Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「国字」の検索結果

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

閑話休題,国字「凧」は1823年刊『俳字節用集』に載るのが辞書における早い例。しかし本のタイトルでは『春霞清玄凧(はるがすみせいげんたこ)』(1767刊)、『職介凧始(やっこだこのはじまり)』(1778刊)など18世紀から使われていたらしい。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

国字「凧」の初出を探っていたら『買飴帋凧野弄話(あめをかったらたこやろうばなし)』という本が享和元年(1801)に刊行されていると分かったんだけどこの妙に気になるタイトル・・・

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@nishinerima たしかに「和」を日本の称として用い始めたのは日本自身でその意味で国字なのかもしれないですね。和服、和文などの語は中国でも使われるようになりようやく和に日本の意があることが認識されているところです。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

白川静もそうだったろうか。日本の学者の中には日本国で常用されている文字体系「漢字」「仮名」をまとめて「国字」と呼ぶ人もいるみたい。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

たまに明らかに国字でないものを国字と呼ぶ人をみるのだけど一体どういう漢字を国字だと認識しているのだろう。 pic.twitter.com/3jJAzEtnz7

国字の峠もそのままなんだな。みんな脳内でどう発音するんだろ。それにしても、峠草平も3人のアドルフも登場前にフルネームで頭に浮かんできた。若き日の記憶恐るべし。 pic.twitter.com/GGOnfR97oS

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

あ栃木県だけ「栃」をレイと音読するから多分このパネルにあるんですね。栃木県では元来音読のない国字「栃」を類推音でレイと読むことがあり栃木に帰る/来るを「帰栃(きれい)」「来栃(らいれい)」と。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この韓国の学生がつくった漢字を見ると韓国はことばの音や文字合体させて新しく文字をつくるのが得意なんだなあと思うのです。例えば乭などの韓国国字やハングルの構造を見ても。畓も発音は沓ですが水田の合字で巭も功夫の合字ですよね。

58.日出づるころを表す漢字。どちらも「日が出る」「日が來(来)たる」で会意字になっており意味が分かりやすい。「昢」は漢籍に見えるが「⿰日來」は日本の資料にしか見えず国字であると考えられている。「⿰日來」の方は御来光の様なイメージが伴って趣深い。 pic.twitter.com/yU2gWegbnA

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

韓国の『漢文教育用基礎漢字』(1,800字)の中には韓国国字「畓」も入っているんですね。よく使うんでしょうか。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本でいう『常用漢字表』(2,136字)にあたるもの。
中国『通用規範漢字表』(8,105字)
台湾『常用国字標準字体表』(4,808字)
香港『常用字字形表』(4,762字)
韓国『漢文教育用基礎漢字』(1,800字)

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ogogogouy 漢字好きとして国字を多く含む魚偏がJISまでとか悲しすぎる…笑

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@9Bf6xRsvEtiTMC8 和製漢字のうち畠や鰯、榊などは古い国字(12世紀以前の成立)ですね。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KanoKijuro 同形衝突ですね。しかし𡚴や柾などは安や柩の誤字として中国の字書類に残るだけの死んだ誤字でこのような使用例が数件に留まる誤字は衝突ではないのでは、と思うのです。わたしは𡚴や柾も純国字と呼びたいですがこういった例は歯痒いですね。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

同じ感覚で行くと「哘」「辻」「𡋽」「畑」「椥」「椛」などが国字ではなくなる。
「𡵅」も中国の『信息交换用汉字编码字符集 第八辅助集』に採られている文字で中国の地名に使われている漢字と推測できる(場所の特定はまだできていない。)

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ところで埼玉の地名字「垳」は中国の地名にも用いられている字のようで、(わたしはあまり好きではないのだけれど)他例があれば国字でないという基準をつくるならば「垳」は国字ではない。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

一律に訓読み廃止令が布かれれば日本語における漢字の学習負担(送り仮名問題/同訓異義字問題)は大幅に減り、訳のわからぬ当て字もキラキラネームもことごとく音読み化するため読み問題も消滅する。代わりに国字はこれ以降日本でできにくくなり峠や躾など訓読みだけの国字は死󠄃字になる。 twitter.com/9Bf6xRsvEtiTMC…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KanoKijuro 国字の纐は漢字の𦇦がもとの字で、日本でも『色葉字類抄』(1181頃)は“𦇦纈”としています。𦇦は朝鮮の『三国史記』(1145)に「𦇦纈」と出てくるため朝鮮の国字とされることもあるのですが敦煌文書(P.3798)に同じ熟語の落書きが出てくるため朝鮮の国字ではなく漢字の可能性が。 pic.twitter.com/rHnWIzsPl4

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

癪は粤語でも近い意味、読みで使われていて本当に国字かどうかはまだ調査の必要がある。大原氏は“国字が中国に渡ったものか”としているけれど《広州話方言字字典》(2018)では字書に載らないが古くから粤語区で使われている“伝統方言字”扱いで粤語区においても新造字ではないとの見方を示している。 twitter.com/KanoKijuro/sta…

「癌」国字説?がいつからか(未調査)あって、中野操は寺島良安が作ったと一時説明し、小川鼎三もそうかもしれんと追随した。しかしその後中野自身が南宋の揚子瀛「仁斎直指方」(1264)にあることをみつけ、覆る

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Mashiro_ship8 たしかに国字にしては随分分かりづらい字ですね

一見、漢字語に見えるけれど。
「饂飩」 饂は国字、飩は漢字。(学研『漢字源・改訂第六版』)#漢字源 pic.twitter.com/p0nJRBLjm4

#家にある漢字辞字典類挙げる
字統
大字典
新大字典
中華字海
康煕字典
 安永本
 中華書局影印
 上海書店影印
 王引之校改本影印
 上海積山書局石印
 上海久敬齋蔵本點石齋石印
 標註訂正
 考異正誤
 通解
説文解字
説文解字注
国字の字典
偏類碑別字
異体文字集
綜合漢和辭典
漢字源第四版

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ああ、この例を見ると“毛をむしって少くする”の字源で国字とされている「毟」が実は漢字「芼(くさをむしる)」の訛字だという説も合点がいく。古辞書では芼にムシルの訓が付けられている。 twitter.com/sarasvati635/s…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

大修館書店から出された『広漢和辞典』は『広韻』を拠としていていい具合に日本の国字(決して幽霊漢字ではない)が数百と載っていてよい。あれがお手頃価格andサイズなら・・・