Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2019年9月17日のツイート

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

リスや小鳥などほんの一瞬しか姿を表さない小動物の絵を江戸時代の資料によくみるけど昔は写真がなかったのにすばしこく動く小さな動物を精確に絵に描ける能力、すごいなあなんて思う。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「岼」地名板ほどにエモい漢字の風景、他にあるかな。地名に使われる珍しい字はたくさんあるけどまず看板にされる機会がほとんどないし岼ほど字面のよいものは少ない。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「岼(ゆり)」という珍しい字が書かれた看板のあらゆる方向の主張が好き。一字「岼」とあるところもカッコいい。正方形の地名板も乙。しかも日本オリジナルの文字で読んで字のごとく山の中腹の平らなところをいう。初見でも意味が推測できる国字のおもしろさも詰まっている。 twitter.com/dominosan1/sta…

@JUMANJIKYO ベトナム語は、舊南ベトナムと現在のベトナム社會主義共和國でも語彙が(おそらく政策的に)違ってたりしますからね…政治的背景を丁寧に追はないと難しいかもです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@horikaha55 漢語外来詞詞典にも日本語借用語彙としてありますね‥あとは膵臓の膵が中韓医学では胰に変更されたのにベトナム語ではまだ膵のままですね。(ウィキペディア見る限り)

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

和製漢語もベトナムに入ってたけどあれって直接ではなく一度中国を経由したんですかね。

これは…某闇の漢字クラスタにアレされる前に捕捉しますと、必ずしもさうでもなく、近代的な語彙についてはかなり近代の中國と共有してると思ひます。RT

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字文化圏の諸地域の漢語由来のことばの漢字表記って唐代までの漢字で大抵表記できるんじゃないかな。 twitter.com/mhl_bluewind/s…

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

個人的にはクヌギの当て字「国木」が一字になった「椢(くぬぎ)」の和俗字が好き

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

椚は元々クヌギの意味ではないのでこの説が正しいかは微妙<RT

#読めた 44%
椚(くぬぎ)

ドングリを落とす落葉樹。漢字では主に「櫟」と書くが日本製の漢字(国字)「椚」もよく使われる。学研「漢和大字典」によると、クヌギは昔「くのき」ともいい、門が家の内外を区別することから「区の木」に当て「木+門」が使われたという。mainichi-kotoba.jp/kanji-197

「漢字展:4000年の旅」@東洋文庫ミュージアム
世界の古代文字から説き起こし、「言語」と「文字」について考える。汎アジア的なコミュニケーションを可能にした漢字文化と、それを受け入れ、真似し、改造していった姿を、豊富な古典籍で紹介。
しかし、「国字」ってのも、発想が豊かで面白いね。 pic.twitter.com/MAI9eoyxNv

【鶏】ニワトリの形の{雞}の象形字に、さらに声符「奚」を加えた字。ニワトリの形の部分は後に「鳥」形に変化した。⇒羅振玉《增訂殷虚書契考釋》 mtbrs.net/ps_kanjijigen_… pic.twitter.com/KZDvUdMybT

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@edamame_1917 調査していないのでわからないですが「大人」ももしかしたらダイニンなどと読んでいる人がいるのかもしれないですね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『漢文仏典疑難俗字彙釈与研究』と『敦煌俗字典』を読んでいるといわゆる「字書にしか載っていない字」の字書以外における用例が古資料(主に仏典)にかなり残されているといった印象を受ける。

正解はありません。「大人」に対しての『小人』なんと読んでいますか?(選択肢になければリプライなどでご教示ください)

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@annona_ceae ヨコノミは日国によれば新潟の方言でヨコエビの意であり井戸に棲むということであるので『琑玉集』の注釈とピッタリ合います。ただし日国には方言例しか載っていないためヨコノミという言葉自体が他の古典に出る語なのかどうか分からないですね。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@annona_ceae 和名抄の反切というのは書名の読み誤りでした...。また『字鏡集』および『字鏡抄』の各版では「虫曾」とつくり「ソウ」の音注があります。コエノミは「虫+井」の形で『琑玉集』に見えますが版によっては注がカブトムシになったりホタルになったりヨコノミになったり変わっています。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yk530 ありがとうございます!
人名にもありそうですね。かつて金偏は名前に好まれたので。盲点でした。

@JUMANJIKYO
水野忠央の息子に
水野鋴(やすし)
という人がいたみたいです。

Dafs3rnm reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば「呯」と書いてなだめると読ませた例もみたことあるな。

水が平らで「泙(なぎ)」、成る程と思はせられる漢字だな。海が泙ぐ、夕泙、朝泙……。