Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月28日のツイート

【ベトナム人の名前】
学生が、自分の名前を漢字でかきました。やはり、「漢語」語源の名前でした!(^^) pic.twitter.com/KCWE4zKN47

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

結構略しているけど読めるかな pic.twitter.com/bL66W02iRc

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@sshokaki 「造」が崩れて変なふうに楷書化してしまったんですかね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@moe_koku @xiao_k_13 ご教示ありがとうございます😺
お蔭様で詳細を知ることができました。

@xiao_k_13 @JUMANJIKYO 手元にあったので私も調べてみました。
左 広辞苑 第二版 補訂版
右 広辞苑 第三版

第四版から表記が増えたようですね。 pic.twitter.com/o2oFlHp2Ll

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

なんでこんな形になったんだろうなあ。「造」を普通に崩してこんな形になるんだろうか。それとも字母が「造」ではないとか? pic.twitter.com/Y046IDAYnB

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@xiao_k_13 よあけさん広辞苑そんなにもってたんですか!すごく助かります。ありがとうございます。

第4版ではすでに三表記あったということですね

@JUMANJIKYO 第2版9刷(石斑魚のみ)
第4版初刷総革装(3種)
第7版初刷(3種)
です。 pic.twitter.com/BCuJG16URO

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanji2009 この画像は何年に発行された大辞林ですか?ちょっと気になりました。

@JUMANJIKYO 第5版(第1刷発行/昭和48年4月1日)には「鯎」だけでした。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@orikurashiki お!情報ありがとうございます。大変助かります。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「𩷏(魚へんに巠)」でウグイと読ませるのは節用集にもよく出てくるから室町期にはよく知られていたのだろう。まさか
広辞苑もこの表記を載せていたとは、おどろいた。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

広辞苑のウグイ(魚類)の条、漢字表記が初版では「鯎」だけだったのに第六版では「石斑魚」「𩷏(魚へんに巠)」「鯎」に増えている。自宅に第二版〜第五版がないので分からないが一体どの󠄂タイミングで漢字表記が増えたのだろうか。特に「𩷏(魚へんに巠)」はJISにない漢字なので気になる。

中国出土青銅器全集(全13巻.20册)
frelax.com/cgilocal/getit…
置き場の書庫を建てる金も含めて5000兆円欲しい案件。

6月29日(土)〜9月1日(日)に来館された方に、うちわをプレゼント!
※1日あたり先着100名、1人1本まで

当館では『大漢和辞典』(大修館書店)に採録された漢字が書かれた「漢字5万字タワー」を展示。その中からスタッフが気になった漢字を選び、うちわにあしらいました。
※漢字はスタッフが書きました。 pic.twitter.com/4atTfWgPTo

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yotuben 笏の素材で高級素材のイチイはイチヒ(ブナ科)ではなく「イチヰ(イチイ科)」のほうですが後世混同されていますね。文献によればイチヒのほうがイチヰよりも古い言葉です

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

少なくとも平安時代には「櫟」はイチヒの方を指していた(類聚名義抄)。文明本節用集(室町期)・広辞苑は「櫟(いちひ)」、漢字源・漢語林は「櫟(いちゐ)」

櫟をいちゐにするのは誤りかもしれない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「櫟」の字でイチイの木を指すのは日本独特の用法らしく調べているのだがこの「櫟(イチイ)」はどちらを指しているのだろうか。ブナ科っぽい気はしているが。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『広辞苑』を引いたら植物の「イチイ」が2つ別れているが別種?かなづかいも「イチヒ」と「イチヰ」と異なっている。イチヒはブナ科、イチヰはイチイ科とのこと。