Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年7月21日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

cosplayは英語圏に逆輸入された和製英語だ

@JUMANJIKYO 逆にネットでは「日本語から派生した英語」というのもあるそうですよ。

yamekudastop=やめてください+stop

みたいな。 pic.twitter.com/VvRZJBllF7

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Radu_ttf なるほど!やはりあるんですね。たくさん例を集めて「域外固有英語辞典」みたいなのを英語でつくったら英語圏で売れそう。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

例えば中国製英語みたいな

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

きょう書店に立寄ったときに和製英語の辞典を見た。そのときに思ったのだが非英語圏の言語にも和製英語のような独自につくった英語風の現地語っていろいろ存在するんだろうか。

OK辞典の管理人の真の目的はアフィリエイトであって、漢字になんて微塵も興味がないのですよ。

この「鹽」字や「窗」字のところに表示されている篆書っぽいものを見ると、『旧字源』だけでなく『OK辞典』を参考にしてそうですね
twitter.com/kanji_jigen/st…

フジテレビ『99人の壁』の「旧字体」クイズの解説で、おかしな字源(漢字の成り立ち)説が紹介されていました。
「諸説あり」テロップが表示されていましたが、少なくともこの番組でとりあげられた説は、その「諸説」ある中でも学術的に否定される「誤説」です。

関連ツイ↓
twitter.com/IIMA_Hiroaki/s… pic.twitter.com/51CL57FEkU

@JUMANJIKYO お早うございます。わざわざ漢字を手書きするのは専門用語を勉強する時ではないかと思い筆記ノートの画像をググっていた所、歴史の勉強方法を教える動画で「年」という漢字を手書きしていました
[공부하자]역사노트 필기하기 #노트필기 1편📔🖊(how to write history notes) youtu.be/54oIeSUgLfw

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@bake10 なるほど。漢字には馴染みが薄い感じなんですね

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ネットの記事でも"吉本興行"といった表記がみられるけど誤字か。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ツイッターで"和製漢字"と検索すると和製漢語を和製漢字と間違え󠄂る人がたくさん確認できる。大体トンデモを言ってるアカウントばかりだけど。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「栃」の字は栃木県において従来の表記「杤(とち)」を明治5年に「栃」に改める御達しが出た。
古典を見ると例えば「蠣」を「蠇」と記す例もあって昔から厲(厉)と萬(万)は混同されてきた。栃木県の栃もこれによるものだと思う。また漢字「櫔」の略字とするのが自然でもあるが「櫔木」と書いた例はない。

国字だったのか。
しかも2010年まで常用漢字から外されてる。。。 twitter.com/8kr8gm3uP8YzzH…

名前とかぐらいしか書けないと聞いたことあるけどどうだろう?あ、日本で活動してるアイドルは書ける人多し! twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

韓国国内で漢字が書ける人はカッコイイとかそういうのないのかな。日本でさえ「躊躇」とか「薔薇」を書くとスゴいと褒められる。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

韓国の人が漢字を書いているところみると「おお書けるのか」って感動する

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

使われているのはよく見るけどどれだけの韓国人が漢字を書けるのか知りたい(手書きで漢字を書く韓国人をみたことがない) twitter.com/03_Tartare30/s…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@dGDpcfsQTJaOFmh @konotarogomame 「裙(裠/も)」の意符改換の異体字ですね。古代中国では下半身をスカートのようにつつむ「も」という衣服を指します。現代中国語で「裙(帬)子」といえば(主に女性用)スカートをさします。