Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) / 2020年1月18日のツイート

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@maji_shuai 鷲と同音なので混ざったかもね…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ヤナギモロコという呼称があるみたいなので、卯月ではなく「柳(ヤナギ)」の意符改換か(?)ここらへんはよく分からない。またモロコと読む字に「⿰魚麦」がある。滋賀の方言字で辞書には出ないが、ムギバエ/ムギハヤというモロコの異称があり、これに拠るかもしれない。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

京大本運歩色葉集の「襲」の字。
上はシュウに釣られて「就」になっているように見える。それとも「龍」が崩れたものか。 pic.twitter.com/9crwryW1Yt

「御向」
あまり見ない漢字だったのでなんとなく撮影(岐阜県岐阜市方県地区熊野神社境内)したけれど、いざ調べて見たらUnicodeに無いですね?2011年に建てられた石碑だから割と新しい… pic.twitter.com/fld5yrkeHg

きのう街を歩いてたら見たことのない漢字に出くわした。たぶん「技研」と読むのだろうと思って帰宅後に調べたら案の定「研」の異体字だったが、ちゃんとユニコードにもあった。U+63C5「揅」。いい字だな。 pic.twitter.com/XaQKU7Cph7

不動産会社のハウスメイトさんから届いた手紙,宛名である私の名前の「藤」の字が正確に戸籍上の異体字になっていて感動した。JIS にも Unicode にも今昔文字鏡にもない字体で,戸籍統一文字などの行政用の特殊な文字集合にしかない。それを買ったのかなぁ……。 pic.twitter.com/nGiy9OucJ1

広辞苑第七版とか、六十年前の説を修正せず載せてるのですよね。意味分からん。

FF 外から失礼致します。
国語辞典で例えますと、《岩波古語辞典》《広辞苑》《日本国語大辞典》などの記述には今日の研究水準から(というか当時でもすでに)明らかに誤りであるか疑わしいものが多数含まれています。市販の辞書の内容は「通説」とは言えない場合も多々ありますのでご注意下さい。 twitter.com/2kanakan/statu…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@gogogouy 漢字はすべて創作という難しさ

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

会意形声文字って「砼」のことでは?じゃなければ「砼」は何に分類されるのか。

@2kanakan @JUMANJIKYO また、似た単語の音符が一様になる理由としては、この方の仰っている様に、同根語は発音が似通っているためだと説明した方が、言語が先にあり漢字は後にあるため合理的です。
twitter.com/goushuouji/sta… twitter.com/goushuouji/sta…

単純に声符に義符が加わって分化していった字でも、「見かけ上は」声符の字源や意味から文字の成り立ちを会意形声文字としてもっともらしく説明できてしまう問題。

シュスラーは登・燈・鐙について断定はしないものの、元々同じ言葉であった可能性を示唆する。
このように同語源の言葉であれば、発音も近くなって同じ声符を使用した文字になりやすく、意味の上でも何らかの関係性を示すことが出来るため、

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

???
形声字の99%は音符と義符が異なるけどなに。
<RT

わざわざ音符と義符が必ず異なるように漢字を合成して作るのは不合理だし生き残れるとは思えない

@JUMANJIKYO そうでしたか、会意形声文字を許さない界隈と訂正させてください

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@2kanakan リプライにあったのは会意形声字についての否定です。会意文字にはまず音符がありませんし、そういう字はたくさん存在しています。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@2kanakan 一連のリプライ見たけど、漢字学において会意文字は否定されている説ではないです。

白川静の字源説そのものより、なぜ白川静がそう解釈したかを追った方が面白くないですか?

最新の知見を反映させた字源辞典・解説書を作るよりは、メタ的にこの文字はこれまでどう読まれてきたかという字源説の振り返りをまとめたものがあるとよいのではないか。

仮に新しい知見が反映された字源辞典を作るとして、出版される頃にはまた説が塗り変わっているかもしれないという不安があるな。実際、中国で出てる工具書類はしばしばそういう状況に見舞われているわけで。

漢字の字源に関しては、そもそも新しい材料や研究によって学説が変わり得るということ自体が認知されていない。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

(特に、本当は怖い漢字とかそれに似た名前を持つ漢字本は、素人が書いた雑学本なので、鵜呑みにするのはやめたほうがいいです)

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字辞書に書いてある成り立ちやネットやテレビで蔓延する誤った漢字解釈には度々頭を悩ませている。最新の論文をいくら出ても漢字界の白川も藤堂も故人だし、参照して説を改めることはなく、出版者や後援会などが団結して、今はもうひたすら説を守り後世へ伝える傾向にあるのが見えるな。 twitter.com/2kanakan/statu…

@2kanakan →「上に掲げてあたりを照らす火」というのは結局、「燈」は「火」という意味で「登る」とは無関係であるにもかかわらず、音符に意味があるという説を主張したいがために、「燈」の意味をゆがめて創作したものであるということです。今回これを「こじつけ」と呼びました。→

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@QMA_fukubukuro 万葉仮名のような当て字で、暴走族感がヤバい

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

後ろから四行目の「共」に濁点がある twitter.com/samansacat/sta…