Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月26日のツイート

「車」は古代の車の形を描いた象形字
「中」は縦棒の中央部を○で示したいわゆる指事字
「信」は「人」が声符・「言」が意符の形声字
「洋」は「羊」が声符・「水」が意符の形声字
です。
twitter.com/miyu07214545/s…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo その異体字の「馗」もおもしろい字ですよね。九方に通ずる道から「九」と「道」を掛け合せているみたいです。

昨夜の授業で使ったのだが、昼間の学生が興味深そうに見て、鳩首協議しているので、しばらく教室に置いておこうと思う。(^^) pic.twitter.com/89hNtgxXQM

【楽しかったです!】
学生が笑顔で手を振って帰っていった。嬉しかった。
クールダウンに🍻2本必要だけど、気持ちいい です!(^^) pic.twitter.com/VJlOArDnKb

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

もし日本語に十字路以外の名称があれば「辻」以外にも新しい国字ができていたかもしれない。 pic.twitter.com/2v4C60VgA7

ひらがなや国字が名前に含まれている人は中国語だと文字が存在しないので別の字に置き換える必要があるのね。

綾辻行人→綾十行人

柊かがみ→柊 鏡

@JUMANJIKYO 『徳川幕府 県治要略』に「階級に於ける書体」として、「様」「殿」の例が掲載されています。
画像の「様」は、上は「えいざま」、中は「びさま」、下は「をっつけざま」。また「殿」は、上は「でんどの」、中は「ひらどの」、下は「りゃくどの」と呼ぶともあります。 pic.twitter.com/VOIh9452QE

@okjma @JUMANJIKYO 「こと【言】の緒」なら日本国語大辞典(精選版)の「こと【言・辞・詞】」の熟語に挙げられていますし、同辞典で「のお」で後方検索してみると「〜の緒」が多数見つかります。文脈からは「語のお」=「見出し語」のような気がしますね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

和製漢語と和製漢字を誤っている例多い。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ところで「𩊱(しころ)」ってなんで「革」に「每」なんだろうなあ。17世紀には「⿰韋每」と書く例がすでにある。
「𩊱」も[⿰韋每]も中国の字書にはみられず従来国字とされているが仮に日本の文字だとして説明がつかない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@BananaRamenYuno 漢語林などの漢和辞典にも同じことが書かれているので多分それを参考にしたのだと思います。国字は中国にある漢字とは違って造字方法が複雑なのでよく誤った説が広められてしまうんです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「梶(かじ)」は船尾にあるから木に尾としたみたい。(漢字にも同形の文字あるけど成り立ちが違うので別字としておく) twitter.com/ninian_oneill/…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@BananaRamenYuno 結構広まっていますがそれはウソです。

@JUMANJIKYO これは武家の書札令で、受取人の身分により使い分けられている例が実際にありますね。
「様」を「永様」「美様」とかき分けている例は古文書で見ています。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「爪」「瓜」は自分の中で文字のバランスをとるのが難しい漢字 twitter.com/suzukiseichou/…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@madeinwariofan @tmuro68 いや、これは文字のバランスからみて「とのへ」です(変体仮名「可」は前出字よりも小さく書かれることが多いです)。また近世の古文書には宛名の敬称に「とのへ」と書いたものが実際に見られます。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@akitajin1987 幼稚園で諸人こぞりて・・・の歌詞はかなり難しいですね

@JUMANJIKYO 幼稚園で諸人来ぞりてを歌わされたが
モロビトコゾリテ・・・・
シュワーシュワーキマセリ
呪文でもとなえてるのかと思ってた。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

小笠原流の礼儀作法の事典『諸礼調法記大全』(天保九年板)。「殿」や「樣」の書き方。宛てる人の身分によって崩し方を変える。 pic.twitter.com/OZ5pxIdpnM

@JUMANJIKYO 「浦島太郎」の四番でしたっけ、「帰って見れば此は如何に」が「怖い蟹」だと思っていたという人が結構多いですね。

@JUMANJIKYO 「仰げば尊し」の「我が師の恩」を「和菓子の恩」と勘違い………スミマセン、話を作ってしまいました(笑)

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@amefurasi33 ウサギっておいしいの?と言ってた友だちいましたいました笑

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@TsutomukunJ おもしろいですw
銃後という語彙はもうすっかりきかなくなりましたね

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

国歌「〽巌となりて」を「〽岩音鳴りて」と思って歌っていたという人がいたけど言葉を知らないうちに童謡や唱歌に触れると余計に言葉を読み替えてしまうね。私も小学校の校歌や古めかしい言葉で書かれた童謡を意味を理解せず歌った記憶がある。『たき火』〽かきねのかきねのまがりかど、柿かと思ったよ

高校の物理の先生は磁を「石並」と書いていたな twitter.com/JUMANJIKYO/sta…