたしは漢字圏生まれなので物心ついたときにはいくつかの漢字は認識していて当然のように学校で漢字を習ったから逆に漢字の長所が何かよくわからない。好みでいえば見の周りのものや目に見えない心の動き、自然現象、動植物の名前を漢字1~2字で表現できるのがすきなところ。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

oh...昨日言ってほしかった

でも漢字は読みが一定でない、同じ漢字でも形がいろいろある、別解もあるので理解してもらえない、書き順もいろいろ、覚えても覚えても無限に見なれない漢字が湧いて飛び込んでくる・・・などなど実際漢字はマイナス要素が多い。 pic.twitter.com/L0bUEJ73Yx

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

こういうのすごく興味深い・・・さらにこれらを調べることができる資料や環境が整っているも素晴らしい。尊敬する。 twitter.com/sanpiska822/st…

「令和」が万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文だけでなく、そのもとになったとされる文選巻十五記載の張衡による帰田賦の「於是仲春令月時和氣淸」も典拠としているなら、漢籍に基づく伝統も維持しておりよく考えられている。誰が発案者か知らないが漢字文化圏を俯瞰するスケール感で感嘆する他ない。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この4字は『新撰字鏡』に“四字,宇具比須”とつけられており、ユニコードでもすでに割り当てがあるため入力が可能。またフォントなど環境を整えればPCや電子機器での表示がかなう。𪂹(2A0B9)/𬷡(2CDE1)/𬷵(2CDF5)/𮭘(2EB58)
※word入力の場合括弧内5桁のコード半角入力後Alt+xキー。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

168.岐阜市は今朝雨が降ったがいまは青空。ウグイスが鳴いている。新元号「令和」“初春令月,気淑風和”も春を感じさせる句。今から約1100年前に成った漢和辞典『新撰字鏡』には日本らしい造字が収録されている。その字書に掲載があるウグイスの4字。新しい季節や時代に伴ない心機一転する。 pic.twitter.com/5QJuSpvTts

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@takenoma 漢字を生んだ中国、進んだ中国文化を学んだ先人に敬意を。日本に記録が残ったのも日本の歴史が辿れるのも漢字さまさまですよ。

「元ネタ」とか「パクリ」とか言っているのを見て頭を抱えている(この期に及んで命令の令、とか言っているやつらもいるし・・・)。とてもよい新元号発表だったけれども、古典学(広くいえば人文学)の危機をあぶりだしたのかもしれない。
授業でちゃんと伝えないといけないな。気が引き締まる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sumi_sumi0321 今度やってみます。多くの本を買うときいつもこまっていたので助かりました。ありがとうございます。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@truetomb 声かけてみますね。レジにカゴが用意されている場合もあるんですね。御教示ありがとうございます。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@wh_mate10 あるんですね!
声かけてみます
ありがとうございます

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

書店で買いたい本が沢山あって片手ではレジまで運び切れずかつ買い物カゴが置いてないとき皆さんどうしていますか?
あの本棚型のワゴンって客が本を運ぶのに使ってもいいものなんでしょうか?片手に沢山持ちながらまた次の本棚を見るわけですが・・・店員さんに持たせておくのも悪いし。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本の硬貨に刻まれる「令和」がどんな形の「令」で彫られるか楽しみですが、活字なのでおそらくㄗの方でしょうね。“フデ五”が今あったならそれだけ違ったかもしれませんが。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

これは面白い例で、1枚目は楷書体で統一されてるのに、字形が違うと感じたのか、「令」だけ明朝体に張り替えてますよね。明らかにフォントがちぐはぐになるにも関わらず。
フォントによる字形差という概念が一般に理解されてないことを示す場面のような。
twitter.com/expoliner583/s…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sumida01 ~は角張ってないですね。シンプルであることが必要条件でしょうか

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sumida01 なるほど! たしかに!回転するかどうかでそれが符号であるか文字であるか判断できそうですね。あ、しかし“@”や“?”は・・・曲線を含むと回転しにくいので符号の形が角張っていてなおかつシンプルなデザインのものに限られるでしょうか。

【再掲】
「令」もこれらの例と同じくどちらでも構いません。

文化庁指針(漢字のとめ・はねなど)への誤解と早とちり① - マチポンブログ shokaki.hatenablog.jp/entry/2016/02/…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

DMで「令」はどちらを書いたらよいかという質問が複数寄せられているのですが、答えは“どちらでもよい”です。時代にもよりますが全体的に見ると楷書ではマが多い傾向です。明朝体の影響が強い日本や韓国の活字だと下部はㄗになりますが中国や台湾、香港の活字ではマになることが多いです。 twitter.com/nhk_news/statu…

@nikkei 確か公表しないって言ってるのに、こうやってペラペラ漏らす人がいるから携帯預かるんだよなぁ

シンポジウムや学会などで完全に専門外で発表の趣旨とは関係のない質問や個人的感想を延々と語るタイプの方

(続き)時代は変わり、元号を使い続けているのが日本だけになって久しい。元号を使う意味付けは変わった。新元号「令和」の出典は日本の古典『万葉集』だが、漢文の部分は中国人も意味を理解して共感できる。この意味で、「令和」は一部の日本人が思うほど「脱中国」ではない。

新元号「令和」を「脱中国」と評する向きもあるが、歴史的に見ると、日本の元号のコンセプトは、最初の「大化」からずっと「脱中国」である。独自の元号を立てるのは、中国と対等の独立国であることを宣言することに等しいからだ。中国の周辺国で独自の元号を立てられなかった国は、多い。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yukihilog 人の字号まで見出し語に載せている点はさすが大漢和辞典といったところですよね。ちなみに大漢和辞典よりあとに出た中国の『漢語大詞典』や『辞源』にも収録がなかったのでここは大漢和辞典の独自性(長所)かなと感じました。