Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年5月23日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「役割語」で思い出したが老翁の自称語「わし」の漢字表記「儂」は役割語ならぬ役割字のよう。「儂」も「俺」も中国では自称語だが日本ではそれぞれ「ワシ」と「オレ」と当てて表記上で役割を分担している。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

友達を追加するとタイムラインがにぎやかになるSNSにも通じるところがある。これも「伽(とぎ)」か。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「伽」は漢字にもあるため中々話題にされないが日本では室町時代より「とぎ」の意味で用いている。日本特有の概念。トギは退屈を慰めるための話し相手や自分の面倒を見てくれる人のこと。「伽」字を「人」と「加(くわえる)」に見立てたものとみられる。寂しさをまぎらせてくれる人の恩を感じる。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『倭字攷』がいま確認できる早い例。成立は1859〜78年と推測されている。ただこの資料はさらに曲亭馬琴『燕名雑志』を引いている。もしかしたら「鱚」は馬琴がつくった漢字かも。 pic.twitter.com/r26gFvQqDl

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Nefle_SCP 『倭字攷』が初出っぽい。ただこの資料は具体的な成立年代が不明で1859〜78年と推測されている。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば江戸時代までの文献や古典に「鱚」の字を見たことないんだけどこの字は最近つくられた国字なんじゃないかな。初出はいつだろう。古くはないはず。 twitter.com/Micky__0125/st…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

旧字体という言葉のせいで異体字を異字体と呼ぶ人が多い

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

近くには門に勢と書く「せいそろへ」なる文字もみえる。一門の軍勢が集まる意。 pic.twitter.com/GFO0ufOd4U

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「しろをかづく」
門の中が家になっているが広島の地名字「𨵱(かずき)」と関係あるかも。武家の位相文字だったらしい。1681年刊『武家節用集』から。 pic.twitter.com/QpVbwuT6pR

「言葉は變化する」と云ふけど、
「いはゆる『百姓讀み』を正す方向への變化」が有つても良いはず。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Shmss_Ardeagle なるほど。訓読ですか。御教示有難うございます。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「貼付」普段使う読みは

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ああそうか、貼付はテンプと読む人もいるのか。辞書にも載っている。 twitter.com/chiriruno_kanj…