Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「字書」の検索結果

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『大漢和辞典』を所有するフォロワーさんも多いのでついでに話しておくと、『大漢和辞典』の馬部2画にある「𩡭(馬+卜)」もおそらく字書としては日本が漢字圏で初めて載せた日本本土外の漢字。台湾で発生した「駁」の声符改換字であることが分かる。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@meromero9121 ちょうど分かりやすい たとえがやってまいりました。大阪の感染者が北海道で検査されて判明したと。これは、当地では知られていなかった中国国籍の漢字が日本の字書編集者の目に入ったのと同じですね。その1000年後に実は中国国籍でしたと分かったわけですが。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中国籍の漢字が日本で初めて字書に採られるというのが興味深いよね…。最近の漢字だと中国の民間で発生していた「齉」の字を最初に載せたのは日本の字書らしいという話もある。どういう経緯で日本が中国の俗字の情報を得ていたのか興味がつきないが、稀にそういったことが起きている。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

もともと中国で発生していた漢字が中国では字書に載らず、日本に伝入してのち日本で初めて字書に掲載された(=日本で存在確認が公にされた)漢字みたい。「𡱖」、「𦀌」なんかがそうだといわれている。ちなみに学界ではこういった存在の文字があることに最近気づかれ、「佚存文字」と笹原氏が命名した。 twitter.com/runmiyaji/stat…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「輝」とか部首が「光」にしか見えないが、康煕部首は「車」だし、「耀」は?「羽部」に収録されている。康煕部首はクソ。私の字書は収録字数も多いので、これらは「光部」に収録している。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

珍百景は見なかったが、ここの説明を見るだけでこの方の想像地図の製作のすごさがわかる。すでに何万枚もかいて、長い時間続けているとか。私も終わらないような字書製作をしているが、完成後には大きなものになる。こういう趣味はすてきですね。 twitter.com/koridentetsu/s…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「躮(せがれ)」や「軕(やま)」そして「犭貪(とん)」などいくつかの珍しい漢字はツイッターで検索すると割と使ってる人がいるんですよ。特に後者2つは、字書にも載っていない漢字で通常変換でも出ません。入力には手間がかかるはずなのにすごいですよね。 twitter.com/Cyan_TAS/statu…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

逆のパターンもある。室町期の『大塔物語』や『曽我物語』などで見られる特殊な漢字や当て字はその後に成立した辞書(往来物)『快言抄』や『伊京集』に見られる。造語造字もあるが『大塔物語』や『曽我物語』などは平安鎌倉の既存字書に見える珍しい漢字も使用している。漢字の世界にも温故知新がある。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

字書にしかない珍しい漢字、現代でいうと先程ツイートした「鴗(そにどり)」だとか「躮(せがれ)」とかがそうだが、このような珍しい漢字を知るきっかけはやはり字書などの限られた教養書でしかないはず。その情報を仕入れて自分のものにしている過程を妄想しているときが楽しい。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

大体の日本語圏における漢字辞典や国語辞典は見てきており、用例も収集できたので現在は、正倉院文書、室町物語、江戸時代の農書など民間資料からの用例収集がメインになっている。字書にしかないと思っていた珍しい漢字が民間資料に出てくると、脳汁が溢れ出る。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

外出先で待ち時間のときは、国会図書館デジタルコレクションや京大デジタル、早稲田大学古典籍DBで適当な資料を検索して眺めるか、ツイッター眺めるかで時間を潰すことができる。1つの古い資料に必ず10箇所は字書の用例にできる例が入っている。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

私の字書には「ゴツ」載せました。山口謠司による造字と注を入れています。 twitter.com/xiao_k_13/stat…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

栃木の中華圏における表記についていろいろ考えていたが、ベトナムのチュノム(俗字)が含まれた地名は中華圏ではどう表記しているんだろう。「椥」とかは中華圏の字書にもベトナムの地名用字として掲載するものもあるが。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 いつごろ書かれたんですかね…。しかも資料(Unicodeや字書)にない

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

内容は字書や資料からの引用が聢となされており、専門外とはいえ誤り(トンデモ)は少ない。(彼の著書は医学の専門書ばかりだが、これは唯一の漢字本となっている)
国会図書館から閲覧可。
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

私の字書では、せっかく個人制作のものであるから、一般の字書とは違った俗っぽいものにしたいと考えている。反対はありそうだが、世間にまだ認められていない字(創作字)や、廃れた文字、現代で使う必要がない漢字まで収録していきたい。令和の時代に確認できた漢字記録のような字書twitter.com/kanjikenkyuu/s…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ちなみに私の字書は網羅的に収録することを方針としているので、ドトールコーヒーの商品名に用いると注記して《増補字》として収録している。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@KANJI_Resercher 長い文は引用に困りますよね‥。これは字書をつくっている身としてかなり理解できる。。。自分の字書では権利があって載せられない文以外は関係なく載せてます。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

槇か槙かというツイートが流行っているので、気になって手もとにある平安〜江戸までの日本の字書を調べてみたけど、みんな「槙」と書いていた。名義抄(平安ー鎌倉期)は「槇」を正字とするが、先頭の字は「槙」になっている(順位が高いということ)。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

サンプル版は現在刊行されている字書類のほとんどが掲載していない1,000の難字を集めた字書です(『千字尽』というタイトルがついています、一応)。現在編集中の字書と体裁はほぼ同じで、編集方針がわかるものになっています。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

現在制作中の字書サンプル(配布用)か何か配布できる漢字資料を持っていこうと思います。あまり時間はないと思いますが、声を掛けていただくか、リプライで教えていただければ、そのとき差し上げられます。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

雪を踏むザクザクという擬音を表す漢字"cha-tsa"。「甲」を3つ重ねた字と4つ重ねた面白い漢字を連ねて書く。画像は日本で発行された字書だが、北京語の辞書にこの漢字が残っており、この付近の方言字ではないかと思う。この面白い2字の初出は1188年の『新修玉篇』。実は使用の歴史が800年以上ある。 twitter.com/saba_sono4/sta… pic.twitter.com/ddZW2WWAju

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

私が字書でやりたいのはこんな感じ・・・一部からは意味がないとツッコミが入りそうなほどの細部までのこだわり。 twitter.com/arakichi1969/s…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

字書にしかない漢字ってどうしても用例を見つけたくなる。