Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月2日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「樋」は本家では「木通(アケビ)」を指すが日本ではわりと早い段階(13世紀以前)で「樋(ひ・とい)」の意味で用いている。木製の水の通りみちであることから「木」と「通」を合わせた会意文字なんだろう。 twitter.com/Toitoyn/status…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

江戸時代には「抔」をナドと読ませる資料を確認。江戸期以前は確認できていないので何かこれに関する資料や情報をお持ちの方はぜひともご教示ください。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ところで「抔」は何故「など」と読むのか。日本固有の意味とみられる。やはり「等」の略字「扌」にカナで「ナト」と添えたものが「抔」に見えたものか?

追記。…あれ、そう言えば?と、慌てて『日本古典籍書誌学辞典』(1999岩波書店)を引いてみたところ、「他本」という項目があり、かつその中に、

(前略)「他本…」「他本云…」として他の本の異文を校合注記したりする。なお、「イ…」「イ云…」(中略)も、→

「異本…」を片仮名表記したのではなく、「他本…」の「他」の偏を採り用いた記号であるとも考えられる。

とありました。ご執筆は片桐洋一氏です。おそらくは両氏別々に着想されたもの、と推察されますが、ともあれ手続き的に、これは最初も最初の段階で調べた上で、併せ引くべきものでした。→

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sshokaki ということは「差」は元々日本語でも似た音だったんですか

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

音訓わかりにくいもの
①日本語に定着した音読みの漢字
蝶(チョウ)、肉(ニク)、本(㌿)、死(シ)、差(サ)‥
②単音節の日本語
血(ち)、木(き)、日(ひ)、手(て)‥
③日本固有義を持つ漢字に限るが音読み利用の造字のため音読みか訓読みか区別がつけがたいもの
鷭(ばん)、"錻"力("ぶ"りき)、諚(じょう)‥

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字一字に対する「音読み」は中国のことばが元となった日本語の読み方。
「訓読み」はその漢字の意味に相当する日本の現地語を当てた読み方。
であるから、
要するにある漢字に対するある読み方が中国語か日本語かを見分けているようなものです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

どの方法にも適用できる音と訓のわかりやすい見分け方はない。特に入声音「蝶」「肉」「菊」などが訓読みと紛らわし󠄁い。わかりにくいのを覚えておくとしか・・・。 twitter.com/Fossayuhto/sta…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

同じ番組内の1996年のVTRの題字「今」が筆写字形の今󠄁だった。 pic.twitter.com/BXewf1MG6Q

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

数年前の番組内でちらっと映ったTBSのメモの「機」の字が略字だった。 pic.twitter.com/ZcD3fv7Qra

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo そうなんですか。大漢和は日国でちょっと調べただけですが漢語の「異本(イホン)」だと意味が変わっちゃうんですね。湯桶読みになる理由も和製漢字語であるためなのかなと思いました。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

自分の中の常識を覆した見方で非常に納得がいったけど、もし「イ本」の注が略されず「他本」で注が入っていたり日本の書物だけでなく日本域外の書物にも出たりするのなら「他」の省字説もさらに説得のあるものになりそう。探したい。
twitter.com/nosuke_pooh/st…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「異本」って読みがコトホンになるはずなの?(ここだけ理解できなかった)

・なお、こう認識した上でであれば、従来どおり、異本注記と呼ぶのでもよいかもしれないが、述語としては、「他本注記」としていく方が適切なのでは(ココマデ)。

すでに国文研の助手時代(40年ほど前になりますか…)、あれは他本注記でしょう、と発言したご記憶がおありだそうです。→

・かつ、のちには用いられるようになる「異本」も、読み方は「ことほん」であったはずだから、もし「異本」を略したのであれば、少なくとも「イ」ではない、別の文字が用いられたはずではないか。

