Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「JUMANJIKYO」の検索結果

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

猶と尚が混じってしまった誤字を書いていたので記念に撮影して残しておきます。 pic.twitter.com/FlALIsgKni

和製漢字って国字のことさしてるし、さすがに混同は厳しい twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

中国系のサイトが躮を倅の異体字としつつ、別にセガレの意味があるとしているけど・・・

違う…そういうことじゃない(!)

(日本でセガレの意味をもつ「倅」と「躮」が同義(異体字)なのであって、本家の「倅」とは異体字ではない。佛教難字字典の書き方がわかりにくい) pic.twitter.com/khFOtA9iUy

これも類化の一種かな。(異体字同士がミックスする例もある) twitter.com/Rocky_wolfdog/…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「冫氷」の例が先日、ツイートにあったけど、自分もさっき偶然見つけた。 pic.twitter.com/m04MC2Susd

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

お、こんなところに潟の略字が写っていた。 pic.twitter.com/DL13Cjo7nt

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

私は原文ママのとき網掛にして下線を引いている。 pic.twitter.com/1Jta9pWmXf

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

江戸時代にJIS漢字があったらこんな字が入っていたかも。以上は室町後期から江戸時代終りまで通して用例がそこそこあるが、現在の日本の規格にはない漢字たち(いわゆる廃字)。日本の地名に残っている字もあるかも。 pic.twitter.com/7Xc7I0V11d

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

1518年頃の圍の略字としての「囲」(韋という音の注がある)。 pic.twitter.com/PXvNQbMkes

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

用例収集のためにいま借りている本。農文協の『日本農書全集』。地方の貴重資料まで入っているので興味深い語彙や文字がある。全72巻で約270の江戸期の全国各地の資料が入っているので、2時間かけて1巻分のペースで全文目を通している。 pic.twitter.com/oUQ7xczrbe

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

字書がきょうで6,000条に達した。用例は最近は『小児必用記』(元禄16)や『農業全書』(元禄10)、『萬金産業袋』(享保17)などから採集。 pic.twitter.com/mgXkoMkD8L

@JUMANJIKYO 織り方が違うみたいですね。

網目のように織る「羅(縦糸3本以上)」が最初にあって、次に紗(縦糸2本)が唐末から宋代に中国で大流行しました。

紗は安土桃山時代にもう一度最新技術と輸入され、さらに、絽(横糸7・5・3本おきに縦糸2本交差)が日本の暑い夏向けに江戸時代に流行したんだそうです。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「圕」の用例だろうか。外側に丸囲みがあるので、"書"の字を四角に囲ったデザインには見えないが。簡化字圏だが书の形にはなっていない。 pic.twitter.com/LKY5pd5P4V

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

形声のうち声符が2つある例?(蚯蚓の合体して単音になったので声符が丘引(蚯蚓)合字で1つと見ることもできそう。かなりレアなケース)

twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ウドンに関しては室町時代すでに「饂飩」と書いた例もあるけれど、明治に入っても「温飩」と書く例もあった。長い期間「温飩」「饂飩」が併存していたことになる。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これが「篗」時代の枠だそう。(1687年) pic.twitter.com/FUEOPBTMnL

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「縞」をシマ(柄)の意味で用いるのは日本語圏独特だけど、古くは「嶋」と書いていたので、「糹鳥」あるいは「𦃭」のつもりがくずし字が近似なので縞に誤ったような気もするな〜。でも𦃭と書いた例は本当に少ない。 pic.twitter.com/DsnFwI0DUp

@TsutomukunJ @JUMANJIKYO 字典字喃謫引によれば最初の載ってた文献が指南玉音解義だそうです pic.twitter.com/gjBrWHiGC8

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ただ、日本語っぽくはないので、漢字圏内の外来語だとは思う。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

笹原先生が大漢和にある「紦」はチュノムだという話をされていたが、今のところ確認できていない。実は江戸時代の資料から絹布類として「紦(ば)」が出てくるのだが、実躰未詳。現代の「紹紦」のことか。『日本国語大辞典』にも記載がないように見える。 pic.twitter.com/xVhusXT4jG

こういう漢字たちも面白そう。私が知ってる唯一の古壮語は㍻ということになりそうだ...(違 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

以前、古壮字に「㍻」があるとツイートして、学会でもその所在について尋ねられたので、改めて「方塊壮字資料庫」にある「HuanZhuangziSong.otf」の古壮字外字面に「㍻」が存在することをツイートしておきます。掲載資料は未確認です。 pic.twitter.com/0OqkFybLdM

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

新聞読んでたら楕円(だえん)の楕の異体字「橢」が手編に変化した字が出てきた。 pic.twitter.com/tDV8uU4YUM