Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年8月30日のツイート

その96 美観に欠ける中国の「簡体字」 「こんなものいらない!?」(岩城元) #ビジネス #岩城元のこんなものいらない2019
this.kiji.is/54000452264091…

よくある康煕字典信者の戯言か

【令和の最新改訂版『大辞林 第四版』いよいよ発売!】

作家・小川洋子さん書き下ろし
「言葉の秘密を照らす辞書」

本日8月30日に、毎日新聞朝刊2面に新聞広告を掲載しました。

dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/

#大辞林 #国語辞典 #辞書は三省堂 #新聞広告 #令和初 #アプリ pic.twitter.com/SBqGuWnleW

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

255-260.炒める・煮るのいろいろ第1弾。中国の料理分野はうまく言い当てる日本語がないほど調理方法に関する用語があり『新華字典』を参照しただけでも20以上の調理方法が確認できる。 pic.twitter.com/MVoQ6e72lQ

'ᄼᄽᅎᅏᅔ' and 'ᄾᄿᅐᅑᅕ' were made, respectively, for dental and palatal versions of 'ㅅㅆㅈㅉㅊ', intended for accurately transcribing Chinese sounds. They were used in some rime dictionaries and language learning books. Compare ᄼᅡᆫ 散(Mandarin sàn) with ᄾᅡᆫ 山(shān). pic.twitter.com/4BufJ8q8Jb

Apparently the ひ here is for 扉 (door)
Little小 open開 door扉 is to open the train doors ‘a little’ that is ‘briefly’ in case a passenger or their belonging get caught.
Close閉 door扉 is just that pic.twitter.com/zVBLo5FDUe

【定期投稿】「戦前は横書きを左から右に書く事は無かった」と思つてゐる人は多いですが、実際には西洋と同じく左から右に書く事も結構ありました。佐藤紅緑著「あゝ玉杯に花うけて」にもそれを裏付ける記述があります。 pic.twitter.com/sEjrUKIUZu

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

最近は魚へんの漢字にハマっているので清代に成立した『晴川後蟹録』が海水魚名を列挙している箇所をメモ。実はこの一節1511年頃成った『野記』第4巻の丸写しなのだがテキストに相違あってか表記が異なる(赤でイ本注をつけている)。これなので一つのテキストで安心しきることはとてもできない。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta… pic.twitter.com/C24wG3Otam

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

辞書を引けば分かることをわざわざ記憶する意味はないと考えているが、気になって何度も見ている箇所は自然と頭に入る。

それより調べる過程で一つの裏付ける資料を見て安心しきってしまったり誤植が多い変なテキストに当たっちゃったりして真実を見逃してしまうことが恐怖…。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これは本当にそう思う。 twitter.com/mrcrowleyozzy1…

子供(5歳)がやたらと漢字を書きたがるので漢和辞典をあげようと思って探したら中学の時使ってたのが出てきた
よく残っていたもんだ

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@hrs_drum @fujimi0708 1字目は䳭です。左側の形は卽になっています。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

1902年『水産名彙』に「魚へんに亏」と書いてフカと読ませた例がある。しばらく何かの誤字ではないかと考えていたがフカヒレの食材となるメジロザメ科の魚に「ヨゴレ(汚)」と称される魚がいることを知り、なるほどこれも「汚」の意符を「魚」にした日本俗字か、ととりあえず解決。 pic.twitter.com/MfCkysrJXk

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本では「𩷕」(魚へんに良)と書いてアジと読ませた例が古い資料にいくつかある。
「味良し」と掛けているのかと思ったらシマアジの異名に「オオカミ」があると知って「狼」の意符を「魚」に換えて魚類のオオカミを指した用法なのでは、と考えたり・・・ pic.twitter.com/r5BLmnzB23

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

海水魚の漢字に関して日本語における俗字は数を圧倒しているが淡水魚だとやはり漢語が強いかも。

鱘(チョウザメ)だと大型のものを「𩵭(王鮪)」、中型のものを「䱙(叔鮪)」、小型のものを「鮥(子)」と呼びわけている。
日本でブリをイナダ→ワカシ→ワラサと呼ぶのと似ている。

ビッグイシュー365号「漢字を包摂した日本語」
日本語は漢字を取り入れて成り立っているが、「鯖」「鰯」は日本でできた国字。なるほど、中国は大陸の国であり、古代文明は黄河流域で栄えた。海に住む魚の漢字は日本ならでは、というわけだ。

私の創作漢字がYahoo!ニュースに載った時、『古来から伝わる漢字への冒涜だ!あまりに愚かだ!!』って一人めちゃくちゃキレてる人がいた。
「漢字にキレる」人、かなり珍しいので新種の生き物を見ている気分になった。

そう言う人って国字とかどう言うんやろな「峠」とか「畑」とか
「けしからん、中国古来の漢字を使うべきだ」とか言うんかな