Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「字典」の検索結果

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

チュノムの歴史資料を見ると必ず字典にも漏れている字が見つかるから、発見の度に一々書き足す習慣がついた。
twitter.com/gogogouy/statu… pic.twitter.com/Br4jBxkDTU

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

チュノム字典、去年なんとアマゾンに売っているのを見かけた(3万円だったが、別のアカウントでツイートしたら拡散されてすぐ売り切れた。)

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

2年以上前のもので、恥ずかしいレベルのものです。日本語で知ることができるチュノム字典は大学書林のものがあったが絶版入手困難。出版社に問合せると復刻予定はないとのことだったので自分でつくり始めたのがキッカケ。チュノム字典は、今後また新しい版が公開できたらいいなと思う。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

友人から難しい質問が来ることって結構ある・・・。この前は「禿」のなりたちを聞かれたが、資料が少なく字源不明とのこと(文字学の最新を知るプロに尋ねた)。字典にはなんとなく書いてあるのだけど、字典に書いてある解釈を鵜呑みにできるのか、ということも学んだ。 twitter.com/875izumi_an123…

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@hrywr_poly わ、これはうれしい!!結構昔ですね。この字書のデータ、PCのハードディスク内で壊れてしまって、なくなっちゃちゃんです。チュノム字典だけまた作り直して発行しましょうかね。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@mpmpmpmpmpmgmjm 国語辞典なんですね。すっかり漢字字典かと思っていました。好きなようにしていただいて結構です。わざわざありがとうございます

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字の使用される地域や生まれた地域は、『玉篇』や『康煕字典』のような全国的な字書では分からないが、地方でつくられた字書を参照することによって分かる。あとはその土地独特の言い回しとか。『方言』はその古い資料だと思う。角川書店の『中国語大辞典』や『漢語方言大詞典』は地域が書いてある。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@hakkuriu 小学生のときから漢字オタクだったのですが、今までにない字典を作りたいという夢が高校入学当初にできました。白川先生は古文字の解説に力を入れている印象ですが、私は近現代の漢字に力を入れています。白川先生のとは方向性が違った字典になりそうです。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

図書館が閉まっていてもネットで公開されている資料から字典の編集材料が集められるので、国会図書館(dl.ndl.go.jp)にアクセスした。1600年から1650年までの資料だけで4,700件もネット公開されているのはスゲェ。 pic.twitter.com/KjKTpopCKa

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢語大字典が引用している『代曲江老人』を見ると、鷺が羽を振って蹁躚する場面があるらしい。それで意符を「羽」と改換した「翩」が用いられるようになったのなら「⿰遷羽」「⿰羽遷」「⿱羽遷」といった字が出てきてもおかしくなさそうだが、字書やUnicodeにはないので見つかっていないらしい。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ついでに某国字字典にある「口+屎(なげく)」も同様。クソ喰らえという珍説が見られるが、「屎」という字にはもともと呻吟(なげく)の意味がある。これも「屎(くそ)」と意味が紛れないように「屎(なげく)」に「口」を付けた造字と見られる。これも平安時代の字。現代では廃れた用法なので気付きにくい。 pic.twitter.com/NTGLZO5TGW

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

あるいはデータを提供するので、パソコンが得意な人、ネット漢字字典を作ってほしい。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

誰かがOK辞典に代わるフリー漢字字典を作らなければこの現状は変わらないよね。私いまは少し時間があるので、調べごとの合間にやってみたいんだけど、ホームページの作り方から全く分からない。 twitter.com/xiao_k_13/stat…

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

繁体字圏でも「來」を「来」と記す人は居るし、実際に繁体字や康煕字典の正字を採用している地域は、時々略字交じりで書かれている。

#好きな辞書10冊あげると人柄がバレる
龍龕手鑑
字彙補
康煕字典内府本
康煕字典安永本
渡部康煕
異体字弁
国字の字典
JIS漢字字典
中華字海
汉字海

確かにバレるなこれは_(:3」∠)_

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

明治時代になると康煕字典の影響か「槇」が先頭に来てるみたいだ…。まあ活字が康煕字典体によっていたから自然な流れではあるか。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

"漢字をしらべる=国語辞典"
興味深い。三省堂国語辞典や広辞苑の付録を使えば、たしかにそれもできるが。もしそういった使い方が便利だと感じるならば、国語辞典も見出し語を大きくすべきだな。それか用字字典(200円から2000円くらいで買える)が漢字表記の辞典としてはよい気がする。 twitter.com/tokito_3ym1000…

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ご存じかと思いますが、「〆」はシメでありシテではないですね・・・シメは「卜」が元の字で「〆」に変形した漢字の一種で、シテは「為」の「ソ」から来た片仮名の一種で、この2つは本来筆順から異なる別字です。『国字の字典』は同一視しており、解説が誤っています。 twitter.com/kanjikenkyuu/s…

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ところで、一番収録語数/収録字数が少ない辞典/字典はなんだろうという興味が湧いてきた・・・

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@R_L_NYN これで一つの字ならば「願」だと思います。しかも梵鐘ということなら。画像は「願」の異体字ですが、いかがでしょう。似た文字はあるでしょうか?漢字は時折変形させて書かれ、全く同じ文字が字典にない場合もあるので大変ですね。 pic.twitter.com/Nhlj9azfi1

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中華字海の価値、自分的には漢語大字典に載っていない漢字の出典を知るためでしかない。

Glyphwikiには340000も登録されてるのに、
①中華字海とか大型字典の未収拾文字
②俗字
③方言字・国字
④漢字派生言語の文字
⑤佚書のみ掲載とかで発掘不可な文字
⑥創作漢字・誤字

とか、未収録の漢字がまだまだあるのが実に恐ろしい

これだからやめられない漢字の世界

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

漢字字典は楷書で書かれたものを見出し字とするけれども、こうやって楷書文中に紛れ込んだ「圖(図)」とか、どうしようか悩むよね…。古典をみると割とポピュラーなくずしかただが、読めずにこの形のままで字典で調べようとする人もいるだろうし。 twitter.com/m_roellinghoff…

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@toueiriusui 大型字典では唯一(唯二くらいか)Unicodeがついているので、情報処理上非常に便利な字書ですね。それに字義もついているので字書としての役割も果たせるし・・・。ただ矢張り出典や未詳字など課題はありますね。

Csys0q2a reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

台湾教育部異体字字典などが韓国の国字としている「𦇦(糹頰)」。染物織物業界では現在も使用しているみたい。日本では中世より次第に「纐」に変化していくが、変化の過程では纐纈の纈字の影響を受けたと思われる「糹頶」とか単純に声符を換えた「綆頁」とかも見られる。 pic.twitter.com/5kFxpuaL2I