Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年4月21日のツイート

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@slbzk 意味も大声で叫びたてる意があり不自然ではないし北原白秋も『第二邪宗門』の中で「噪(わ)めく」と使っています

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 古い看板にはよくありますね。舘も旅も見ます

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@litpunlang わわ!ありがとうございます、、なんか言わせたみたいになっちゃって😰😰

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@slbzk わめくに「噪く」を当てても間違いではないですよ。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@litpunlang 漢字博士と呼ばれるより人間性を褒められたい。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@litpunlang そういえば漢字博士って呼ばれるのって結構困りませんか?
なんでも知っていると思われるのがわたしはイヤです。答えられないとき面目を失います。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@denullpo 知りすぎていると出題者が求めているであろう回答に自分が"合わせる"という形になりますね😅

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Shmss_Ardeagle 呤が日本の漢字規格にも含まれているので言偏のときとこれはあまり大差ないカナ、と感じるところです。難しいですね。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sshokaki 普通の文章の漢字表記は殆ど読み仮名(振り仮名)が付いていないので読みは分かりません。読み指定がなく分からなければ読み手が思うように読めるものです。読みによって当て字かどうか初めて判断できるのでこの段階で果たしてそれらが当て字かどうかは判断できないと考えます。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

同じクラスに漢字博士がいたので漢字博士と呼ばれたことはなかった😅😅

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sshokaki 試験では定訓を問うのに社会ではキラキラネームや当て字が許容されているところが教育と矛盾するのでこの矛盾をなくしたほうがいいと思いますね。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「国」や「林」などの読み問題とか真剣に考えたら笑えてくる。前者は多分クニと答えたら丸になるんだろうけどヒトやシマなどと答えたとしても訓読みの性質上バツはつけがたい。可能性として有り得るし訓読み自体がそういうものだから。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

王羲之や弘法大師などが現代の漢字の試験解いたら字形でほとんどバツを喰らうよ。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢検に限らず小中高の漢字の試験で習ってない字や読み,常用漢字表にない字や読みを書くとバッテンになるのが意味不明だよね。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Shmss_Ardeagle ああ~。日本語でその字を殆ど用いないので文脈から使えそうな感じ(漢字)なんですが音もレイなので紛らわしくなるかもしれないですね。
なんだったら⿰令言と順序を逆転させて区別するとか方法はあります。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ゴミって塵のほかに「澇(ごみ)」の可能性もあるだけど、矢張り「土」へんだから塵のほうなのかな。 twitter.com/yonezawaizumi/…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Shmss_Ardeagle 意符をつけて機能分化したもので実際の使用には非常によくできている漢字ですね

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「㬲」などの共作字は『龍龕手鏡』(997)に見える。これらの字は鎌倉時代の日本でも知られていたが「甦」ほど流行せず室町以降残された古い字典を見たものしか知る者は居なかったとみられる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

201~205.連作(字)と共作(字)。甦は南北朝期に発生した「蘇」の会意異体字。後代に更に「更」を使った漢字が複数できた。「甦」を始めとして連想してつくった文字とみえこのとき「㬲」などは「甦」の連作、「㬲」など複数の文字はほぼ同じか同じ時期につくられた文字で共作とよばれる。 pic.twitter.com/5ObUjfDcnf

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@slbzk 客家語圏には歯茎が発達した老人が居るんでしょうかね~
まさかお粥を噛むくらいだとは思いますが😅😅

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

200.歯を失い入れ歯をつけず歯茎だけで咀嚼する老人を指す漢字。客家語。かなり限定的な意味をもつ。辞書には『客方言標準音詞典』に載る。 pic.twitter.com/Wh7Qp9h5d1

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これと同じ原理の漢字例。田と木が交互に並ぶようにした2字続きの語彙で「タンケン」と読む。平面な田と陰をつくる立木を並べてカゲの意をなしたものとみられる。『集韻』という韻書に載っており11世紀には知られていた文字だが現在は使われずどの地域で用いられたのか分からない。 pic.twitter.com/S7I04LWGWh

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

既存の象形字を合体させた会形字とも呼ばれる造󠄃字法による最近の造󠄃字がこれ。原作者は「逆さ富士」と読ませているが使用範囲がかなり限定されるため"みずかがみ"と読みたい。風景画のような漢字。 pic.twitter.com/VgRrNuMskS

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ただこの漢字の非常に惜しいところは読みが商標名であり象形字であるからガンダムに似るところ。漢字含めて文字には著作権がないので新文字であっても使いたい文字は誰でも使うことができるのだが象形はほぼ絵とも言えさらに読みが商標名であると権利が発生するため易く使うことができない。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

象形の造󠄃字は楷書となった現在どうしても複雑になってしまい造󠄃字の難易度が高く新しくできることは少ないがこの字はかなりいい出来。総画数も36?なら既存の漢字にもまだある範囲。
twitter.com/Monyaizumi/sta…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

秋のかりはおそらく獣ではなく稲刈りのかりかな。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

江戸時代は結構漢字の使い分けの意識が強かったみたいだ。
例えば「狩猟(かり)」に於いても「狩(春のかり)」「蒐(夏のかり)」「畋(秋のかり)」「猟(冬のかり)」と季節で用字を変えている。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『童子字尽安見』(1716)を見ると「おしえ」の用字を男子は「教」女子は「訓」と区別している。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Takahashi_63 これは「一」⇔「山(凵)」に筆画変化する現象で亟と凾(函の異体字)の形近混同も含まれて󠄁いますね。「畫」が「畵(この下の部分から現在の「画」)」,「丞」が「㞼」になる例が知られています。