Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「kirnura」の検索結果

この「弇」は……決して字体差ではないけれど、書体差というのも違うような。 pic.twitter.com/Ak93chDq4e

先日の再訪時にカメラで撮り直した。 #機の字 そのときも現地では気付かなかった(=ピントを合わせて撮っていない)けれど、手前の共栄商会さんの「陶器」の中が「𦈢」。 pic.twitter.com/70F90xRAPv

3つとも形の異なる「印」。大きな「印」の補空点に目が行くが、次の「房」にも点が入っている。 pic.twitter.com/N8UJmp5nuj

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kirnura あら〜、それは残念でした。また今度何か面白いものを見つけられたらぜひとも教えて下さい!

高崎から後閑まで足を伸ばして、 #もじ鉄 の有名物件を記録しにいった。もじ鉄一般の撮影活動はしていないけれど、これは異体字採集として。千駄ヶ谷の「渋」を記録せずに泣いたので…… pic.twitter.com/KNCvxz2snu

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kirnura おお…区を"又→㇗"と書くタイプの人ですね。江戸時代からすでに又Lと書く人がいます。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kirnura 「個」かな、と思いますが初めて見たので自信がないです。

昭和40年代に書かれた文書から拾った異体字たち。機→「木キ丶」、議→「言キ丶」、磁→「石並」など。 pic.twitter.com/MkvlqkMIxF

@kirnura 私にとって「磁」の異体字(略字?)という認識の「碰」は、「はえ」と読む国字でもあり、「平碰(ひらばえ)」という苗字があるらしい。

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

これはたのしい!! twitter.com/kirnura/status…

とんでもない「電」。伊奈にて。頑張って解釈してみても、左側が1本多くて右側が1本少ないと思う…… pic.twitter.com/TXjOXPCCxO

先週末に三遠南信地方に行ってきた。写真の現像は、やっと #機の字 6件だけが終わった。最近、あらゆる作業が滞っていて、TL閲覧すら満足にできていない🙁 pic.twitter.com/zxRxQQpl1k

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@kirnura 生州活魚とあります。日国で確認したところ「いけす」の項に「生簀」と「生洲」があるのですが表記によって機能分化しているようにみえどうやら江戸時代ころからある表記のようです。

儿→ハの売。前ツイートの農協マーク付き総合集荷場と、RTの農協マーク付きENEOSとの間にて。 pic.twitter.com/ke57AAbCu8

#よきかなひらがな でもあるけれど、私の注目ポイントはあくまで「染織呉服」。 pic.twitter.com/3hGYsmPZeh

Mlpi4plx reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@jmworks ですって٩(*´꒳`*)۶ @kirnura

私が大好きな #それはフォントじゃない は、装飾的な図案文字系よりも、看板屋さんの手による事務的な丸ゴシック体だったりします。(徳島県美馬市・大分県別府市・香川県小豆島町・大阪市平野区) pic.twitter.com/r1AyIaA2bU