Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年5月3日のツイート

小学 1 年生の学習漢字で,《常用漢字表》の漢字音に,
呉音しかないもの:
「足七田上十字空六目二入百八手町学」

漢音しかないもの:
「青石耳玉花休山赤校夕」

最近は〈肉〉字の /ニク/ は訓読みあつかいでいいんじゃないかと思っている。

@JUMANJIKYO 2chの孫引きのヤフー知恵袋ですが、まぁご参考までに: 掛け声MIXについて detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de… #知恵袋

【お知らせ】5/4(土)~5/5(日)の2日間、池袋の #辞書部屋 を開室します。気になることばについて語り合ったり、ことば遊びに興じたり、そしてもちろん指紋がすり減るまで辞書を引いたりしましょう。初めて参加を希望される方は、場所などを案内しますので本アカウントまでDMをお願いいたします。 pic.twitter.com/6bmfd9Wtj2

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

菹かな。

「⿱艹⿰虫且」の「⿰木⿴囗古」焼き、まずもってこんな字がどこにあったの?

昨日見つけたものですが、順番に【寶】、【難】、【偉】の異字です。 pic.twitter.com/x15vd4g0FU

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

このような自然発生的にうまれた掛け声の成立過程やその言葉になった経緯、それに法則があるのかどうかなど気になるんですよね。 twitter.com/Takuboon0903/s…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

1717年に成る『書言字考節用集』は日本語圏にはなかった漢字に対して積極的に和語を当てる性格があるのだが、力を出す意をもつ「搰」に「ホネヲリ」の和語を当てたのは中々すぐれている。他にも太鼓の音を表す「闐(音読みでテン)」を「闐々」として「ドンドン」と訓をつけている。

‘Tail-end check valve’
[mattan shiken ben]
👍 Neat style of 而 in 端, looks like a brush
👎未 should be 末 pic.twitter.com/x16Qoomll0

江戸時代中期には既に「ありがと茄子」ならぬ「かたじけ茄子」があったらしい。 pic.twitter.com/j2UaToJVGb

というか天明8年(1788)刊行の黄表紙にそのものずばり「一富士二鷹忝(かたじけ)茄子」というタイトルの絵草子があった。「参」と「忝」の字形の相似を使った洒落の模様。
jpsearch.go.jp/item/dignl-892… pic.twitter.com/XDAgVs3HGb

手帳の略字なんですが、曜日に関しては書く回数が多すぎて先鋭化の進みがヤバく、現在はこんな感じになってます。 pic.twitter.com/87BPbzKUBn

自分の咄嗟に出てくるとんでもねえ略字をあさるのがメチャクチャ好きで(なんなら気に入ったら使い回し続ける)、最近はなかなか豊作続きなのでワクワクしながら手帳を読んでしまいます。ぱっと出てくる最近の愛い略字を集めてきました。 pic.twitter.com/PyszVbvbgv

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

お、「一字化」の新例(^^) twitter.com/tmm__1104/stat…

ウメが漢語「烏梅」を語源とするのであれば、ウメを「烏梅」と書くのを、仮名表記であるとか、音訳であるといえるのか、という問題。

『静岡市の大字・小字名集成 江戸時代より現代まで(駿河古文書会 昭和52年)』に書かれていた文章。

〔お断わり〕
台帳、地籍図記載の漢字で、明らかに誤字と思われるものも数多くあった。何回となく書き写している間に、誤写されたものと思う。現地の調査結果に基いて、訂正し記載してあるが、

既に消滅した小字名もあり、また誤字が充てられたままで読まれているもの、例えば、[木嵐]を(カエデ)と読ませているのを、楓と訂正せず、また南安東の餝免(カザリメン)は「錺」と思われるが、そのまま記載してある。このような例は、非常に多い。(編者)

清水義範『笑説大名古屋語辞典』角川文庫1998
"放課とは、全国的に授業と授業の間の十分ほどの休み時間を指すものだと思って何の疑問ももたなかったので、単行本の時には取り上げなかった。ところが、全国的には、学校の授業がすべて終った後のことを放課と言うらしいのである。"

愛知県の方言、休み時間を意味する「放課」の、昭和十年代の用例。 pic.twitter.com/1oypfDsZo0

この手の新しい方言は、伝統的方言集に載りにくいし、「気付きにくい方言」であることからも、新しめの方言集にも、あまり載っていない。
井上史雄ほか『辞典〈新しい日本語〉』では、高橋顕志・井上史雄「気づかない方言 全国分布図1995速報版」を出典とする。

@KanoKijuro 国字の纐は漢字の𦇦がもとの字で、日本でも『色葉字類抄』(1181頃)は“𦇦纈”としています。𦇦は朝鮮の『三国史記』(1145)に「𦇦纈」と出てくるため朝鮮の国字とされることもあるのですが敦煌文書(P.3798)に同じ熟語の落書きが出てくるため朝鮮の国字ではなく漢字の可能性が。 pic.twitter.com/rHnWIzsPl4

@JUMANJIKYO @KanoKijuro 敦煌文書にもう一例"𦇦纈"の例を見つけました。『開蒙要訓』(Stein 5463)(顕徳5年(958年)12月15日筆写)の末尾の本文とは関係のない書き込み(?)に見えます。
idp.bl.uk/database/oo_sc… pic.twitter.com/dfprw4HgBE

日本語圏で独自に発展した特徴的な漢字(=和風漢字)を日本古典から収集。赤字は読み、青字は掲載資料の年代(世紀)。

純和製漢字も多いが別字衝突もあるため和風漢字と呼ぶ。廃れた文字は多い。
#やまとよみ #和風漢字 pic.twitter.com/vLAHCTHMRe