Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年8月18日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

鋤の和名「すき」と漢語で鋤をあらわす「鎡錤」の音が似ているのは偶然?

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日常では使わないけど法令に使われているので仕方なく入っているような常用漢字、私なら法令の方の漢字を仮名か別の漢字表記に直して常用漢字から抜く。法令の「虞」を今風の表記「恐れ」や「おそれ」に直すことすらできないのかと思うのだが簡単にいじれるものではないんでしょうね・・・。

常用漢字増やすのもいいけど、常用漢字を本当に「常用」になるように運用能力をつけさせるほうが先決だと思う。

白川さんのファンは大勢いるので、ご本人が亡くなられても白川説は広まり続ける。

れっきとした先行研究があるのに、それに全く触れず、あたかも今回の史料で全く新しい事実が発掘されたかのように報道するのは、研究倫理に照らしてもいいとは思えない。またこのことに全く言及しようとしない学者のコメントにも疑問を感じた。

あれだけの大型の辞典を作るのは、常人にはできないだろうし確かにすごい。ただ、内容は完璧ではない(実際、いろんな人が誤りを指摘している)。編纂過程での苦労と辞書そのものの内容は分けて考える必要がある。諸橋さんご本人も神格化は望んでないのではないかな。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

評判がいい字典だから間違いないだとかテレビによく出ている漢字に詳しい人が言うことだから間違いないとか思い込むとそれ以上の成長はないので的を射た批判は重要。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

たとえばこんなのとか pic.twitter.com/iPANtGcRSb

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

権威のあるものを批判すると偉そうだとか勇気あるとか言われるのは漢字の世界でもあるあるよ。(ツリー参照) twitter.com/YzypC4F02Tq5lo…

ウソツキ鉄矢、ええ加減にしとけよ、何が首持って歩く、や。そんな、な、古代支那での漢字の成り立ちここで言うてどないすんねん、ちゅうか、いつまで金八のつもりでおんねん。アホちゃうか、キショクワルイ。 #ワイドナショー

武田鉄矢が、トンデモ字源を披露したようだ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

めっちゃ解説が詳しくて収録文字が大漢和を超える『小漢和辞典』をつくればこれから大字典とか大漢和辞典と名乗ることができるハードルを上げられて面白いかもしれない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

収録文字10万の『小漢和辞典』をつくれば漢字って10万でも小なのかよ〜(もっとあるのか)という感じが出せる。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

大漢和大辞典って名前いいな。大漢和辞典よりビッグな感じがする。

漢字の成り立ちの解釈を垂れるエライさんってしょうもないヒトらしさ満点なのだ。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中国語でパングラムは笑ってまうw
そういえば日本の平山康堂が『常用漢字三体二千字文』という本を1935年に編んでいるが2,000字使ったんだろうか。まだ確認できていない。

Wikipediaで色んな言語のパングラム(いろは歌みたいなやつ)の項を見ていたら、中国語について「40000以上の漢字を使用しなければならない。よって、現在までに中国語によるパングラムは発表されていない」という記載を見つけ、「そらそうだ」と思いつつ爆笑してしまったニョロ
ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

初版第8巻

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

[⿰革當]
『日本国語大辞典』p.689
#unicode未収録 #unicode #cjk pic.twitter.com/XtJFBKp2PC

熱田本平家物語なんかも、クセがあると聞きます。今野真二さんが何か書いてたかも。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@p_typo 「峠(16世紀の作)」や「鱈(16世紀の作)」などもでき始めはだれかの創作漢字であったのだから漢字まがいを理由に漢字でないとするのは行き過ぎた考え方ですね。しかも煩悩は21世紀の作ですがすでにいろんな人に知られています。平成にはバーチャルという漢字もできました。

twitter.com/JUMANJIKYO/sta…