Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「JUMANJIKYO」の検索結果

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この漢字の場合音と文字から鑑みて会意文字だということは容易に推測できる。同じ󠄃字をいくつも重ねる場合意味の強調になることが多いけどこれが竹が盛んの意なのか参差の意なのかなどはつかめていない(幸い会意文字であるから形から意味は絞れる)。語家族も見つかると解決が早いが今のところ孤字。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

文字学界隈の皆さん、
・意味・用法不明
・あるのは音と文字だけ
また、
・音不明
・あるのは意味(用例)と文字だけ
という漢字の解読、興味ありませんか

漢字の中にはこんな不明点が残る漢字が数千数万あります。 pic.twitter.com/S52MvbS6Kb

twitter.com/JUMANJIKYO/sta…
ゲタ〓は漢字が活字にないときに金属活字をひっくり返して組んだからああいう形になっているって聞いた

@JUMANJIKYO 京語があるなのかよく知りませんが、内地ベトナムの後期チュノムの特徴は多分、仮借字の区別符号と思います。それに、南部(南圻六省)の字喃は特にいろいろな発音区別符号が多い。まあ発音区別符号が混ぜてだけで、新しい漢字と呼ばれるはやっば少し違うんですよね。 pic.twitter.com/xmav6XSS6P

関連して漢字圏の地域による漢字(方言字)や語彙の独自性や特徴をまとめてみた。 pic.twitter.com/QB8ILrAwFH

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

そういえば昨日小学生に「ホウビョウ」って漢字で書ける?ときかれた。何かと思ったらこの字。小学生にも知られているんだなあ。少しでも漢字に興味を持ってくれているんだろうと感心。他に「姦」って読める?ときかれたがこういった漢字は本当におもしろい。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

@JUMANJIKYO 額縁の専門店となるとなかなか数は限られますが、
愛知県内で出合った4軒は全て木偏(「椽」もしくは「木+(縁-糸)」)でしたので気になりました。

簡単に調べると愛知県や東海地域に限らなかった(岐阜や横浜、小樽にも見られた)のですが😅

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

首相官邸がかな書きであることを今になってわざわざ明かしたので誤読にきこえただけかも pic.twitter.com/VoOu7cuv0X

これ、突き詰めると中国語で名前書けなくならないのか心配なんだよね。(?) twitter.com/jumanjikyo/sta…

@JUMANJIKYO 江戸期の俳人横井也有の「鶉衣」(1787年)に鱚の字が出ています。これが初出かも。ただし中国の字書「字彙補」(清代)には魚名ではない「鱚」が載っています。鱚は同形衝突でしょう。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

『倭字攷』がいま確認できる早い例。成立は1859〜78年と推測されている。ただこの資料はさらに曲亭馬琴『燕名雑志』を引いている。もしかしたら「鱚」は馬琴がつくった漢字かも。 pic.twitter.com/r26gFvQqDl

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

近くには門に勢と書く「せいそろへ」なる文字もみえる。一門の軍勢が集まる意。 pic.twitter.com/GFO0ufOd4U

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「しろをかづく」
門の中が家になっているが広島の地名字「𨵱(かずき)」と関係あるかも。武家の位相文字だったらしい。1681年刊『武家節用集』から。 pic.twitter.com/QpVbwuT6pR

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「竹」の草書体で補空点が付くことはあるけど楷書だと珍しい? pic.twitter.com/qbIVlAqktj

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

読みがヒなら「山昇」で「日」の意をあらわした会意字であってもおかしくないがわずかな希望をもってもとの字がどちらか調べてみるのも面白そう。 pic.twitter.com/UFAoasUnjY

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この字を見たときはじめ「搲(wa)」の誤字かなと思ったが声符(窊)の一部が会意化(瓜の部分を意味に合わせて爪にモジっている)したものが「𢱑」のようだとみえる。

この語(字)は手元の字書だと『廣州話袖珍字典』(1986)にも載っているが字形は「搲」になっている。 pic.twitter.com/sl56ZAKmNg

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

こんな本を購入。 pic.twitter.com/yf0T76HnVC

この「翀」も『新漢語林』の字義と完全に一致していた。どうやら一連のデマは『新漢語林』を元ネタにして作られたらしい。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

関連して漢字圏の地域による漢字(方言字)や語彙の独自性や特徴をまとめてみた。 pic.twitter.com/QB8ILrAwFH

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@catalpa_113 長い読みが人々のなかで受け入れられつつあるのはインターネットなどメディアなどで積極的に使おうとする作品の影響も大きいのでしょうね。 pic.twitter.com/blmTNIDLIt

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

ルビは作者(つくりて)の意図(おもうとおり)の読業(よみ)を読者(よみて)に指定(しめし)たいときに使用(つかわ)れる。 pic.twitter.com/M6HM8RyarO

@JUMANJIKYO 大漢和の「普及版」の時の改訂執筆者のひとりが、私の恩師です。その1989年の段階で「まだまだこれから、何度も改訂が必要」と言っていました。特に出典の訂正は、諸橋先生の遺言でもあったそうです。

Ys2wana6 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

壮語圏の独特な漢字は古壮字と呼ばれるがその中には象形文字や指事文字のような記号的な漢字が見られる。日本語圏における「〓(げた)」や「〼(ます)」と似た感覚。
「みる(yawj)」はとてもキュートな形をしていてお気に入り。 pic.twitter.com/IKI8MDzveF