Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「会意」の検索結果

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

201~205.連作(字)と共作(字)。甦は南北朝期に発生した「蘇」の会意異体字。後代に更に「更」を使った漢字が複数できた。「甦」を始めとして連想してつくった文字とみえこのとき「㬲」などは「甦」の連作、「㬲」など複数の文字はほぼ同じか同じ時期につくられた文字で共作とよばれる。 pic.twitter.com/5ObUjfDcnf

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

張涌泉『漢語俗字叢考』でも「閖」は「澇」の会意異体字だと説明されていました。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

169~198.どんな文字でも否定する「不」の付く漢字。漢語方言に多く「不」を付けるだけで意味を反対にでき且つ会意文字であるため固有語にも適用しやすい。ここに示したのはその一例で50字以上がしられている。 pic.twitter.com/V7EtW2vzCe

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「闚(のぞき見る)」の規が視に変わり「𨶳」になるように漢字の中にはもともと形声字であったものが一部近い形の漢字と混同されて会意化(会意視)される意符増繁という現象が稀に起るんだけど「垳」もこれに当てはまりますね。 twitter.com/wenn22916/stat…

58.日出づるころを表す漢字。どちらも「日が出る」「日が來(来)たる」で会意字になっており意味が分かりやすい。「昢」は漢籍に見えるが「⿰日來」は日本の資料にしか見えず国字であると考えられている。「⿰日來」の方は御来光の様なイメージが伴って趣深い。 pic.twitter.com/yU2gWegbnA

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字の造字法(象形・指事・形声・会意・会音)のうち2つ兼ねることって実はあまりないんだけど会意と会音は兼ねやすい。あと字書に見られる会意と形声を兼ねた漢字は実は形声字の分化字であることが殆ど。珍し󠄁い例だとさっき上げたような象形を含む会意字、指事兼形声字、会意兼形声字がある。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

象形兼会意とよびたいけれど両方共象形から成る「休」「林」など(いわゆる会形字)とはなにか区別したい。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この「辻」や「辷」のようなあるものの象形にさらに意符となる部品を含むような会意字、他にも数例見つけている。 pic.twitter.com/10NDl3nd1N

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「辻」は多くの字書で会意とあるけれどこの場合「十」は10の意味ではなく明らかに十字(路)の象形であるから他の会意文字(轌・擤・峠など)より少し特殊かもしれない。「辷(すべる・ころぶ)」もまた同じ。「一」は倒れ伏した象形。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KanoKijuro この字は果を2つならべた「𣛕」に影響しているものとみられ、𣛕の初出である『龍龕手鑑』(997)にある“𣛕,初瓦反”の注はそれと反切が一致しています。「𣛕」は明代に成った『蜀語』という辞書に“木歧曰𣛕”とあり四川方言で枝分かれの意(杈の会意異体字)として知られていたことがわかっています。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KanoKijuro ちなみに同書において「𣡾」に“力咼切”と“初瓦切”の2つの音が示されていますが前者が草木の実の意をもつ「臝」あるいは「蓏」、後者が幹から分かれた枝の意をもつ「杈」と音が同じで意味に合う漢字構成であることからこれらの会意異体字と推定することができます。後者は🍒や🍇を髣髴とさせます。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KanoKijuro つまり字書にしか載っていない漢字ですね。字書以外の用例はまだ私は見つけられていません。“森”や“䲜”の字をみて分かるとおりこの手の漢字は声符を含まな󠄁い会意字で字義が失伝していても残された漢字の音と漢字の構成要素(この場合会意)から推定することができます。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「𣡾」には“力咼切”の音があり「臝」の会意異体字ではないかと思うところがある。 twitter.com/KanoKijuro/sta…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

声符と意符で成っているのに形声字ではなく会意形声字と呼ばれることがよくあるのだけど形声字って声符を変えずに意符だけ改造されて派生しやすく声符に意符を兼ねているようにみえちゃうのよね。だから会意性形声字とでも呼びたいのだけどわたしが知っている会意兼形声字は「砼」など数文字しかない。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「甭beng」や「嫑biao」は口語で多音節が約音化して単音節になったものだから会音を兼ねた会意字。広東語でよくみる「冇mou」も“没有(ない)”二字の約音で今度は「有」をあえて欠画した指事文字。古い例だと「筆」は“不律”二字の約音だともいわれる。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

チュノムに特殊なのは「会音」という新し󠄁い造字法の漢字が存在していること。意符と意符で構成される会意に対して音符と音符で構成された文字が数十種類含まれている。切身と呼ばれる漢字風の音訳字と名を異にして同じ造字法だから仏教の影響もあったのかな。

象形の要素を全廃して究極の会意文字体系を築いた西夏文字とか、形声ガチ勢のチュノムとか、そういう漢字の方法論を発展させた文字体系ってエモいですよね。エモいんですよ。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば『漢字源』(第六版)に“形声文字の大部分は会意兼形声と考えられる”という記述があるんだけどさすがにそんなことはないんじゃないかな。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

髹の字源がよくわからない。「休」は声符なんだろうけれど漆と「髟(かみ)」になんの関係があるのだろう。装飾的な意味から「髟」を附したのだろうか。「䰍」という字もあるが「休」の他にも「次」の音を有する。会意形声? pic.twitter.com/348e93wyGy

166.「身」を2つ合わせた漢字。「影(かげ)」の会意異体字で身に身をかさねることにより影の様子を視覚的に表しているのが興味深い。16世紀頃には知られていた用法。また『中華字海』によればくっつくの意味でも用いられるそう。蜻蛉の連結飛行(naturephoto323.blog.fc2.com/blog-entry-20.…)は“蜻蛉相~飛”というらしい pic.twitter.com/FIKKCRkYf6

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

166.「身」を2つ合わせた漢字。「影(かげ)」の会意異体字で身に身をかさねることにより影の様子を視覚的に表しているのが興味深い。16世紀頃には知られていた用法。また『中華字海』によればくっつくの意味でも用いられるそう。蜻蛉の連結飛行(naturephoto323.blog.fc2.com/blog-entry-20.…)は“蜻蛉相~飛”というらしい pic.twitter.com/FIKKCRkYf6

中国の「今年の漢字」でネット上で
話題にのぼっている「穴冠に丑(=醜)」の字は「窮」と「丑(醜)」の合字で新しい漢字。「貧しくみすぼらしい」という意味。読みは窮と丑の合音で、会意兼会音という造字法になる。
m.ltn.com.tw/news/world/bre…

広まるかどうかは別として去年できた新しい漢字。2018年に確認できた“新しい漢字”から読みが長いのと画数が多く難解なのもの、常用字と別字衝突しているものは省いた。日本では伝統的な会意による造字法が多い(会意から外れると実用性が乏しく難解に)。 pic.twitter.com/NvxXDU0ajd

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

“おろし”は金がついているので多分下ろし金やおろし器のこと。既存の日本製漢字「颪(おろし風)」に倣ったともいえる。
“おだてる”は既存の漢字「嬉」に倣ったものともいえる。嬉しがることをいって相手を得意にさせる意。
“ごまかす”は「牙(キバ、邪悪なイメージ)」と「匸(隠し構え)」の会意

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

広まるかどうかは別として去年できた新しい漢字。2018年に確認できた“新しい漢字”から読みが長いのと画数が多く難解なのもの、常用字と別字衝突しているものは省いた。日本では伝統的な会意による造字法が多い(会意から外れると実用性が乏しく難解に)。 pic.twitter.com/NvxXDU0ajd