Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年5月5日のツイート

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

室町期の資料に[⿰魚益](マス)という漢字表記を見つけた。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kisaragi_rosei なるほど。その認識ならば上のツイートの“雑に書いた「とめはねが正しい字」”とはどういう意味?教科書体に近い字からしても正しくないように見える。3、4画目は教科書体や明朝体では止めでデザインしないし。

色んな書体で書いてみた。
どれが好きですか?私は一番下の隷書が好きかも(笑)
#三種の神器 pic.twitter.com/fnj3QzGOKy

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

闒っぽくも見える。難字抄って何か似たような本で引用していなかったかな

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

門構えのなか一体どうなっているんだろう?右脇に「同」とあるけど上の注は「脇肋(ソハヽラ/ケウロク)」。そば腹のことかと思う。下には「難字抄」とある。《塵芥》 pic.twitter.com/moSHLIsZsw

東魏陸順華墓誌「𡚴」

浙大墓誌庫(浙江大學圖書館古籍碑帖研究與保護中心 中國歷代墓誌數據庫)
csid.zju.edu.cn/tomb/stone/det… pic.twitter.com/KbPOvVYFMr

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@2xccc わたしもそのように思います。送り仮名はこの場合付けるのが自然ですよね。
「~するよう願ます」など「願」の場合は送り仮名がない表記もみるので字種や時代にもよるのかなと考えているところです。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sarasvati635 ありがとうございます!このツイート後まもなく @yamashu44 さんから笹原先生によると~らしい、と教えていただいたのですが書名や書影等の情報まで把握していませんでした。

妛のようなことが起こっていたんですね。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

読み上げに用いられたこの文章中に「願って已ません」とある、というのはそう聴こえたことからのでっち上げかも。仮名書だったと思う。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

鍵アカウントの方から
“舌ったらずに「やみません」と仰ってるようにも聞こえる”とありました。
確かに安倍首相の滑舌の悪さを鑑みると「やみません」と言った可能性があります。なぜなら首相官邸HPにある原文が仮名表記だからです。わざわざ「已ません」のような奇妙な表記に変えたとは考えにくいです

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@wind18 たしかに・・・安倍首相の滑舌の悪さを鑑みると「やみません」と言ったように聴こえます。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Shirosan001 これは現在の義務教育、高等教育だけでは読めない人のほうが9割くらいいると思います。しかも「やむ」は誤読のおそれから送り仮名が付くことが通例であり「已む」「已み」となるはずです。「已ません」はちょっとわたしからみても奇妙な表記です。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

上記文「首相官邸のHPに」と訂正。
ところでスピーチやプレゼンのときは自らが読む文章にはあらかじめ振り仮名を振っておくことを推奨します。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「願って已(やみ)ません」って表記はそう書かれていたとしたら常用漢字表外なので結構読むことは難しい。しかしこの文章は安倍首相自身が書いたものではないのかな🤔
自分で書いたものだとしたら読み間違えないはずだし疑問が残る。
首相官邸にHPでは仮名表記になっている。
kantei.go.jp/jp/98_abe/stat… twitter.com/Harunchan123/s…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kisaragi_rosei とめはねが"正しい"って何?

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ちょっとおもしろいので中身をみてみると掲載文字の観点から1484年成『温故知新書』を参考書にしている。それから前書にない漢字は『字鏡抄』から?(「杤」等)。『運歩色葉集』とは例の天橋立など掲載項目の類似点がみられるが運歩にだけ出てくる斯様な特徴的な語彙が無い場合がある。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この『塵芥』っていう本、調べたらどうやら『運歩色葉集』(1548年)よりも成立が早い可能性もあるようだ。日本国語大辞典は成立時期を1510~50年としている。