Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年4月30日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

上に山が付いてたか pic.twitter.com/9wfJOcwqyC

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

青の異体字にこんなのなかったっけ

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

実際に異体字はこういうところから発生するのだ、、、その日は近いかも twitter.com/40Nix/status/1…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

かつてわたしも一字姓が気になってツイートしたとき一字姓の人を実際に見たこと聞いたことがある人や苗字の専門家からも貴重なリプライをいただけて嬉しかった。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

外国にしりとりみたいなのあるかどうか投げかけただけでその国のネイティブスピーカーや専門家からリプライがくるツイッターすごいなぁ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これ戦前までは「自動車」などの「自動」を「自働」と書く例がよくあったんだけど戦後なぜか「労働」「稼働」にだけこの用字は残って消えていったね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

人によっては「働」も多いかも。「働」15世紀には現在と同じ「はたらく」の読みで使用されていたことを確認している。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ふと思ったけど「込」って和製漢字の中で最も使用頻度が高そう。「込(こむ)」は平安時代からみえ当時「迫(狭)る」の意でも使われていた(そのため「仄」の変形説がある)。鎌倉~室町期には「(たて)こもる」意、「女陰」の意でも使用された。「入」を「ス」「人」「メ」「八」と書く例も昔からある。 twitter.com/konotarogomame…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

用例が少ないからたぶん階段や梯子をあらわす記号のように用いていて便宜上「丰(feng)」と読んだんじゃないかな。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「丰」に階段という意味があるらしいが古典には『広雅』に注があるのみでほとんど用いられなかったみたい。おそらく階段の形がまさに「丰」の字のように見えたため階段の意を「丰」であてたのだろう。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@maxcat2485 タイムリーなネタでありがとうございます!

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

目の前は依然として本の山です pic.twitter.com/wpn1IzOISS

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

覚えていませんねぇ。小さい頃から合わせてもまだ数十万円かも。今月は字典に1,000円だけしか使っていません。値が高い資料は諦めて所蔵図書館に赴いて必要箇所を複製しています。

#peing #質問箱 peing.net/ja/qs/189777243

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kamonnanami 文頭に悉曇のBeginning markと文末に悉曇のSection markがついているので梵字に間違いないですね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「璽」は漢字圏だと日本以外に台湾と香港が常用字に指定しているんですね。
「玺」(簡化字圏)は常用外みたいだ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中学校で璽なんていつ使う字なの?と思ったことがある皆さんがこの字を日常で一番目にする時期が来た。 twitter.com/sshokaki/statu…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Micky__0125 @875izumi_an1231 回鍋肉(ホイコーロー)みたいな感じでね。