Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年7月16日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本語に漢字が入ってきたありがたみを感じる twitter.com/cicada3301_kig…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@khoi_ndh 「国」は国字ではないです。ただし日本の方が「国」と書く例が多く近世では「囯」ではなくほぼすべての例が「国」になります。。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

掛詞も掛け字と性質が似ている。
引用先のツイートももはや掛詞のようになっている。
twitter.com/Mitchara/statu…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

掛け字は一番上の引用先のツイートのような固有名詞のデザインに用いたり看板に用いたりすることの方がよくある。
いずれも他意を含ませたいときに使う手法。画像は台湾で起った馬英九総統時代のデモの看板。「馬」と悪者の意を表す「匪」を掛けた字を用いて抗議している。 pic.twitter.com/e8xEiTgyQ2

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

掛け字は形が似ているという偶然を利用した漢字の生成方法で六書(従来の6つの漢字の造字法)での説明が難しい。もとの字の形を残したまま他意を強調できるのが特長。
偶発的なものであるため例はかなり少ない。 pic.twitter.com/31SjinH0kG

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@fox_u 掛け字は看板や書道さっきの銘柄のデザインなどの芸術作品として多く見られますが実用される方言字や俗字のレベルでもわずかに存在しています。
例えば以前はこんな例を見つけました。
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「橇」を会意文字とする解説書があるけど「毳」が声符の形声文字か?

しかし白川静の影響の強さにはビビる。
甲骨文の字形を調べるという目的のために、平然と『字統』を用いてくる。そして「字源を知ろう」と言ってまた『字統』がでてくる。

文字字典が家にあると、ちょっと嫌なことがあっても「まあ家に帰れば文字字典あるしな」ってなるし仕事でむかつく人に会っても「そんな口きいていいのか?私は自宅で神聖なる学問✝グラマトロジスト✝に就いている身だぞ」ってなれる。戦闘力を求められる現代社会において文字字典と同棲することは有効 pic.twitter.com/L8dgHZ6AGb

サントリー山崎蒸溜所で、山崎のラベルの文字について、崎はつくりが奇ではなく寿との情報を得たのですが、それって崎ではないのでは。というか島の異体字嶹では。文字って自由……
suntory.co.jp/whisky/yamazak… pic.twitter.com/9PFt8awF40

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

崎は崎だけど奇と寿の草体が似ているのでデザインとして掛け合わせたということかな…これ行草の世界なら通用するけどこうなると楷書に直したときどちらか一方の形に絞るしかないのが厄介(あるいは直すべきものではないのかもしれない)。

楷書の掛け字は稀に見るが草体の掛け字は初めて見た…。 twitter.com/fox_u/status/1…