Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「略字」の検索結果

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

とりあえず『異体字研究資料集成』第1期に収録されている資料で17世紀〜19世紀の日本の略字のおよそを知ることができます。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

まったく別件だけど太平天国時代は「鬼」の字が忌まれて「鬼」の付く字はみんな「人」に置き換わった。魁は「⿺人斗」、魏は「⿰委人」、愧は「⿰忄人」など。同時に略字の意義も果たしている。太平天国時代は他にも「火」の字を忌んで「榮」を「荣」など漢字の字形がいろいろ改められている。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

明清の時代には女偏の漢字を「リ」と略して書くことがよくあった。「女」字の横画を省いた略字だけど脚(下)や旁(右)に女の字が来るときは「リ」にならなかったのでこの略字は忌避の意は含まれていなかったと思う。 twitter.com/KanojoSudamasa…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「鵈(とび)」も成立ちが不明。「とび職」の「職」から「耳」が付いたという説が現代の漢和辞典にみられる場合がある。ただ10世紀には「鵈」をトビと読んでおり「とび職」の語が当時からあるのかという問題が。今のところ「鴟」の譌字か「取+鳥(取りとトビの音近の掛け字)」の略字かなと思う。 pic.twitter.com/lLjhEV3d5f

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yu_yu_suteki 御指摘どおり筆記用具の変化もあると思います。それに印刷技術ができてからは漢字のように筆数の多い文字がつぶれないように略字が流行しています。現在も看板に略字がみられることがありますね。ドット文字も似たようなイメージです。

類推繁化(るいすいはんか)は原資料の中で「潅」と書かれているときそれを写して書くとき「灌」に直すような行為をさして呼ぶが加減を誤ると恐ろしいものがあって、例えば「云」を「雲」の略字だと思っている人が「転(ころぶ)」という漢字をみて「⿰車雲」に直して書いてしまうといったミスも生じる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

類推繁化(るいすいはんか)は原資料の中で「潅」と書かれているときそれを写して書くとき「灌」に直すような行為をさして呼ぶが加減を誤ると恐ろしいものがあって、例えば「云」を「雲」の略字だと思っている人が「転(ころぶ)」という漢字をみて「⿰車雲」に直して書いてしまうといったミスも生じる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

過去の表記習慣だった漢字(旧字)を公文書などで無効にしてしまったのは今となってはやり過ぎだったと感じる。難しい漢字への略字は自然にうまれるものだから敢えて略字を進める必要はなかった。

「筆記の合理性」で漢字の簡略化を正当化する人は昔からゐるが、何でも簡略化すれば良いものではない。略字は略し方の規則性などないので、「專傳團」が「専伝団」になつたりする。それに、タイプライターや万年筆の時代の「筆記の合理性」は、今の時代のそれとは異なる。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@mori_taksi わたしも貴殿の意見に賛成です。戦後もともと手書き文字の産物であった略字(新字体)を中途半端に活字にしてしまいややこしくなってしまいました

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ところで「抔」は何故「など」と読むのか。日本固有の意味とみられる。やはり「等」の略字「扌」にカナで「ナト」と添えたものが「抔」に見えたものか?

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

数年前の番組内でちらっと映ったTBSのメモの「機」の字が略字だった。 pic.twitter.com/ZcD3fv7Qra

@kirnura 私にとって「磁」の異体字(略字?)という認識の「碰」は、「はえ」と読む国字でもあり、「平碰(ひらばえ)」という苗字があるらしい。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

欝でも多い。爵の一画目をとった欝の略字とする例も以前見たことある

「鬱」字该如何简化?
zhuanlan.zhihu.com/p/19774788
◆朝鮮で「㭗」という略字が使われていたらしい。その他、甲骨文の字形を楷書化するとどうなるかなど。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Meng2_J 採用はされませんでしたが晝を昼と略して書いていたころからあった略字です。日本では15世紀ころから書を「昼-一」と略して書く例が増えてきました。

「距離」の略字「巨离」は意符(足、隹)を省略したタイプの略字。「経」や「軽」などを「圣」、「類」を「类」と略す方法と同じ。一方で菩薩の略字「ササ」は逆に声符(咅隡)を省略したタイプ。他にも「酉酉(醍醐)」などがあるが二字続くときに起こりやすい。

㍾43《俗字畧字》より pic.twitter.com/nkLhSYtR9e

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

まるで漢字にハングルを混ぜた韓国の漢字(「㔔」など)や漢字に片仮名やアルファベットを混ぜた近現代の略字みたい。 twitter.com/minano_shu/sta…

「会議」を「会ギ」などと書く場合が見られるように表音文字は画数の多い漢字を略す働きがある。片仮名に限らず外国の文字も。 #略字 pic.twitter.com/i8oZZMK0MI

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

略字のツイートにリプライで「この字知ってるー」だとか「つかってる」だとか教えてくれてまちの看板からは消えつつあるけれど認知度はまだまだあるんだという印象を受けた。看板や広告を今の時代に手書きで書く人も減っている。今後は略字を知る人も減っていくかも。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

千戈線は千才線の筆写体で千歳線の略字になっているのか。すごく面白い。 twitter.com/tetsu6twilight…