・以上を常識的に判断すれば、「イ」は「他本」の略である、と自ずと理解されてくる。→

自分の心覚えも兼ねまして、ツイートします。 大意としては次のようでした。

・そもそも「異本」という語自体の古例が見当たらないのではないか(少なくとも氏がご覧になった範囲内では)。

・一方で「他本」とあるのは頻繁に見かける。→

それに対して高田信敬氏はかねてより、これは「他本(たほん)」の「他」の人偏だろう、と(口頭でのみ)おっしゃっておられます。
この件に関して先般、一部界隈(?)で話題となりましたので、あらためて高田氏に、お考えの根拠をうかがってきました。web上に載せるご許可もいただけましたので、→

突然ですが、典籍中に、しばしば「~イ」という書き入れが見出されます。これは、別の本では「~」という本文になっていたという、本文異同を示したものです。
この末尾の「イ」について、従来多く「異本(いほん)」の「異」と説明され、述語としても「異本注記」と呼ばれているかと思われます。→

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@xiao_k_13 ただサンキュータツオさんがいても検証が行き届いていない内容の番組ができあがっているのでもう少し彼から何か言えなかったのかな、と残念に思います。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

同じ語も歴史によって漢字が形を変える。"わらう"意のshen/zhenは「㰮」→「辴」→「䪾」と形を変えた。ただ「䪾」は上述の説文解字にもみえる古い字。当時は"つつしむ""恥じる"という意味で笑う意は含まれていなかったが発音が辴などと同じため元の意味とまざって嘲笑う意に変っている。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「㰮(shen)」は西暦100年成『説文解字』に"指をさして笑う"として出てくるが用例はほとんど見つからない。古典では主に同根詞「辴(zhen)」を"笑う"の意で出てくる。但し「辴」も今や古典や漢字圏各地の文語に残るのみで口語では稀。しかし西南官話では嘲笑うことを今も口語で「䪾(zhen)」と用いる。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

‘Gate valve’ 仕切弇 [shi kiri en]
弇 is a super rare kanji found on manholes like this.
Most commonly you’ll see 弁 as in 仕切弁 [shi kiri ben] or ‘control valve’ 制水弁 [sei sui ben].
↩️ pic.twitter.com/7ezaw2IWNT

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

(「不」の場合はほとんど会意文字になる)

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『康煕字典』や『字彙』などが部内の漢字の数が10字以下と少ない「鬯」と「黹」を部首にしている。これを基準として形声文字のうち9字以上意符が共通するものを新しく部にしようと考えている。これを満たすのが「不」「上」「去」「光」「男」「雷」「死」・・・などで「光」は60字以上も集められる。 pic.twitter.com/MYIhAgEDHW

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

番組に出演されていたサンキュータツオさんは学者ではないけど日本語(学)にある程度精通している人だという印象だけど

テレビは数字(視聴率)が得られないと話になりませんから、「事実でなくても、面白い」情報を流しているのでしょう。ただ、誤説の流布や「その分野の専門家とは言えない人を呼び、解説をさせる」のは、その分野に真剣に取り組む人への冒涜であると私は考えています。 twitter.com/iima_hiroaki/s…

別の話

下市町伃邑 にあった不思議な「垣」の字体
稲貝垣内 地区のホース箱は全てこの字体であり、
逆に他は一般的な字体だった

この字体についても当地に長く住む方に伺ったが、
初めて気づいたらしく、恐らく誤りではとの情報をいただいた

ちなみに垣内とは奈良等で集落を表す言葉とのこと pic.twitter.com/GlPqgNEOZZ

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この「垣」は前に古典でみたことがあるけど「塩」などの類推が入ったか筆押さえが誤認により巨大化したものかと思う。 twitter.com/dominosan1/sta…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

嘘字源としばしば呼ばれるでたらめな漢字の成り立ちも漢字を覚える上で役立つから、おもしろいからいい、とする意見をよくきく。しかしその認識のままで偉い大人になっても検証せず正しいかのように発言することは問題がある。
twitter.com/IIMA_Hiroaki/s…