Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年8月12日のツイート

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば『経亮本節用集』など16世紀以前の日本語資料だと「霰」も「雹」もアラレと読み仮名を振っているんだけど現在のように霰と雹に区別がついたのいつからだろう。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「鵤(イカルガ)」は角のように丈夫な嘴を持つ事に由来する、とウィキペディアにあったが後世につけられた俗説で字源的には誤り。

ちょっとでいいから、雪がほしい気候ですね。
「元禄八年、河内の国、三日市むらに、角ある猫(ねこ)いづる」
「元禄九年六月、信濃の国、大雪ふる。積もる事、八尺余」

『年代節用集万宝大成』(正徳3(1713)年ごろ刊)の付録から。#年代節用 pic.twitter.com/Jnj657IAxS

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これみて思ったんだけど5万の漢字で埋め尽くし󠄂た痛車のようなクルマがあったらおもしろい。大漢和の広告でバスにラッピングするのも面白そう。 twitter.com/gensokanji_bot…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

友だちの漢字研究している中国人も字典を眺めたとき漢字の数が多いところが好きで漢字に熱中するきっかけになったと話していた。

何も考えないで
漢和辞典を読んでいる時間が好き。
程よく字が小さいし
いっぱい漢字あるなぁ…… ってなる。
むしゃくしゃしているときに
やるのがおすすめです。

研究費のない研究者がまず何をするかというと、生活費を削るんですよ。そうすると貧困に耐えかね精神を病み研究が出来なくなるか、バイトを増やす代償に研究時間が減ってかつ精神を病んで研究も出来なくなるか、生活が出来なくなって研究をやめるんですよ。
twitter.com/bookdraught/st…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

10年前母方の祖父宅が古かったので建替えたのだがその際天井裏や地下に眠っていた古文書や家系図、辞典類、古い写真を全部廃棄したと聞いて戦慄した。

欲しいなら持っていけとばかりに無事に親戚へ渡った家宝もあるがかなり少なかった。今は祖父母自身も亡くなってしまい歴史が何も分からない。残念。 twitter.com/Nataly3345/sta…