Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「Monyaizumi」の検索結果

ハウスさん「星形で「超」の書をお願いします!」
私「……????????」

私「い、一応、普通のも書きました…」
ハウスさん「星形でいきましょう!!」
私「ウッス!!!!!」 pic.twitter.com/4YAhmgWmoE

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

コメ欄にもあるけどコレ(うるさいしゃべるな)って特に北海道の方言ってわけじゃなくね...(ナンダコレ?) twitter.com/Monyaizumi/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi あ、重要なことを言い忘れていた(汗)
『字鏡』には日本最古の漢和辞典である901年成立の『新撰字鏡』と類似する箇所が複数見つかっており明らかに参照していたとみられています。16世紀頃までの倭玉篇は『新撰字鏡』とも遠いですが血が繋がっていました。約700年近く血統が途切れなかったと言えますね

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi 室町時代には『倭玉篇』とよばれる漢和辞典が量産されましたがこれらは『類聚名義抄』や『字鏡』、『音訓篇立』あるいは『字鏡集』などの平安鎌倉期の漢和辞典が基礎になっています(よって掲載されている漢字も似通います)。
この『法華三大部難字記』は初期の倭玉篇の一種です。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi はい、ご明察通り『字鏡集』などが編まれた時代です。ただこの本は『字鏡集』と親縁関係ではなく『字鏡』と呼ばれるまた別の漢和辞典とのつながりがありさらに『音訓篇立』という漢和辞典とかなり近い関係です。『字鏡』は13世紀に成立した漢和辞典で、それを室町初期に抜書したのが『音訓篇立』です。 pic.twitter.com/ms8oxaGWLV

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Sound0423 @Monyaizumi 画像の字書は『法華三大部難字記』の名で知られる漢和辞典の一種です。
1408年に心宝という僧侶が法華経の経典に出てくる難解な漢字の読解のために記した字書で画像は1635年に再版したものです。経典に出てくる難しい字を説いたものですが鎌倉時代の漢和辞典の影響を受けており国字も収録されています

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

実は笹原氏の『漢字表現辞典』にもこのお化けの漢字が登場する。 twitter.com/Monyaizumi/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

男女関係なく時々いるね。以前《うかんむりに男》と書いてニートと読む創作漢字をツイートしたときもそういう人が出てきた(ツイートは消した)。あまり「男」や「女」で創作漢字をするのは今の時代変なメッセージを与えることになるからよくないかもね。 twitter.com/Monyaizumi/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

わたしが点字に興味を持ったのはまさにここからだった。総合の時間の調べ学習は点字について調べた。表音文字だけでなく漢字も楽譜も模様、数学記号も点字で表せると知って驚いた記憶。 twitter.com/Monyaizumi/sta…

私の創作漢字がYahoo!ニュースに載った時、『古来から伝わる漢字への冒涜だ!あまりに愚かだ!!』って一人めちゃくちゃキレてる人がいた。
「漢字にキレる」人、かなり珍しいので新種の生き物を見ている気分になった。

新種の書道家を見つけたので見てほしい……脳の構造どうなってるんだ………
tiktok.com/@mmiguelsosa/(掲載許可) pic.twitter.com/hHHXHIP5ew

いつの間にか「変体仮名」がユニコードの仲間入りをしていたらしく、すぐに刷った。これはテンションが上がる。 pic.twitter.com/aVdkBALhya

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi ルーズリーフにキレイに印刷する技術が気になった

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

この漢字見てふと思ったんだけど「𠁭」って「斉」の古い形から字形が分かれた文字なんじゃないかなあって思う。 twitter.com/Monyaizumi/sta…

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi 夏3つの字は夏の異体字です。
1666年成立の字典『字彙補』に"同夏"とあります。(大漢和辞典は見逃しているようです)
夏が品字様に増繁させた文字で他に飝が飛の異体字、上3つで上の異体字、見3つで見の異体字など類例が知られています。文字を重ねて強調させる意図があるようです。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi 注音符号は表音文字であり意味を持ちません。カタカナやアルファベットと同じ分類です。漢字は表語文字であり音の他に意味を持ちます。
漢和辞典(といってもほぼ大漢和辞典だけですが)には漢字ではないものが載っており(注音符号は全て載せていたと思います)、全てを漢字ということはできません。

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi 漢字ではなく注音符号です

これ、漢字なんだけど、そんなことよりも解説の途中でいきなりえづき出すから笑っちゃった。やめて。 pic.twitter.com/YqmCzlZR0Z

斉藤(なかじま)さんが存在する話。あなたの周りにいる斉藤さんも、もしかすると斉藤の皮を被った中島かもしれない pic.twitter.com/0UxNywJFbN

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi そういえば過去に集めた創作漢字にこんな字があって、まさに絵の通りだなあと思いました pic.twitter.com/cqBVCUvqiH

Mz3rmyut reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@Monyaizumi そうですね。大漢和辞典は膨大な漢語が特長ですね。漢字項目は中国の康煕字典の和訳そのもので諸橋博士をはじめとする研究者が誰もいじらなかったので大漢和辞典の漢字の情報のほとんどは18世紀当時のままです。