Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年8月4日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ツイッターであれこれ検索かけたら不思議な分析が。

ある地域固有の漢字から文化を知ることはできるが漢字の成り立ちから特定の思想を知ることはできない。推測は自由にできるがどれを述べても根拠がないことである。 pic.twitter.com/3o6Ici8TzN

@JUMANJIKYO 引き出しは少ないのですが、略字が併存している別例は山形県鶴岡市鼠ヶ関(鼡ヶ関)がありました pic.twitter.com/YHnFGnqZFn

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@dominosan1 こういうのすこ

三重県四日市市 千戈橋(ちとせばし)

四日市市の尾上町と人工島の千歳町をつなぐ橋の名。しかし、橋銘は「千歳」ではなく「千戈」と略字である(千歳橋の例もあるが)

干戈(かんか)に似ている

#稀少地名漢字 ?
#地名集め pic.twitter.com/AxcQ7A9Ey2

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kurubusirohan 本当ですか!ステキな情報ありがとうございます

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanzikingu 台灣語の「哘」は閩ロ表記でhenn7になり協更切陽去声の白音です。仮に音読みするならコウで会意のようで形声字です。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『漢語大字典』が《字鏡》なる資料を引いているのだが《字鏡》ってなんだろう?新撰字鏡?・・・注をみるとどうやらそうらしい。が巻末の引用書目一覧にはないような。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

コメ欄がグローバル twitter.com/hiragananinja/…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「喰」をショクと読んだ例ってないだろうか。
「喰」は中国において飧(夕食)および餐(たべる)の異体字だが日本では食と同訓でありこの前は「喰べる」という例を見た。
喰を食の異体字とみる人がそろそろありそうな気がする。

庯が街の意味で使用されてるの例文が多いけど、当て字とされる外国語の名前という例もある。

内容を読むとEuphrosyneという聖女のことみたいです。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta… pic.twitter.com/XHyxxxShbR

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Kesuuko_0826 忍びいろはにおける用法は後付けであり暗号なので・・・

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

鮸(にべ)について調べていたら説文解字に濊邪頭國に出る魚名とあるから鮸は朝鮮半島の言葉か文字である可能性があるのか。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字は形音義で考えなければならないが同じ形というだけで日本の「栬」など他の国字を漢字とよぶのは語弊がある。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

もし栬が中国にあるから漢字でないとするならばそれは中国の栬と日本の栬の字の由来するところが同じであると述べているようなもので、「芸(ゲイ)」と「芸(ウン)」が同字であると述べているのと同じである。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

"栬(もみじ)"は国字ではないというが中国に伝存している「栬」は桅の形近誤字であり日本の栬は誤字ではなく木と色で秋に色付く木のモミジの意を表した会意文字であるから衝突を考慮すれば国字というのが適切である。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

国字研究者はその文字が国字であるかの判定にとらわれがちだけどなぜだろうか。
既存の文字と字形が衝突することなんて珍し󠄁いことではないのだが、日本以外にあれば漢字であると決めつけるのは衝突や字義の生成を考慮しない発言。藝の略字「芸」も「芸(ウン)」も同字だと言っているのと変わりない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanzikingu 杣の音注は声符となる木および山と相関しないため形近の柉などか別の理由からの望形生音の可能性もあります。

毟は芼の草冠の筆写転変がおこって会意化したものです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanzikingu わたしも趣味でやっております。よろしくお願いします。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kanzikingu 雫は閩語区で使われていた漢字で今も台湾の字典に載っています。やわらかいという意味で古字書の記述と音が一致するため失われ󠄂た意味残存している可能性があります。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kumakuma_925 3枚目は隷書ですかね。
臨書は手本の書を見て書くという行為をさします。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi 夏3つの字は夏の異体字です。
1666年成立の字典『字彙補』に"同夏"とあります。(大漢和辞典は見逃しているようです)
夏が品字様に増繁させた文字で他に飝が飛の異体字、上3つで上の異体字、見3つで見の異体字など類例が知られています。文字を重ねて強調させる意図があるようです。