Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月19日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@mandel59 編者にも読めないので難航しそう・・・下手な字字典のような字典があったらおもしろいと思います笑

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@cider1d1l @mandel59 特に右の書を昔の識字層が見たら変り果てた書体のさまに嘆き悲しみそう…

中国語ができても中国人の書いた字が読めない外国人あるある
右のは単純に汚いだけだと思うけど、左の綺麗な筆記体を書くタイプの人のも簡略化された部分が読めない
かといって学習方法も無いし、今のご時世人の書いた生の文字を見る機会も少ない。 pic.twitter.com/9PmZg9QIZ5

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「金剛」の合字に「釗」があるのは知っていたが「介」と書く例もあるらしい。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

私も令和を書いてツイートしたことがあったけどまさにあの「令和」の書を手本にして書いたので自然と似た書に。 pic.twitter.com/Vc1ODGAi3p

街中の【令】を観察しているけれど、下部を【マ】ではなく【ㄗ】のように書いたものが多い。最終画をはねたものまである。ロゴ的な【令和】も、少し落ち着き、【令和】も書き慣れてきたであろう、最近の【令】も気になる。観察継続中。 twitter.com/wenn22916/stat…

飯間先生の連載。今回は【令】の字形の話。連載では使われていないけれど、先生が以前に呟かれた「ロゴ(化)」という言葉、改元以降の街中の【令】を観察する中で、比較的しっくりきている表現。 (街のB級言葉図鑑)令和 飯間浩明:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1… twitter.com/iima_hiroaki/s…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「假」が崩れて「仮」にならなくもなささそうだから従来の説も一理あるということか。ただ「假」の草書を見ると「仮」とは形がどれも遠いので段・叚=反の応用とも見ることができそう。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

段も叚も楷書でも同じくなることがあるけど行書草書だとほとんど差はないなあ。同じではないけど「反」と似た形になる。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

となると假が仮になったのは崩し字からなのかな。それとも「段」が崩れて「反」を用いるようになったので段・反が交換可能という意識から假や鍛にも応用したのかな。丁度発生当時は草書が主流だったので分かりにくい。 twitter.com/nkay/status/11…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@nkay いわれてみればたしかに・・・段が崩れて反と衝突したんですね

琉球語面白いですね。
訳してみると
あなたはどこの人?:ウラザマピチュ
私は日本国人です:ムヮンヤマトピチュ
あなたの姓(名前)は?:ウラナワイキャイウカ(名はいかがか?)
父親はいる?:ウラアシャアリ(親父有り?)
兄はいる?:ウラシンザ--- twitter.com/CharlesKim09/s…

1471年に書かれた朝鮮の海東諸国記にはもっとも古い琉球語の発音が記されている。日本国的人→ヤマトピチュ pic.twitter.com/N3hVIrI5fm

@kisaragi_rosei ただ、これを成り立たせるためには、日琉祖語の「毛」の古い発音(???)が上古音等の狗奴国と一致する必要があると思いました。それと『魏志』には後世の「生駒」や「三輪」(ミマ>ミワ)にあたる邪馬台国の地名(官名)がありますが、卑弥呼は狗奴国に対処するために邪馬台国を重視してたはずです

@kisaragi_rosei その産物の中に、遠方から東海地方を介して供給される「毛皮」があった可能性があります。そうすると、現在、尾張国などに地名が見当たらない「狗奴国」については、古墳時代より以前の「毛野」が東海地方を指していて、狗奴国と表記されてるのでは?と考えました。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

近世の文書から文字をあつめている『難字解読字典』(1977)によれば「鍛(タン・きたえる)」の声符を「反」に改換した略字(鈑)があるようでまた「鍛冶」をしばしば「鍜冶」と書く例を見れば假の旁を段と見て「仮」と略した説はもっともらしいのではないだろうか。 pic.twitter.com/s32NrjxNyq

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「假(かり)」は江戸時代には「仮」と略され󠄂ることがあったのだが理由がはっきりしない。初めは「叚」が崩れて「反」になったのかなあと考えた。
しかし「段(ダン・タン)」の字を同音の「反(タン)」で略す例があり「叚」を形近の「段」に見立てて「假」を「仮」と略したのかなあと今は考えている。 pic.twitter.com/xzzNkh4gNq

@JUMANJIKYO 「場」を訓読みするの単語は、多く中国語や韓国語に入りました。
場面、場所、現場、職場、立場などの単語は日中韓の共通語になっています。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この「ば」の音が音読みとよく馴染むのかなあ。もちろん「立場(たちば)」「場合(ばあい)」「会場(カイジョウ)」「浴場(ヨクジョウ)」のように訓読みだけor音読みだけで読みならわされている例もある。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「場」は音読みでジョウ、訓読みで ば だけど「相場(ソウば)」「場所(ばショ)」「現場(ゲンば)」「場面(ばメン)」「馬場(バば)」・・・など音読みと組み合わさることが多い気がする。「工場(コウジョウ)」もなぜか「コウば」と読まれることがある。

首都圏にいらっしゃる方、できればお出かけの上、様子を知らせてもらえればありがたいのですが。ちょっと気になっています。 twitter.com/books_tokyodo/…

「諸橋検定」の案内が届きました。詳しくは記念館HPをご参照ください。

kangaku-morohashi.com pic.twitter.com/uAmpxOhbdh

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KawaneRio @Zigeunerleben17 @saba_sono4 「藝」はベトナムでも「芸」と略して書くことがありました。
このように別の語を書き表す漢字と同じ形が存在したとき衝突と呼びますが、「姬󠄁(ひめ)」「姫(つつしむ)」、「戾(もどる)」「戻(門)」、「體(からだ)」「体(おろか)」、「傳(つたえる)」「伝(人)」などが衝突しています。

呉語書面化基礎ツール

1.呉語拼音&呉小字表
link.medium.com/d4tM3RCE7W

2.各地の呉語の漢字発音検索
wu-chinese.com/minidict/

3.呉語播音體基礎文法①
link.medium.com/65S7uHME7W

4.呉語の形容詞~級
link.medium.com/hXyIIvRE7W

5.呉小字入力法
drive.google.com/open?id=1Cm2QZ…

6.呉語漢字音訓システム

#呉語 pic.twitter.com/P3rz00MDbP

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ちなみに「⿵門朱」は浙江省で"屋敷"の意味で日本でいう「北屋敷」「覚左衛門屋敷」などの屋敷地名とほぼ同じ感覚でつけられている(「葉〜(葉氏の屋敷)」「新〜(新屋敷)」など)。少なくとも20箇所以上確認できる。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

浙江省では小地名に[⿵門朱]という漢字がよく使われるんだけどユニコードには簡化字の[⿵门朱]が提案中で繁体字はまだないみたいだ。

「辛」の字源は「入れ墨に用いる針」ではない
kirara0048.blogspot.com/2018/07/blog-p…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@rhnnsi たしかに....難しい笑

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@rhnnsi 画数間違ってるね・・・
50かな pic.twitter.com/LLF1TPripn