Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月16日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢検で「狡猾」を「狡黠」と書くのはちゃんと許されてるんだろうか。

黯・黠・黔・黝のブラック4の音の覚え方→旁の音の50音の1つ前

黯(アン)
→音(イン)の1つ前

黠(カツ)
→吉(キツ)の1つ前

黔(ケン)
→今(コン)の1つ前

黝(ユウ)
→幼(ヨウ)の1つ前

#はやぶさ備忘録

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「6/16」は六月十六(日)か十六分の六と読むしこれも同じかな。「11:00〜」「5×6=30」なんかも。
なんかおもしろいよね・・・

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「お2F」や「26℃」などの「F」や「℃」の読み方の原理は訓読みと同じ。文字の形を借りて読んでいる。

Fを階と読むのは℃を度と読む感じでしょうか。

うちの近所にも「お2F」ありました。Fはさておき、お3階、お4階と言わないということは、我が社的にはお二階は漢数字がふさわしいのかもしれない。 twitter.com/takano_hiroshi… pic.twitter.com/a6ptj9DYM1

かっぱ寿司のメニューの「賞」の字、走ってますね。かわいい。 pic.twitter.com/cTS5XtW2HR

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

国字に興味をもって研究する人はいるけど国字にしか興味ないから「鎬(しのぎ)」「伽(とぎ)」「錆(さび)」「縞(しま)」「丼(どんぶり)」・・・などの日本固有の意味をもつ漢字の研究が結構おろそかになっている。ちょっとこういうのをあつめて何かにまとめたいな。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@hisa_nyan_ty @yukiyedomates 探すとまだいるでしょうね。数は少ないですが女性が使えないということはないので。逆に女の付く漢字であっても「好夫(よしお)」「妹子(いもこ)」など少ないですが例があります。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

とりあえず『異体字研究資料集成』第1期に収録されている資料で17世紀〜19世紀の日本の略字のおよそを知ることができます。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yukiyedomates 男がつく字で男の名前専用の漢字はないですね。ただ日本人だと「鐌」「𨥆」「鉄」「𨨩」「金」など金の付く字や「助」「勤」「努」「勉」「力」「𠠺」など力の付く字が女性に付けられることはまず無く、事実上男性の名付け用の漢字になっています。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ただ面白いことに「女」のつく漢字には女性の名前専用の漢字みたいなのがいっぱいあるんですよ。 pic.twitter.com/22yHwHBBaD

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字研究者も男ばかりですねえ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字をつくったのはほとんど男説は多分正しいかなあ。文字を覚えたのは男が多かったし、権力も男ばかりにあった。また漢字や文字に興味がある人も男の人が多く、実際にこのアカウントをフォローしてくれているアカウントの性別割合も男が76%、女が24%(ツイッターアナリティクスによる)。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kisaragi_rosei 漢字字体規範データベースは将来的に楽しみですね。民間の手写資料がほとんど出てこないのでまだまだです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本の戦前の字形字体を集めた資料なんてあるのかなあ。まとまった資料はないかも。