Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「ikedaaaaaa」の検索結果

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 古い看板にはよくありますね。舘も旅も見ます

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 ああ、ありましたねそんなの。もっと流行っていいと思います。それにしても江戸時代のタイトルはエモい・・・

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 なるほど。差が甚だしい場合はそれを使いたいけれど例えばこういう光景で見た目は同じだが一人一人違いがあるみたいなとき、あれこれも同工異曲でいいのかな?? pic.twitter.com/61bWnrZrqM

@JUMANJIKYO ニコ百の一覧にないのでは、猪(い)や果(か)、期(き)義(ぎ)地(ち)なんかもあるみたいです
myoujijiten.web.fc2.com
ここのサイトが一番信頼性あるので参考にしてください〜(森岡浩先生のものは信頼性が低いことを把握お願いします)

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 ありがとうございます!4字目は電と虫と見てよいですか?それともムに形にしたのはなにか意図がありmすか?

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 おっしゃるとおりです

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 ただ、おっしゃるように作者の意識が他地域にない文字だったなら国字としていいと思います。問題なのは「国字」という語から自国(自言語)固有の字(他では使われてない)というニュアンスが伝わることです。「字」も字形なのか字音なのか字義なのかでまた変わってきますね。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 従来の国字研究では他地域にあれば国字ではなく「国訓」とよばれることになります。笹原氏は準国字とよんでいます

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 その文字の作者の意識的に国字のつもりなら国字とよんでいいのではないか、ということですね。
(国字は独立国家でしか呼べない語なので日本に限ってはよいですが中国の少数言語の場合だと誤解が生じます、そのためここでの国字の意は和製漢字の意として扱うことにします)

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 ああ、なるほど。日本で成立した漢字風の文字ということで国字ということですか。
漢字の全貌を見ることはできないのでだれもどれが国字であるかは分からないはずです。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 前に死字検定のようなものを思いついてできたのがこちらでございます😅

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 記事では幽霊文字と言っておいて山梨県に存在すると言っていて矛盾がありますね。趣旨は違いますが「タイト」は元幽霊文字と言えそうですね

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 「軅(たか)」ですかね。これは鷹の動用字「鳥+雁」が訛ってできた文字だと考えています。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 訂正ありがとうございます!エダナシ姓は現存しないんでしょうかね。
不との見分けは確かに・・・(。-∀-)

100歳くらいのおじいちゃんとして少し前から話題にはなってるらしいね
ただ電話帳情報では平々(ひらだひら)しか見当たらない twitter.com/jumanjikyo/sta…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 もしかしたら田又土かもしれませんがこれは楷書で書いていただかないと正式な字は分かりませんね… pic.twitter.com/PngZieHAXJ

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 田を書いてから予、次に土を書く行草の例は古くからあるみたいですね…むしろこちらの書き方のほうが例が多いみたいです(一般的だったかどうかはわかりません)。

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 広漢和辞典に「羊其の葉を食らへば、躑躅して死す。故に名づく」とありますね。 pic.twitter.com/gYxqlYzGkP

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 カラスの鳴き声と呼び方をうまく掛け合わせた歌ですな(*´ `*)
今まで気づかなかった.................

@JUMANJIKYO うちの幼稚園では「カラスのうた」というのを習ったのを思い出した
「ツイタチ・フツカー・ミッカー・ヨッカー……ココノカ・トオカ・ジュウヨッカー、ハツカ、ニジュウヨッカ」っていうやつ
言われてみれば十四日、二十四日だけ浮いてる気もする…

Qlpcfjp  reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@ikedaaaaaa_0522 結構これを選ばれている高校多いのですね!発展的な内容も混じっていて高校用としてだけでなく大人になってからも漢文法の入門書として使える編集ですね。