Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年6月3日のツイート

おっぺけさんがする事ないときにやりだす
創英角ポップに入ってない字を作り出す謎の遊び(上段) pic.twitter.com/1UHKoaZsV3

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@litpunlang わたしも南方方言がきになるので分からないとき気軽に頼っちゃいます

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

該当するページ自体に汚損があって見づらいけど該当箇所。
『類聚名義抄』にも「閹」はあるが「フクリトリヒク(ふぐり取りひく)」となっている。 pic.twitter.com/Sj6uj67Kjg

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@litpunlang 南方方言の識者

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@2xccc 家族関係から・・・とか男女関係から、というのはこの頃多いストーリーですね。それに卑猥語は門構えの漢字が多いという、、、

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「閹」は閩語で(ほじくって/つついて)取るという意味があるらしい。そこから来ているのだろうか?

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Kesuuko_0826 さすがに去勢から宿を取るの引申するのは変(意味も遠い)なのでそうかなと思います。
「閹」は日本でも漢字伝来初期から知られておりしかも造字法もいまのところ説明がつかないので同形異字かもまだ分からないですね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢語で「閹」は去勢された男を󠄁󠄁󠄁意味する。どちらかという宿ではなく大事な部位を取る意味。まさか引申?

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

TLに宿を取っている人を見かけたが実は漢字一字で書き表せる。1559年に書かれた国語辞書『いろは字』に「閹、ヤトトル、宿取也」とあるのだ。
ただ元々「閹」字に宿を取るという意味はなく今のところ日本語固有の用法と見える。

しかしなぜ「閹」で宿を取るという意味になるのだろう。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

楷書の一部にくずし字を入れるのがマイブーム twitter.com/kekepoyo/statu…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@marbow_0 ありがとうございます。台湾の韻書ですね。掲載いただいた内容を見るとやはり『彙集雅俗通十五音』の増補版で収録文字が増えています(注釈はほぼ同じ)。また配列は異なりますが『台湾彙音字典』の下巻と収録文字がほとんど同じです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ちなみに『台湾彙音字典』は『彙集雅俗通十五音』を増補した内容となっている

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この中にある『彙音寶鑑』ってどんな本なんだろうか。1954年に刊行されたものだと思うけど八音分類の韻書かな。1986年に『國台彙音寶鑑』も出ている。内容は『彙集雅俗通十五音』(1869)から引っ張っているのかな。 twitter.com/marbow_0/statu…

NHK文化センター 青山教室で、『大漢和辞典』をテーマにした講座が7月から開講されます。
ご興味のある方は、ぜひお申し込みください(申し込み方法は画像をご覧ください)。 pic.twitter.com/ABCiDPyUIV

@JUMANJIKYO そう言えば、中国大陸の簡体字はそう言う現象が多いんかもね。例え、態->态 とか、「態」の上古音は /*n̥ə-s/(無声子音)であり、/*nə-s/と発音された「能」の上古音が同じように聞こえる。明らかに、今の「態」の音読は「たい」になって、「太」が「能」と代わりその漢字の声符になった。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『経亮本節用集』「松(ムナサワギ)」

松の異称かと思って調べたが見つからず。「忪(おそれる)」の誤字かな。

『字鏡』(鎌倉期写本)で確認すると
「生」に付けられたカナの音訓は約15、「死」は11。ざっとみて多いと思われる「一」は40以上音訓がある。 pic.twitter.com/eOAbjuXO3o

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「㘷」はよいという意味があるから好字を当てたというのもあるのかも。ただ㘷を使う地名は一箇所のみでほかはみんな垣の字を当てているからこの地域だけなにか特別な理由があったのかねぇ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@欲しくて買ったけど活用できていない本が書棚にあるみなさんへ

と思ったけどそれがあるだけで満足感が得られるならそれでいいではないかという思いもわいてきた。 twitter.com/ailovevi/statu…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字の8割以上を占める形声文字だが会意とは違ってその土地の音声をある程度残しているという点が形声文字のおもしろいところだと感じる。形声文字の声符の変化でことばの変化を見ることができる例も多い。
発音と意味が似ている漢字を見つけたら比べてみると新しい発見があるかも。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

とりあえずは「死ぬ」は和語で「死」は漢語なんだろうな。語源がどうかはともかく

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢語にも音が伝わっていくうちに変化し声符も変わっていく、という例はある。ただ形声文字の造字が少ない日本語において「垣」「土+艾」のような音声変化をともなった声符改換が見られるというのは貴重。 pic.twitter.com/YE1i4oIrNe

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

垣はカキと読むが岐阜県の地名には「垣戸(がいと)」が夦い。ガキの音がガイに変わったものだがガイとしか読まれない「艾」を声符に当てた造字は大変おもしろい。音の変化によって声符も改められる現象といえる。これはチュノムにも見られる現象でベトナム語音のtr-とch-が合流したことによる例が有名。 pic.twitter.com/vqxLGU2hvC

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「中洙(なかす)」は岐阜市鷺山にある地名だが「洲」の声符改換とは予想がつくものの「州」のかわりに「朱」を選んだ意図はなかったのか気になる。「朱」はシュというイメージも強いが「朱雀(スザク)」のようにスと読むこともある。岐阜県には他に「垣」の声符を「艾」に改換した地名字が川辺町にある。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo @xiao_k_13 その場しのぎで未確認なことを言ってしまうか今は分からないといってあとで調べて正確なことを答えるか、、、これがテレビ番組だと前者になってしまうなあという惜しい気持があります。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo @xiao_k_13 テレビ番組に出るのも大変ですね。番組の意向に合わせなきゃいけないところもあるんでしょうか。

また個人的な悩みですが唐突に尋ねられ󠄂た内容は自分の周りに資料がないとうっすら分かっていても記憶だけで正しく答えることは難しいです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『経亮本節用集』に「䳏(ツクシハト)」とあるがツクシハトは現代の国語辞典には見当たらない鳥(おそらく鳥)の名前。漢語での意味でとれば䳏はモズやカッコウの仲間に当たる鳥だがツクシハトとは一体どんな鳥をいったのだろう。

古勝隆一氏も、2013年6月3日付のご自身のブログで「「亻」は「他本」の略記」とお書きになっておられました。ご教示ありがとうございます! twitter.com/KogachiRyuichi…