Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「nonomaru116」の検索結果

8 qgemu2 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

「〆=貫(目)」は匁の終り2画から来ているかもしれない twitter.com/nonomaru116/st…

「匁(もんめ)」という字は国字で「文メ」の合字と説明されることが多いが、実は中国で使われた「錢」の旁「戔(㦮)」の更に略字がもとらしい。『北越雪譜』に「セン」「ぜに」と読む例を見つけた。 pic.twitter.com/nOSx2kghtr

8 qgemu2 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

おお…これはすごい。これで又「匁」のもとの字が「銭」説が強化された twitter.com/nonomaru116/st…

いわゆる旧字体って、ことに『康熙字典』に定められた字体って「書きやすさ」ではなく「篆書・隷書以来の正統性」を重視して決められているものが多いので、あまり書きやすくないんですよな。むしろ俗字体や略字体の方が、書きやすさやわかりやすさを重視して変化した字形なので当然ながら書きやすいw

「漢典」で「豖」を見ると、そうとも取れる形が出てきますが、そもそも『説文』以来の「足を縛った豚」って、なんのためかよくわからない字形ですしw

漢語多功能字庫の解説だとはっきり「去勢した(そして犠牲にする)豚」としてますねw
humanum.arts.cuhk.edu.hk/Lexis/lexi-mf/… twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

8 qgemu2 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

となれば「豖」は去勢されたブタの指事?象形?文字ということか。
twitter.com/nonomaru116/st…

最近、漢字の古義を調べる時に「漢典 zdic.net 」が便利で使ってるのだが、偶々そこのコラムに「椓」という字が取り上げられてて、この字が甲骨文字では「豚のチン○が切れてる姿」だという、どうでもいいけどタマヒュンな学びwがあった。因みにこの字の意味は「叩く、宮刑にする」。 pic.twitter.com/2AnGUuNI39

近代言語学が印欧語の根源を探る「比較言語学」から始まったように、「根源への興味」ってそれがいくら学問の枠から逸脱してしまうものでも、学問として客観性を持たせにくくても、最も人間の興味を引く題材なんですよな。白川静の字源論がもてはやされるのも結局はここに尽きるわけですし。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

『大漢和辞典』とかもそうだけど、旧来の漢字字典って意味の変化とか用例の古さとかきちんと跡付けて列挙しているわけじゃないので、その辺本格的に追いかけたかったら、昨年出た『漢語大辞典』第2版縮刷本あたり買わないといけないだろうなぁ。でも4万円以上するんだよなぁ。いやむしろ安いかなぁw

8 qgemu2 reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@nonomaru116 @okjma この字について調べた所だと「⿱穴鬼」は古く『類聚名義抄』まで遡ることができ『音訓篇立』にも「トツ音、シヘタク、ツク、アサムク」とあります。このうち「トツ、ツク」は「突」と同じ音訓で「シヘタク、アサムク」は「寃」と同じ訓です。室町期以降別字として「狙う」の意が加わったものと思います pic.twitter.com/Ld8JrKBiIe

韓国人学生の名前に「躾」という字が出てきて驚く。NAVERの漢字辞典を見るとちゃんとあって、意味は「礼儀を教える」、読みはmiであった。おそらく日本からの輸入漢字であるが、調べると日本にも「躾」を「び」と読ませる例を発見→ bidokan.jp

中国語学だとさっきRTしたののように初学者向き少ないんだよな。大修館書店『中国文化叢書1言語』がスタンダードだったけど、これも相当古い。一般向けだと森博達『日本書紀の謎を解く』(中公文庫)や大島正二『漢字と中国人』(岩波新書)あたりを勧めるべき? #新入生に勧める中国学の名著