Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「指事文字」の検索結果

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「𠄏」は「佻」の異体字で「了佻」と聯綿することがあるからこの影響でできた指事文字じゃないかな。ただし指事文字というだけでなく「了」の音も借りている。韻目は同じで聯綿したときに畳韻になるのはその裏付になりそう。陰茎の意味は引申か仮借か象形?よくわからないな。 twitter.com/Monyaizumi/sta…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

呉語は中古漢語を母としていて似通う。特徴的なのは不完全な形をした聯綿字(れんめんじ)。指事文字を応用したような造字法で「孑孓(ぼうふら)」などは古くから知られており日本や中国各地にも流入。この造字方法はのちに閩、客、ベトナム、日本にも影響を与えている。
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

日本の古典にもよく見られる「叵(べからず)」は中国に古くからある約音字で“不可”がつづまっている。ご存じの形もおられると思うが「可」を鏡文字にして不可の意をあらわした指事文字

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「甭beng」や「嫑biao」は口語で多音節が約音化して単音節になったものだから会音を兼ねた会意字。広東語でよくみる「冇mou」も“没有(ない)”二字の約音で今度は「有」をあえて欠画した指事文字。古い例だと「筆」は“不律”二字の約音だともいわれる。

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

62.「人」と「水」の位置で浮き沈みを表現した2字。「氽」も「氼」も宋朝の間に知られるようになった廣西あたりの方言俗字。「上」や「下」の字、以前紹介した「杲」「杳」の字などのように指事文字のようで面白い。 pic.twitter.com/DlV0VDvzlv